図鑑.netブログ- zukan.net -

http://blog.zukan.net/blog/

2007年3月16日

クマバチは社会進化の謎を解くか?

ico_weather_kumori.gif


 皆さんは、クマバチ(熊蜂)の名を聞いたことがあるでしょう。たいていの人が、この名から、「黒くて大きくて、恐ろしいハチ」を思い浮かべるようですね。
 クマバチが「黒くて大きいハチ」なのは、本当です。けれども、「恐ろしい」のは、間違いです。彼らは、決して、積極的にヒトを襲うことはありません。
 通称や方言名で、クマバチを「くまんばち」と呼ぶことがあります。ややこしいことに、地方によっては、スズメバチを「くまんばち」と呼びます。スズメバチは、本当に恐ろしいハチですね。呼び名が似ているため、クマバチとスズメバチが、混同されています。
 空中の一点で、クマバチが静止飛行をしていることがあります。早春によく見られる姿です。ぶーんと大きい羽音をさせる様子は、恐ろしげです。
 が、恐れる必要はありません。そのようなクマバチは、雄のハチです。彼らは、縄張りを見張っているだけです。こちらから手を出さなければ、決して襲われません。
 時おり、クマバチのほうから、ヒトに接近することがあります。そういう時、慌てないで下さい。彼らは、縄張りに入ってきたものを、確かめたいだけです。こちらが危害を加えないとわかれば、去ります。怖がって叩いたりすると、反撃されてしまいます。
 クマバチは、ミツバチと同じハナバチの仲間です。ミツバチは、集団生活をすることで有名ですね。クマバチも集団生活をします。ただし、ミツバチのように、数千頭もの大集団にはなりません。せいぜい数十頭の単位です。
 クマバチの雌は、卵を産みっぱなしにしません。子どもの世話をします。これは、昆虫では、たいへん珍しいことです。子どものために、雌は、枯れ木などに巣を作ります。
 母バチは、子どもの食べ物として、花粉や蜜を集めます。幼虫は、それを食べて育ちます。雄は子どもの世話をしません。このようなクマバチの「家族生活」は、ミツバチの大集団生活の原型と考えられています。
 ミツバチの社会的な行動は、見事ですね。なぜ、あんなふうに進化したのか、誰でも不思議に思うでしょう。クマバチを研究すれば、謎が解けそうです。楽しみですね。


 過去の投稿で、クマバチ以外のハチの仲間も取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。


アシナガバチは紙の工芸家?(2006/9/22)
ブン・ブン・ブン(2006/04/25)
「くまんばち」の毒は、どういう毒ですか?(2006/1/5)
などです。
このほかにも、たくさんの昆虫に関する投稿がありますので、是非左のカテゴリからご覧ください。


メインの図鑑↓↓↓↓↓には
クマバチや同じハチの仲間のセイヨウミツバチ、ニホンミツバチ、オオスズメバチなどが載っています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

http://blog.zukan.net/blog/2007/03/16-316.php
トラックバックhttp://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/790

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/790
» 『土鈴を作る? スズバチの仲間たち』

 冬、昆虫の姿を見ることは、ほとんどありませんね。昆虫好きのお子さんなどは、...

図鑑.netブログ | 2008年12月 5日 09:32

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)