図鑑.netブログ- zukan.net -

http://blog.zukan.net/blog/

2008年3月15日

イルカがクジラを救助した!?

ico_weather_hare.gif


 南半球の国、ニュージーランドから、驚くべきニュースが届きました。海岸に座礁したクジラを、別種のイルカが助けた、というのです。
 報道によれば、助けられたのは、コマッコウという種のクジラです。助けたのは、ハンドウイルカです。よく水族館にいる種ですね。バンドウイルカとも呼ばれます。
 詳しい内容は、下記のニュースのリンク先をお読み下さい。感動的な実話です。
 ここでは、助けたイルカと、助けられたクジラの種について、取り上げましょう。
 助けたイルカは、報道では「ハンドウイルカ」となっていますね。でも、もしかしたら、違う種かも知れません。ハンドウイルカには、よく似た別の種がいるからです。ニュージーランドという場所を考えますと、ミナミハンドウイルカかも知れません。
 助けられたほうのクジラ、コマッコウは、あまり知られていない種ですね。生態も、ほとんどわかっていません。小型で目立たないため、目撃情報が少ないのですね。幸いなことに、絶滅寸前ではないようです。
 名のとおり、コマッコウは、マッコウクジラに形が似ています。けれども、似ているのは、形だけです。大きさは、まったく違います。
 コマッコウは、小さなクジラです。成体でも、せいぜい3.4mほどにしかなりません。ハンドウイルカの大型の個体と、同じくらいです。クジラというより、イルカと呼ぶのがふさわしい種でしょう。
 ですから、「イルカがクジラを助けた」といっても、「小さなイルカが、大きなクジラを助けた」わけではありません。実際には、「イルカが、別種のイルカを助けた」ように見えたでしょう。言葉だけで、現場の状況を伝えるのは、難しいですね。
 このような事件があると、ヒト以外の生き物の能力について、考えさせられますね。生き物を、やたらに擬人化するのは、いけません。しかし、彼らの能力を過小評価するのも、科学的な態度とは言えないでしょう。
 イルカでもヒトでも、他者の命を救うのは、尊いことだと思います。


 「クジラを救ったイルカ」のニュースは、以下にあります。
 座礁したクジラをイルカが救う、ニュージーランド(AFPBBニュース 2008/03/12)
 迷って浜に近づくクジラ親子、1頭のイルカが救助 NZ(CNN.co.jp 2008/03/12)


 過去の記事でも、イルカやクジラについて取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 伊勢湾のスナメリが危機に?(2007/06/12)
 マッコウクジラは人間を襲うか?(2007/03/19)
 「腹びれのあるイルカ」はどうなった?(2007/02/06)

 ザトウクジラはホエールウォッチングの人気者(2006/03/13)
などです。



図鑑↓↓↓↓↓には、残念ながら、コマッコウは載っていませんが、マッコウクジラ、ハンドウイルカ(バンドウイルカ)が掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

http://blog.zukan.net/blog/2008/03/15-post_1044.php
トラックバックhttp://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/1384

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/1384

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)