図鑑.netブログ- zukan.net -

http://blog.zukan.net/blog/

2007年10月15日

アマツバメは世界最速の鳥?

ico_weather_hare.gif


 鳥の中で、一番速く飛ぶのは、どの種でしょうか? それは、アマツバメではないかと推測されています。ツバメと似ているものの、別種の鳥です。
 アマツバメとツバメとは、名前も、姿も似ています。けれども、分類上は、遠縁です。アマツバメは、アマツバメ目アマツバメ科に属します。普通のツバメは、スズメ目ツバメ科に属します。似ているのは、「他人の空似」です。
 アマツバメは、どのくらいの速さで飛ぶのでしょうか? 正確なところは、わかっていません。動きが速すぎるため、速度が計れないのですね。彼らが近くを飛ぶと、鋭い風切り音がするそうです。とんでもない速さなのは、確かでしょう。一説では、アマツバメの仲間のハリオアマツバメが、時速200kmほどで飛ぶといいます。
 日本にも、アマツバメは分布しています。夏鳥で、春から秋にしか見られません。ただし、アマツバメの仲間のヒメアマツバメは、一年中日本にいます。
 普段、アマツバメは、高い空を飛ぶことが多いです。だから、人目に付きにくいのですね。雨の日は、低く飛ぶことが多いようです。そのため、平地では、雨の日に見られる率が高いです。「雨燕」という名は、ここから付いたようです。
 アマツバメは、ハチドリと並んで、「最も空中生活に適応した鳥」といわれます。生活時間のほとんどを、空中で過ごします。食事も、交尾も、睡眠さえも、飛びながらすることができます。水浴びの時も、空中から、一瞬、水に浸かるだけです。
 さすがに、子育ては、空中ではできません。卵と雛【ひな】は、飛べませんから。崖【がけ】などに巣を作って、卵を産みます。ヒメアマツバメは、人家にも巣を作ります。
 アマツバメは、飛ぶのが速いだけではありません。空中のアクロバットスターですね。そのかわり、脚が弱いです。歩くというより、「しがみつく」ことしかできません。
 こんな不思議な鳥が、日本で見られるなんて、嬉しいですね。春と秋は、彼らを見る好機です。渡りのために、平地に来るからです。夏は、繁殖のために、高山や海岸の崖地にいます。長旅をする彼らを、温かく見守ってあげましょう。


 過去の記事で、アマツバメに似たツバメを取り上げています。また、最近の研究で、アマツバメに近縁といわれるヨタカも取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 ヨタカは醜い鳥か?(2006/7/14) 
 渡るツバメ、越冬するツバメ(2005/10/17)



図鑑↓↓↓↓↓には、アマツバメが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net


http://blog.zukan.net/blog/2007/10/15-1015.php
トラックバックhttp://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/1142

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/1142
» 『憧れの鳥か、妖怪か? アカショウビン』

 日本の多くのバードウォッチャーが、「ひと目見たい」と、憧【あこが】れる鳥が...

図鑑.netブログ | 2008年10月 6日 10:44

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)