図鑑.netブログ- zukan.net -

http://blog.zukan.net/blog/

2006年1月 2日

亀(カメ)は本当に長生きか?

ico_weather_kumori.gif

 「鶴は千年、亀は万年」といわれるように、カメは長生きで知られていますね。一万年は大げさにしても、カメがとても長生きなのは本当です。
 一般的に、動物は、大型のものほど長生きです。カメの中でも、体の大きいウミガメやゾウガメが、特に長生きです。ウミガメやゾウガメは、どの種でも、甲羅の長さが五十センチ以上になります。大型の種では一メートルを越えます。
 確認されている限りでは、今、最も長生きしているカメは、オーストラリアの動物園で飼われています。ハリエットという名のガラパゴスゾウガメの雌です。年齢は、二〇〇五年十一月十五日で、百七十五歳になった!そうです。
 ハリエットの生まれ故郷は、南米の沖合にあるガラパゴス諸島です。一八三五年、彼女はそこから動物園に送られました。送ったのは、進化論の提唱者チャールズ・ダーウィンです。鑑定の結果、ハリエットは、一八三〇年の十一月生まれと判明したそうです。
 小型のカメでも、条件が良ければ何十年も生きるようです。日本の水辺に生息するクサガメで、九十年ほど生きた例があります。
 そのカメは、日本の博物学者、南方熊楠【みなかたくまぐす】が飼っていたものでした。大正元年(一九一二年)に南方氏に拾われ、「お花」と名付けられます。お花は主人が亡くなった後も生き続け、二〇〇一年に老衰で死にます。拾われた時にはすでに成体だったので、百歳近くまで生きたのではといわれています。
 クサガメの寿命は、通常は二十五年ほどらしいです。こんなに長生きしたのは、きっと大事に飼われたからでしょう。
 いくら丈夫なカメでも、環境が悪ければ長生きはできません。硬い甲羅を持っていても、ヒトや病気には勝てません。現に、ハリエットの仲間のガラパゴスゾウガメは、ヒトに乱獲されたために絶滅寸前です。お花の仲間のクサガメも、棲める環境が減っています。
 のんびりしたカメたちが、のんびりと生き続けられる環境を残したいですね。そのほうが、人間のためにもなると思います。

ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
には、クサガメなど9種が掲載されています。どうぞ、ご覧ください。

http://blog.zukan.net/blog/2006/01/02-post_316.php
トラックバックhttp://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/365

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/365
» 『スッポン(鼈)の故郷はどこ?』

 立春が過ぎても、寒い日が続きますね。寒い季節には、鍋物を食べたくなります。よ...

図鑑.netブログ | 2007年2月23日 09:50

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)