図鑑.netブログ- zukan.net -

http://blog.zukan.net/blog/

2007年2月19日

タコ(蛸)の旬【しゅん】は冬か夏か?

ico_weather_hare.gif


 タコといえば、日本人にとっては食べ物ですね。イカと並ぶ海の幸です。
 最も多く食用にされるのは、マダコという種です。マダコは分布が広く、東北地方から九州にかけての沿岸の海にいます。魚屋さんで普通に売られる「タコ」は、ほとんどがマダコです。他の食用種としては、北海道沿岸にいるミズダコ、南西諸島沿岸に多いシマダコ、小型のイイダコなどがいます。
 地方により、特定の季節に、タコを食べる風習があります。風習として食べられるのは、多くがマダコのようです。関東では、お正月のおせち料理に、酢ダコを入れることが多いですね。逆に、関西では、タコは夏のものとされます。「麦わらダコ」という言葉があるくらいです。「麦が実る六月から七月頃、タコが美味しくなる」という意味です。
 関西の一部では、「半夏生【はんげしょう】にタコを食べる」風習があります。半夏生は、七月二日前後の行事ですから、やはり、タコを夏のものとしているのでしょう。
 同じマダコなのに、なぜ、旬【しゅん】が違うのでしょうか? 明確な理由は不明です。おそらく、関東と関西では、味の好みが違うからでしょう。
 春から秋にかけての暖かい季節、マダコは産卵期を迎えます。その時期のマダコは、身が軟らかく、味が薄くなります。卵に栄養を取られるからです。寒い季節のマダコは、身が硬く、味が濃くなります。卵に栄養を回さないからです。身の硬軟、味の濃淡、どちらを好むかにより、旬が変わるのでしょう。
 マダコの卵も食用にされます。海藤花【かいとうげ】と呼ばれるものが、それです。卵の様子が、藤の花に似ているところから、名付けられました。
 マダコなどのタコの仲間は、母親が卵の世話をします。これは、無脊椎動物では、珍しいことです。普通の無脊椎動物は、一切、卵や子どもの世話をしません。
 マダコの場合、母親は、四週間ほども卵を守り続けます。その間、飲まず食わずです。子どもの孵化【ふか】を見届けると、母親は死んでしまいます。ヒト以外の動物を、やたらに擬人化してはいけませんが、タコには母性愛を感じますね。

 過去の記事でも、タコの仲間である頭足類【とうそくるい】を扱っています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。

コウイカとヤリイカはどう違う?(2006/11/10)
イカの、とんがってる部分は、何と呼ぶのでしょうか?(2005/10/27)
ダイオウイカは食べられない。残念!(2005/10/20)

などです。このほか無脊椎動物に関するコラム、Q&A、画像など盛りだくさんです。過去の記事はカテゴリーよりどうぞご覧ください。そして・・・メインの図鑑↓↓↓↓↓には、
マダコをはじめ、6種のタコが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

http://blog.zukan.net/blog/2007/02/19-219.php
トラックバックhttp://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/766

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/766
» 『島タダコと島らっきょの味噌炒め』

沖縄の居酒屋「海のちんぼらぁ」の11月のフェアのご案内です。島ダコと島らっきょの味噌炒め。島ダコ採り名人は、自分で島ダコが海岸で採れるスポットを知り尽くし...

沖縄の自然食ビッフェレストラン&デリカテッセン「だいこんの花」 | 2008年10月23日 06:56

コメント

Posted by 純子 at 2007年2月27日 18:52

タコの吸盤の数はタコの種により決まっているのでしょうか?幼稚園のこどもに聞かれあちらこちら調べているのですが判りません。もしお教え頂ければ幸いです。

Posted by 松沢 千鶴 at 2007年2月28日 17:27


 コメントありがとうございます > 純子さん。
 お答えできるとは限りませんが、質問も歓迎しております。


 タコの吸盤の数は、おおむね、種によって決まっているようです。
 「ようです」としか言えないのは、タコの研究が、あまり進んでいないからです。身近な生き物なのに、意外ですね。


 最も平凡なマダコでさえ、充分に研究されているとは言えません。
 現在「マダコ」と呼ばれるタコには、複数の種が含まれるという意見が、有力です。


 種の確定もされていないのでは、「種によって吸盤の数が決まっているかどうか」も、わかるはずがありませんね。


 はっきりしない答えで、申し訳ありません。
 「現状がこうなっている」ことだけでも、わかっていただけたら、と思います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)