図鑑.netブログ- zukan.net -

http://blog.zukan.net/blog/

2008年3月 8日

六本脚【あし】のタコ(蛸)がいる?

ico_weather_hare.gif


 英国から、びっくりニュースが届きました。「脚が六本しかないタコ」が見つかったそうです。西北イングランドにある、ブラックプール海洋生物センターでのことです。
 タコといえば、普通は「八本脚」ですよね。俗に「タコの脚(足)」と呼ばれるのは、専門的には、「腕【うで】」と呼ばれます。タコの腕は、簡単に、数が変わるのでしょうか?
 そんなことはありません。先の海洋生物センターによれば、「こんな例は、これまで、世界のどこでも確認されていない」そうです。少なくとも、確認された範囲では、世界初の「六本腕のタコ」です。この個体には、ヘンリーHenryという愛称が付けられました。
 このタコは、六本腕の新種なのでしょうか? 今のところ、そうではなさそうです。普通のタコの一種なのに、生まれつき、腕の数が少ないとのことです。
 このタコが、何という種なのか、知りたいですね。残念ながら、現時点では、このタコの種が何なのか、発表されていません。仮に「ヘクサパスhexapus」と呼ばれています。
 じつは、「普通のタコが、なぜ、八本腕なのか?」は、わかっていません。六本腕のタコが、元気そうなところを見ると、八本でなければならない理由は、なさそうです。
 タコの祖先は、八本より、ずっと腕の数が多かったことが、わかっています。「生きている化石」オウムガイを御存知ですか? オウムガイは、タコの祖先の形に近いです。普通のタコより、はるかに腕が多いです。
 オウムガイの「腕」は、タコよりも、ずっと細いです。「腕」というより、「触手」ですね。その数は、なんと、九十本ほどもあります。大昔のタコの祖先も、同じように、細い触手を、たくさん持っていました。進化するにつれ、数が減ったのですね。
 「進化」とは、どんどん複雑になることだ、と思う方がいるようです。それは、違います。簡単な構造の生物が、複雑な構造になることばかりが、進化ではありません。複雑な構造の生物が、簡単な構造になることもあります。
 今回の発見は、タコが、六本腕でも生きられることを示しました。もしかしたら、私たちは、「タコの進化の瞬間」を、目撃しているのかも知れませんね。


 「六本腕のタコ」のニュースは、以下にあります。
 珍しい6本足のタコが見つかる=英国(時事通信 2008/03/04)
 世界初の六本脚の「ヘクサパス」【英語です】(Discovery News 2008/03/03) 
 「六本腕のタコ」が飼育されている「ブラックプール海洋生物センター」のサイトです。英語が読める方は、見に行くと興味深いでしょう。
 ブラックプール海洋生物センター


 過去の記事でも、タコや、その仲間のオウムガイを取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 シマダコは、縞ダコか島ダコか?(2008/003/3)
 タコ(蛸)の旬【しゅん】は冬か夏か?(2007/02/19)
 四億年前からの生き残り? オウムガイ(2006/10/26)
などです。



図鑑↓↓↓↓↓には、マダコなど、タコの仲間が六種、オウムガイが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

http://blog.zukan.net/blog/2008/03/08-38.php
トラックバックhttp://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/1376

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/1376

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)