図鑑.netブログ- zukan.net -

http://blog.zukan.net/blog/

2008年2月 9日

華南虎【かなんとら】の再発見は、偽造だった?

ico_weather_kumori.gif


 残念なお知らせです。
 昨年(二〇〇七年)の十月に、「野生では絶滅したはずの華南トラ(アモイトラ)が、再発見された」というニュースがありましたね。どうやら、これは、誤報だったようです。
 「再発見」の発表をしたのは、中国、陝西省【せんせいしょう】の林業庁でした。「野生のアモイトラ」と称される写真も、公表されましたね。
 今回は、陝西省の同庁が「野生アモイトラの再発見には、充分な証拠がなかった」と発表しました。事実上、「写真が偽造だった」と認めている状況です。
 これで、振り出しに戻りましたね。「野生のアモイトラは、絶滅が確定的」です。
 幸いなことに、アモイトラは、完全に絶滅してはいません。まだ、飼育されているものがいます。けれども、その数は、わずか数十頭です。このままでは、十年経たないうちに、完全に絶滅してしまうでしょう。
 今、アモイトラを飼う施設では、懸命な努力が続けられています。たくさん繁殖させて、野生へ返そうという努力です。この努力が、実って欲しいですね。
 かつて、アモイトラは、害獣として駆除されました。急激に減ったのは、このためだといわれます。
 確かに、トラは、危険な肉食獣ですね。ヒトを襲うことがあります。地元の人にしてみれば、害獣と言いたくなるでしょう。
 しかし、最近では、肉食獣の役割が、見直されています。肉食獣がいなくなると、草食獣が増え過ぎる、などの害があります。結局、人間にとって、得になりません。
 中国では、いったん、野生で絶滅した生き物を、野生に復帰させたことがあります。シフゾウ(四不像)というシカ(鹿)の一種です。水辺に棲む、珍しいシカです。
 シフゾウの野生復帰は、簡単ではありませんでした。大型の動物を繁殖させたり、野生で暮らす場所を確保したりするのは、大変なことです。でも、やり遂げられました。
 実績があるのですから、アモイトラでもできる、と信じたいですね。


 「アモイトラ再発見は誤報」のニュースは、以下のページにあります。
 <華南トラ>発見の発表は「時期尚早だった」、陝西省林野庁が国民に謝罪!―中国(レコードチャイナ、2008/02/05)
 中国またか!「絶滅トラ発見」実は…偽スクープ写真(スポーツ報知、2008/02/06)


 過去の記事で、「アモイトラ再発見か?」というニュースをお伝えしています。ジャガーやヒョウ(豹)など、他の大型肉食獣も取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 野生の華南虎【かなんとら】、二十四年ぶりに発見?(2007/10/22)
 ジャガーについて(2007/08/01)
 ボルネオ(カリマンタン)島で、新種の豹(ヒョウ)を発見(2007/03/17)
などです。

http://blog.zukan.net/blog/2008/02/09-post_1012.php
トラックバックhttp://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/1344

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/1344

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)