図鑑.netブログ- zukan.net -

http://blog.zukan.net/blog/

2006年12月24日

カニでないカニがいる?

ico_weather_hare.gif


 年末が近づくと、食材の市場が賑やかになります。魚市場など、カニやエビやマグロで溢れんばかりですよね。
 魚市場の食材の一つが、タラバガニです。誰もが知る食用種ですね。脚を広げると、1mにもなります。英語名をking crab(王カニ)といいます。これは、大型であることと、重要な食用種であることから、カニの王に譬えられたのでしょう。ちなみに、英語でqueen crab(女王カニ)というと、ズワイガニのことです。
 ところが、カニという名が付くのに、タラバガニはカニではありません。では何なのかといえば、ヤドカリの仲間です。カニと呼ばれる中には、ヤドカリの仲間に含まれる種がいます。カニのそっくりさんヤドカリですね。彼らは貝殻に入りません。
 タラバガニ以外では、アブラガニ、ハナサキガニ、イバラガニなどがヤドカリの仲間です。どれもタラバガニ科に属し、食用になる種です。また、熱帯地方にいるヤシガニも、ヤドカリの仲間です。ヤシガニはタラバガニ科ではなく、オカヤドカリ科に属します。
 タラバガニほど大きくなれば、貝殻に入る必要はありません。大型の動物には、敵が少ないですからね。それに、タラバガニやヤシガニは、甲羅が硬くて丈夫です。彼らは、貝殻で身を守る代わりに、大きく硬くなることで、身を守るようになりました。
 貝殻に入らなくても、タラバガニには、ヤドカリの仲間である証拠があります。タラバガニの体を見てみましょう。はさみを除いた脚の数は、六本です。いっぽう、本当のカニであるズワイガニやケガニも見てみましょう。はさみを除いた脚の数は、八本です。カニの仲間とヤドカリの仲間と、簡単な見分け方は、脚の数を数えることです。
 本当は、タラバガニにも、もう二本の脚があります。けれども、それらの脚は、小さいうえに腹部に隠されています。そのため、脚の数が少ないように見えます。
 街のかに料理店で、動くカニの看板を掲げるところがありますね。よく見ると、お店によって、看板のカニの脚の数が違います。お店ごとに、タラバガニを模した看板と、ズワイガニを模した看板があるのだそうです。トリビアですね。


 過去の記事で、本当のカニの仲間であるズワイガニを取り上げています。こちらも御覧下さい。
 夫婦なのに名が違う?ズワイガニとコウバコガニ(2005/11/11)


ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
には、タラバガニは掲載されています。ぜひご利用下さい。

http://blog.zukan.net/blog/2006/12/24-post_668.php
トラックバックhttp://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/596

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/596
» 『タカアシガニは、世界最大のカニ?』

 世界で最も大きなカニを御存知ですか? タカアシガニという種です。甲羅の長さ...

図鑑.netブログ | 2009年1月30日 09:57

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)