図鑑.netブログ- zukan.net -

http://blog.zukan.net/blog/

2007年9月26日

世界一賢いオウム?が死亡

ico_weather_kumori.gif / ico_weather_hare.gif


 二〇〇七年の九月に、ある鳥が死亡したというニュースが、世界を駆け巡りました。アレックスAlexという名の、雄(オス)のオウムです。
 なぜ、オウムの死亡が、ニュースになったのでしょう? アレックスが、ある学者の研究に協力していたからです。オウムの「ものまね」の能力が、研究に生かされていました。
 アレックスと「共同研究」をしていたのは、アイリーン・ペッパーバーグIrene Pepperbergという女性科学者です。専門は、心理学(認知科学)だそうです。研究の舞台は、米国のマサチューセッツ州にあるブランダイス大学Brandeis Universityでした。
 ペッパーバーグ博士の研究により、オウムの言語能力が、それまでの推測以上だとわかりました。何羽かのオウムの中でも、アレックスは、特に優れた成績だったようです。
 例えば、アレックスは、「緑」や「青」や「オレンジ」が、「色というもののグループ」であることを、理解していたそうです。なんと、「言葉のグループ分け」ができるのですね。ですから、「同じ」・「違う」という概念もあったようです。また、一つの単語だけでなく、複数の単語を並べて、「僕は~したい」といった「文」を作ることもできたそうです。
 ここまで来れば、オウムとヒトとが「会話する」ことも、夢ではありませんね。まさに天才オウムです。童話の『ドリトル先生』の世界です。
 アレックスは、ヨウムという種のオウムでした。紛らわしい種名ですね。漢字で書けば、ヨウム=「洋鵡」です。オウムは「鸚鵡」ですね。ヨウムは、ものまねが得意な種です。
 ペッパーバーグ博士が、ヨウムを「共同研究者」に選んだ理由は、「ものまねが得意」だけではありません。「より多くの人々に、鳥類の知能の高さを知ってもらいたい」という理由もありました。なぜなら、人間は、知能の高い動物に愛着を持つからです。
 例えば、イルカは、知能が高いとされますね。おかげで、保護活動が盛んです。本当は、知能の高さで命を差別するなんて、おかしなことです。でも、それが現実です。
 博士は、あえて刺激的な研究をすることで、鳥類にも、目を向けて欲しい、と願ったのでしょう。絶滅の危機にある鳥は、多いです。博士の思いを受け止めたいですね。

 オウムのアレックスに関するニュースは、以下のページにあります。
 「知能は5歳児並み」世界一賢いオウム、アレックス死去(国際ニュース 2007/09/13)
 ゼロの概念を習得した「天才」オウム(Wired News 2005/07/20)


 アレックスに関しては、邦訳された研究書があります。お値段の張る専門書ですが、興味のある方は、読んでみてはいかがでしょうか。

I.M.ペッパーバーグ著、渡辺 茂・山崎由美子・遠藤清香 訳、2003年、『アレックス・スタディ―オウムは人間の言葉を理解するか―』、共立出版




 読書の秋ですので、名作童話の『ドリトル先生』シリーズも紹介しておきますね。このシリーズには、ポリネシアという名のオウムが登場します。アレックスをほうふつとさせる「会話のできるオウム」です。

ヒュー・ロフティング作・絵、井伏 鱒二【いぶせ ますじ】訳、『ドリトル先生物語全集』、岩波書店




http://blog.zukan.net/blog/2007/09/26-post_906.php
トラックバックhttp://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/1164

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/1164

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)