図鑑.netブログ- zukan.net -

http://blog.zukan.net/blog/

2008年4月30日

春の花 【その3】

ico_weather_hare.gif



 サンシュユ 画像
和名:サンシュユ
学名:Cornus officinalis Siebold & Zucc.
%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%A6_20080327_0006.jpg
%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%A6_20080327_0007.jpg
%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%A6_20080327_0008.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.03.27】



図鑑↓↓↓↓↓には、サンシュユが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年4月29日

春の花 【その2】

ico_weather_hare.gif



 ボケ ヒュウガミズキ 画像
和名:ボケ
学名:Chaenomeles speciosa (Sweet) Nakai
%E3%83%9C%E3%82%B1_20080327_0015.jpg
%E3%83%9C%E3%82%B1_MG_0006.jpg

和名:ヒュウガミズキ
学名:Corylopsis pauciflora Siebold & Zucc.
%E3%83%92%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%82%AC%E3%83%9F%E3%82%BA%E3%82%AD_4M5D0898.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.03.27】



図鑑↓↓↓↓↓には、ボケとヒュウガミズキが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年4月28日

コウモリと共存しよう、引越し大作戦

ico_weather_kumori.gif / ico_weather_hare.gif


 春ですね。冬眠していた生き物たちが、次々に現われています。
 「冬眠といえば、両生類や爬虫類がするもの」と思いますよね。ところが、哺乳類の中にも、冬眠するものがいます。例えば、コウモリの仲間が、そうです。
 哺乳類なのに、なぜ、コウモリは冬眠するのでしょう? 明確には、わかっていません。「冬には、昆虫が減るからでは」と推測されています。日本のコウモリは、多くが、昆虫を主食にします。食べ物が少ない季節を、休眠して、やり過ごすようです。
 そもそも、コウモリは、生活全体が、ほとんどわかっていません。普通に眠る場所と、冬眠する場所とが同じなのかどうかも、確認された例は、少ないです。
 コウモリは、日本に分布するだけでも、三十種以上もいます。種ごとに、かなり生態が違います。そういうことが、少しずつ、わかってきたところです。
 ここでは、ユビナガコウモリを紹介しましょう。日本のコウモリの一種です。比較的、生態がわかっているコウモリです。
 「ユビナガ」という名は、指の骨の一部が、長いことから付きました。このために、翼が細長いです。コウモリの翼は、前足ですからね。指の骨で、翼の皮膜を支えています。この翼を使って、ユビナガコウモリは、長距離を高速で飛べます。
 ユビナガコウモリの休息場所は、中が広い洞窟【どうくつ】です。狭い場所を飛ぶのが、苦手だからです。人工のトンネルは、中が広いことが多いので、好まれるようです。
 今年(二〇〇八年)、ユビナガコウモリの、興味深いニュースがありました。彼らの「引越し作戦」が実行されたそうです。舞台は、青森県の西目屋村【にしめやむら】です。
 西目屋村のトンネルに、ユビナガコウモリのねぐらが見つかりました。けれども、そこは、ダムに沈む予定です。そのため、新たなねぐらを作り、そちらへ引っ越してもらうことになりました。引越し作戦は、まだ途中です。成功するかどうか、わかりません。
 ユビナガコウモリは、絶滅危惧種【ぜつめつきぐしゅ】です。でも、今までなら、コウモリの保護など、無視されたでしょう。みんなの意識が向上したことを、喜びたいですね。


 ユビナガコウモリの引越し作戦のニュースは、以下に載っています。
 津軽ダム建設でコウモリの“引っ越し”スタート/西目屋(陸奥新報 2008/01/23)
 全国初!ユビナガコウモリ集団の移転作業を公開します(国土交通省津軽ダム工事事務所 2008/01/11)


 過去の記事でも、コウモリを取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 虚々実々の駆け引き、ガ(蛾)対コウモリ(2007/07/13)
 不細工なんて言わないで、キクガシラコウモリ(菊頭蝙蝠)(2007/06/25)
 人間の役に立つコウモリ(2006/08/18)
などです。



図鑑↓↓↓↓↓には、ユビナガコウモリをはじめ、日本のコウモリが、十種以上掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。


2008年4月27日

春の花 【その1】

ico_weather_kumori.gif / ico_weather_hare.gif



 イロハモミジの花 ゲンベイモモ ムラサキケマン 画像
和名:イロハモミジ
学名:Acer palmatum Thunb. ex Murray
ityou4M5D0935.jpg

和名:ゲンベイモモ
学名:Prunus persica
%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%99%E3%82%A4%E3%83%A2%E3%83%A2_20080327_0011.jpg

和名:ムラサキケマン
学名:Corydalis incisa (Thunb.) Pers.
murasakikeman_MG_0089.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.03.27】



図鑑↓↓↓↓↓には、イロハモミジ、ムラサキケマンが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年4月26日

ハナニラ

ico_weather_kumori.gif / ico_weather_hare.gif


 ハナニラ  画像
和名:ハナニラ
学名:Ipheion uniflorum
jhananira_MG_0020.jpg
hananira_MG_0027.jpg
hananira_MG_0035.jpg
hananira_MG_0037.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.04.15】



2008年4月25日

ちょっと待って! メダカの放流

ico_weather_kumori.gif / ico_weather_hare.gif


 メダカは、春の小川に似合う魚ですね。かつては、日本中、どこでも見られました。
 ところが、近年、メダカが、絶滅危惧種【ぜつめつきぐしゅ】に指定されました。これは、日本人に、衝撃を与えました。最も平凡だった魚が、絶滅しそうなのですから。
 メダカの危機は、広く報道されました。このため、各地で、保護活動が盛り上がりました。メダカが棲める水場が整備されたり、メダカが飼育されて増やされたりしました。
 保護活動が盛んになるのは、良いことです。けれども、中には、問題のある保護活動もありました。保護するつもりが、逆効果になることも、あります。
 例えば、メダカの放流です。一時期、各地で流行しました。現在でも、よく行なわれますね。過去にメダカがいたのに、絶滅した場所へ、再びメダカを放つことです。
 このような放流には、とても注意が必要です。下手なやり方をすると、自然を荒らしてしまいます。なぜでしょう?
 メダカには、地域個体群【ちいきこたいぐん】があるからです。地域個体群とは、地域ごとの、特徴のある群れのことです。同じ種でも、地域によって、特徴が違うのですね。
 地域個体群は、地域ごとの財産です。違う地域のものと、混ぜてはいけません。それは、その地域本来の自然とは、違うものですね。混ぜたら、自然破壊です。
 以前は、地域個体群のことが、あまり知られていませんでした。そのために、「本来とは違う地域の個体群が、放流される」といった事故が、起こりました。
 誤りを防ぐには、どうしたらいいでしょう?
 まず、やたらに放流しないことです。確実に、その地域の個体群だとわかるまで、放流は控えましょう。専門知識のある人に、訊いてからにすべきです。
 特に、ペットショップや、人家で飼われているものを、そのまま放流してはいけません。そのようなメダカは、人間が作った品種であることが多いです。人工的な品種は、野外に放つべきではありません。放流する前に、メダカの素性を、きちんと調べましょう。
 正しい知識を広めることが、本当に、メダカの保護につながります。


 近年、メダカの地域個体群について、さまざまなニュースがあります。詳しくは、以下のページなどを御覧下さい。
  蘇るメダカ(湘南新聞 2005/07/09)
 藤沢メダカの学校をつくる会
などです。


 過去の記事でも、メダカと同じ日本の淡水魚を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 土用の丑【うし】には何を食べる?(2007/07/27)
 貝に卵を産む? 不思議な魚たち(2007/03/30)
 秋に美味しい鰍【かじか】(2006/11/13)
などです。



図鑑↓↓↓↓↓には、メダカが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年4月24日

紫蘭【シラン】

ico_weather_ame.gif



 赤紫の美しいラン、シランが咲き始めました。 シラン 画像
和名:紫蘭【シラン】
学名:Bletilla striata (Thunb. ex Murray) Rchb.f.
shiran_4M5D1114.jpg
shiran_MG_0026.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.04.15】



図鑑↓↓↓↓↓には、シランが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年4月23日

世界で最長寿の樹木を発見!

ico_weather_hare.gif


 スウェーデンから、びっくりニュースです。なんと、樹齢が九千年を越える樹木が、発見されました。発見したのは、スウェーデンのウーメオ大学の研究チームです。
 その樹木は、スウェーデンの西部、ノルウェイとの国境に近いほうにあります。マツ科トウヒ属の一種とされます。おそらく、ドイツトウヒでしょう。
 ドイツトウヒは、ヨーロッパトウヒ、オウシュウトウヒなどとも呼ばれます。クリスマスツリーにされる樹ですね。日本でも、防雪林として、北海道などに植えられています。
 トウヒ属の樹木は、多くが、寒い地域に生えます。なのに、常緑です。冬でも緑の姿を、昔の人は、生命力の象徴と見たのでしょう。最長寿の樹に、ふさわしいですね。
 今回、発見されたトウヒは、約9550歳といわれます。ほぼ一万歳です(!)
 これまで「最高齢の樹」とされたのは、北米大陸にある樹でした。二〇〇八年現在で、約4845歳という樹です。同じマツ科ですが、トウヒ属ではなく、マツ属の種です。日本語の種名は、確定していません。ラテン語の学名で、Pinus longaevaという種です。
 今回のニュースの樹は、なぜ、こんなに長生きできたのでしょう? その秘密は、「合体木」にあります。合体木とは、複数の樹がくっついて、一本の樹のようになったものです。巨木には、よく見られます。こうなると、丈夫になるのですね。
 今回のトウヒは、純粋に一本の樹ではなく、合体木だといいます。約9550年という樹齢は、合体しているうちの、一本の樹のもののようです。
 「ずるい、それじゃ『最長寿の樹木』じゃない」と思う方が、いるかも知れませんね。けれども、少なくとも、樹の一部は、九千年以上、生きてきました。
 この樹が最初に芽を出した頃には、まだ、マンモスがいました。ヒトは、石器時代でした。それから、ネット時代の今まで、生き延びたのです。これほどの年月に敬意を表して、「最長寿の樹木」という称号をあげても、いいでしょう。
 この樹の隣にも、樹齢五千年を越える樹が、生きているそうです。何千年も、身を寄せ合って、生き永らえたのでしょう。末永く、共に生きて欲しいですね。


 世界最高齢の樹木のニュースは、以下にあります。
 スウェーデンで世界最古の木発見、樹齢約1万年(AFPBBニュース 2008/04/18)
 樹齢8000年、世界最古の生きた樹木がスウェーデンで発見(technobahn 2008/04/12)


 過去の記事でも、ドイツトウヒを取り上げています。また、なみ外れて長寿の生き物も取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 クリスマスツリーはモミではない?(2005/11/28)
 四百年、生きた貝がいる?(2007/11/01)
 亀(カメ)は本当に長生きか?(2006/01/02)
などです。



図鑑↓↓↓↓↓には、残念ながら、ドイツトウヒは載っていません。そのかわり、同じトウヒ属のエゾマツと、ヤツガタケトウヒが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年4月22日

絶滅からよみがえる? シャンハイハナスッポン

ico_weather_hare.gif


 ベトナムから、嬉しいニュースが届きました。「野生では、絶滅したのでは?」といわれていたカメ(亀)の一種で、野生の個体が発見されました。
 そのカメは、シャンハイハナスッポンという種です。スッポン(鼈)の仲間ですね。スッポン科ハナスッポン属に属します。ラテン語の学名は、Rafetus swinhoeiです。
 確認される限り、シャンハイハナスッポンは、2008年現在で、三頭しかいませんでした。中国に二頭、ベトナムに一頭です。どれも、飼育されています。
 ただし、ベトナムの飼育個体は、新種のRafetus leloii(ラテン語の学名)だ、ともいわれます。Rafetus leloiiという種は、まだ、正式には、認められていません。
 確認個体のうち、雌(メス)は、中国の動物園にいる一頭だけでした。しかも、その個体は、百歳を越えています。これでは、絶滅が確定したようなものですね。
 それが、新たな個体が見つかったのです。場所は、ベトナム北部の沼です。
 シャンハイハナスッポンは、非常に大きくなるカメです。体長は、1mに達し、体重は、100kgを越えることもあります。寿命は、100年を越えます。
 ベトナムには、「国の危機を救ったカメ」の伝説があります。大きな金色のカメだそうです。その伝説のカメは、シャンハイハナスッポン、もしくは、近縁のRafetus leloiiだと、いわれます。ベトナムの人にとって、今回のニュースは、ことに嬉しいでしょう。
 ハナスッポン属のカメは、どの種も、危機にあります。ひどく数が減っています。シャンハナスッポンと別に、Rafetus leloiiという種がいたとしても、絶滅同然です。西アジアでは、メソポタミアハナスッポンが、「野生絶滅したのでは?」といわれています。
 シャンハイハナスッポンについては、現在、緊急の繁殖プロジェクトが、進んでいます。幸いなことに、たった一頭の雌に、繁殖能力がある、とわかりました。百歳の「お婆さん」なのに、驚きですね。この雌に、お婿さんを迎える計画です。
 この計画が、成功するといいですね。でも、野生の個体が増えるのが、理想です。今回見つかった個体は、野生で長生きして、子孫を増やして欲しいですね。


 シャンハイハナスッポンのニュースは、以下にあります。
 伝説の巨大スッポン、ベトナムで米チームが野生の個体を発見(AFPBBニュース 2008/4/19)
 鶴は千年亀は万年と言うけれど絶滅の危機100歳スッポン花婿を急募―湖南省長沙市(レコードチャイナ 2007/05/23)
 一九六八年に捕らえられたシャンハイハナスッポン、または、近縁種のRafetus leloiiの剥製【はくせい】写真があります

 驚いたことに、以前、日本で、シャンハイハナスッポンが見つかったことがあります。食用のスッポンに混じって、輸入されたものが、放たれたようです。奈良県の猿沢池というところです。
 猿沢池の外来カメの詳細  ※直接、pdfファイルにつながります。


 過去の記事で、スッポンなど、淡水に棲むカメを取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 イシガメが絶滅寸前?(2007/11/19)
 スッポン(鼈)の故郷はどこ?(2007/02/23)
などです。



図鑑↓↓↓↓↓には、スッポンなど、九種のカメが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年4月21日

イソギンチャクは逆さのクラゲ?

ico_weather_hare.gif


 水ぬるむ季節ですね。磯遊びや、潮干狩りに出かける方もいるでしょう。そういうレジャーで、普通に見られるのが、イソギンチャクです。
 イソギンチャクは、ひらひらした触手が美しいですね。植物のように見えますが、動物です。刺胞動物【しほうどうぶつ】というグループに属します。
 同じ刺胞動物には、クラゲが属します。実際、クラゲとイソギンチャクは、体の構造が似ています。どちらも、口の周囲にたくさんの触手があります。そして、口が肛門を兼ねます。つまり、物を食べる口と、食べかすを排出する穴とが、同じです。
 イソギンチャクの場合は、一つしかない口を、上へ向けています。口と反対側の体の端で、海底にくっつきます。クラゲの場合は、上下が逆になります。口が下向きなのですね。体のほうは、お馴染みの笠型です。これで、水中を漂っています。
 日本の海岸で、よく見られるのは、ウメボシイソギンチャクや、ミドリイソギンチャクでしょう。どちらも、浅い海に多い種です。潮が引くと、陸になるところにもいます。
 イソギンチャクは、陸では、生きられません。ただし、短時間ならば、耐えられます。触手を縮めて、まさに「磯の巾着」のようになって、耐えています。
 ウメボシイソギンチャクには、面白い性質があります。彼らは、時々、「子ども」を産みます。口から、小さなイソギンチャクが、ぴゅっ、ぴゅっと吐き出されるのです。「子を産むイソギンチャク」として、ウメボシイソギンチャクは、有名でした。
 ところが、近年、ウメボシイソギンチャクが「子を産む」のは、誤解だと判明しました。彼らが産むのは、自分の「子ども」ではありません。「クローン」です。遺伝子的に、まったく、自分と同じ個体です。自分のコピー(複製)ですね。
 ウメボシイソギンチャクは、体内の組織の一部を、切り離します。それを、体内で「培養」します。やがて、小さなイソギンチャクが育ち、口から吐き出されます。
 すべてのイソギンチャクが、このように増えるわけではありません。イソギンチャクの仲間は、とても多様です。彼らの不思議な暮らしぶりは、いずれまた紹介しましょう。


 過去の記事でも、イソギンチャクや、その仲間の刺胞動物【しほうどうぶつ】を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 クラゲは刺胞【しほう】動物? 腔腸【こうちょう】動物?(2007/08/24)
 海藻【かいそう】? いいえ、イラモはクラゲです(2007/07/16)
などです。



図鑑↓↓↓↓↓には、ウメボシイソギンチャク、ミドリイソギンチャクなどのイソギンチャク類が掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。


2008年4月20日

ハンカチノキ

ico_weather_kumori.gif



 ハンカチノキ 画像
和名:ハンカチノキ(別名:オオギリ、ハトノキ)
学名:Davidia involucrata
hankachi_4M5D1134.jpg
hankachi__MG_0040.jpg
hankachi__MG_0042.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.04.15】



2008年4月19日

鬱金【ウコン】

ico_weather_hare.gif



 八重桜 ヤエザクラ 画像
和名:鬱金【ウコン】
学名:Cerasus lannesiana 'Grandiflora'
ukon_4M5D1086.jpg
ukon_MG_0020.jpg
ukon_MG_0019.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.04.15】



図鑑↓↓↓↓↓には、ソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラなど、が掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年4月18日

ヘビと付くのに蛇じゃない、カナヘビ

ico_weather_ame.gif


 春、爬虫類たちも、冬眠から覚めてきます。中でも、トカゲの仲間は、住宅地でも、見ることがありますね。
 日本でトカゲといえば、「石垣や草陰を、ちょろちょろと這うもの」でしょう。日本の内地で、屋外を「ちょろちょろ這う」トカゲは、大きく二つのグループに分かれます。
 一つは、トカゲ科に属するグループです。トカゲ科は、スキンク科とも呼ばれます。もう一つは、カナヘビ科に属するグループです。
 日本のトカゲ科と、カナヘビ科とは、外見が似ています。どちらも、体が細長く、脚が短いです。区別しやすい点は、「体のつや」です。
 トカゲ科のトカゲは、鱗【うろこ】がすべすべです。体につやがあります。対して、カナヘビ科のトカゲは、鱗がざらざらです。体につやがありません。皮膚の印象が、「つるすべ」ならトカゲ科の種で、「ざらざら」ならカナヘビ科の種、と覚えるとよいです。
 カナヘビ科のほうが、全体的に細長いです。特に、尾が長いです。脚が見えなければ、ヘビと間違えそうです。トカゲの仲間なのに、カナ「ヘビ」と付けられたのは、このためでしょう。「カナ」の意味には、諸説があります。定説はありません。
 日本で、最も平凡なカナヘビ科の種は、ニホンカナヘビでしょう。日本の内地であれば、およそ、どこにでもいます。茶色っぽい、地味なトカゲです。多くの地方では、「カナヘビ」といえば、ニホンカナヘビを指します。
 ややこしいことに、地方によっては、別の種を「カナヘビ」と呼びます。トカゲではなく、ある種のヘビを、「カナヘビ(金蛇)」と呼ぶ地方があります。具体的に、どんなヘビを「カナヘビ」と呼ぶのかは、わかりません。伝承が、統一されていないからです。
 ニホンカナヘビは、目立たない生き物です。外見が地味なうえ、ヒトとは、直接の利害関係がありません。普通の人には、関心を持たれにくいです。
 けれども、ニホンカナヘビは、日本の固有種です。世界的には、珍しいのですね。身近なところの、貴重な自然です。山奥へ行かなくても、自然はあるものですね。


 過去の記事でも、日本のトカゲの仲間を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 
 大洋に生きるオガサワラトカゲ(2007/11/09)
 トカゲモドキとはどんな生き物?(2006/12/29)
 トカゲのしっぽ切りは、何のため?(2006/09/11)

などです。



図鑑↓↓↓↓↓には、ニホンカナヘビが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年4月17日

普賢象【ふげんぞう】

ico_weather_kumori.gif / ico_weather_ame.gif



 八重桜 ヤエザクラ 画像
和名:普賢象【フゲンゾウ】
学名:Cerasus lannesiana 'Albo-rosea'
fugenzou_4M5D1101.jpg
fugenzou_4M5D1102.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.04.15】



図鑑↓↓↓↓↓には、ソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラなど、が掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年4月16日

一葉【いちよう】




 八重桜が満開です。 ヤエザクラ 画像
和名:一葉【イチヨウ】
学名:Cerasus lannesiana 'Ichiyo'
ichiyo_MG_0006.jpg
ichiyo_MG_0015.jpg
ichiyo_MG_0025.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.04.15】



図鑑↓↓↓↓↓には、ソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラなど、が掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

タンザニアで、新種の哺乳類を発見

 

先日、アフリカのタンザニアで、新種の哺乳類が発見されました。ハネジネズミ(跳ね地鼠)というグループの一種です。聞き慣れない名前ですね。
 ハネジネズミは、名前も姿も、ネズミに似ています。けれども、ネズミの仲間ではありません。長脚目【ちょうきゃくもく】(ハネジネズミ目【もく】ともいいます)というグループに属します。ネズミは、齧歯目【げっしもく】に属しますね。
 ハネジネズミは、まるでゾウ(象)のように、細長い鼻を持ちます。このために、ゾウトガリネズミという別名があります。今回見つかった種も、鼻が細長いです。
 トガリネズミ(尖鼠)とは、かつて、ハネジネズミと近縁だとされた哺乳類のグループです。そのため、ハネジネズミに、「ゾウトガリネズミ」という別名が付きました。
 近年、「トガリネズミとハネジネズミとは、縁が遠い」とわかりました。トガリネズミは、トガリネズミ目【もく】に属します。
 前記のとおり、ハネジネズミの分類は、何回も、組み直されました。生物学が、進歩しているのですね。科学は、より正しいものを求めて、変わってゆきます。
 しかし、おかげで、図鑑などの表記が混乱しています。書物やウェブサイトによっては、ハネジネズミを「食虫目」、「モグラ目」、「トガリネズミ目」などに分類しています。現在は、「ハネジネズミは、長脚目」ということで、ほぼ、意見が一致しています。
 ハネジネズミの仲間は、アフリカにしか分布しません。日本人には、馴染みがないわけです。全種で、十五種ほどしかいません。世界的に、珍しい生き物です。
 広い意味では、長脚目は、アフリカ起源の哺乳類と、類縁があります。アフリカ獣上目というグループに属します。上目【じょうもく】とは、分類学で、目の一つ上の段階です。
 アフリカ獣上目には、長鼻目【ちょうびもく】(ゾウの仲間)、海牛目【かいぎゅうもく】(ジュゴンの仲間)などが属します。こんなに違うものと類縁とは、驚きますね。
 今回の新種には、日本語名は付いていません。ラテン語の学名で、Rhynchocyon udzungwensisと名付けられています。


 新種のハネジネズミのニュースは、以下のサイトにあります。
 タンザニアの奥地で新種の小型哺乳類を発見(AFPBBニュース 2008/02/02)


 過去の記事で、ハネジネズミと同じく、「ネズミでないネズミ」を取り上げています。また、他の新種のニュースも取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 ネズミでないネズミがいる?(2007/12/21)
 インドネシアのパプアで、新種の哺乳類を発見(2007/12/19)
 シーラカンスの新種?発見(2007/11/15)
 霊長類【れいちょうるい】が絶滅の危機に?(2007/11/01)
などです。


花筏【はないかだ】

ico_weather_hare.gif



  サクラ 画像
hanaikada_MG_0090.jpg
hanaikada_MG_0092.jpg
hanaikada_MG_0093.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.04.04】



図鑑↓↓↓↓↓には、ソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラなど、が掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年4月15日

東京にエイリアン襲来? 科学館でエイリアン展

ico_weather_hare.gif



 東京のお台場で、エイリアン展という展覧会が開催されています。会場は、日本科学未来館です。これを観に行ってきたので、報告しますね。
 なぜ、ここのブログで、エイリアン展の報告をするのか、不思議に思う方がいるでしょう。この展覧会は、単に「宇宙人」を紹介しているのではないからです。地球以外の生き物を、科学的に、考察しています。異星の生き物を考えるのに、地球の生き物が、参考にされています。想像力が刺激されて、楽しいですよ。
 例えば、深海の生き物です。深海は、とても厳しい環境ですね。どの要素を見ても、暮らしやすいとは思えません。高い水圧、届かない光、乏しい食べ物などです。
 そんなところでも、生きているものがいます。私たちが「棲める」と思う環境でなくても、生きられるわけです。ということは、地球の深海のような環境が、他の星にあったら? そこにも、生き物(エイリアン)が、いるかも知れません。
 エイリアン展では、深海の生き物が、多く紹介されています。コウモリダコ、ウミグモ、ダイオウグソクムシ、オニキンメ、フクロウナギなどが、展示されています。
 他にも、奇妙な生き物が、何種も紹介されています。「奇妙」というのは、あくまで、ヒトから見た視点です。彼ら自身にすれば、それが「普通」でしょう。
 例えば、身近な昆虫です。彼らも、「奇妙」な特徴を持ちます。
 ハエは、脚【あし】で味を見ます。バッタは、脚で音を聞きます。異星の生き物も、こういった特徴を持つかも知れません。環境の中で有利であれば、地球の生き物と、同じ特徴を持つ可能性があります。
 展覧会には、「科学的に想像されたエイリアン」の展示もあります。二つの惑星が仮定され、そこに棲む生き物たちが紹介されています。私としては、「地球より、ずっと濃い大気を持つ惑星」の生き物が、面白かったです。空を飛ぶ生き物が多いのですね。「地球の大気もこんなに濃かったら、クジラが空を飛んだかも?」と、想像してしまいました。
 『へんないきもの』が好きな人に、お勧めの展覧会です。


 エイリアン展の案内は、以下にあります。
 エイリアン展(日本科学未来館内のページ)
 日本科学未来館のサイト(トップページ)


 生き物に関する展覧会は、他にも、開催中です。連休に向け、間もなく開催される展覧会もあります。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 春休みは、東大でお勉強? 鳥のビオソフィア展(2008/03/26)
 生物学を楽しく学べる、ダーウィン展(2008/03/20)
 「ファーブルにまなぶ」、虫の声の聴き方?(2007/10/11) ※滋賀県立琵琶湖博物館が会場【2008年4月29日(火・祝日)~8月31日(日)】



図鑑↓↓↓↓↓には、動物・植物約1,800種が掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

UK-JAPAN2008 WEBサイトに記事掲載!


2008年4月14日

新緑




yoyogi_MG_0005.jpg
yoyogi_MG_0014.jpg
yoyogi_MG_0016.jpg
yoyogi_MG_0018.jpg
 
※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 渋谷  【2008.04.12】



図鑑↓↓↓↓↓には、動物・植物約1,800種が掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

ネットで、知りたいことを上手に知るには? 番外編

ico_weather_ame.gif / ico_weather_hare.gif


 以前、ネットの上手な活用法の話を、六回にわたって、お送りしましたね。(「ネットで、知りたいことを上手に知るには?その1」から「その6」)
 今回は、その番外編をお届けします。ネットの情報の見きわめ方です。
 ネットの世界は、移り変わりが速いですね。日々、新しい情報が、載せられています。
 だからといって、常に、最新の情報があるとは、限りません。ずっと以前に書かれた情報が、そのままあることが、珍しくありません。
 時間が経てば、状況は変わりますね。書かれた時点では正しくても、後に、正しくなくなることがあります。そうなっても、修正されない情報が、多いです。
 最新の情報を、常に追い続けるのは、大変なことです。現代は、どんどん新しい情報が、現われますからね。一人の人間が、追いきれるものではありません。
 ネットで情報を発信する人(送り手)に、すべての責任をかぶせるのは、酷ですね。現実問題として、無理です。受信する人(受け手)のほうが、「正しいか、正しくないか」判断するしかありません。
 どうやったら、そのような判断ができるでしょう? 二つの方法があります。
 一つは、「情報の日時を確かめること」です。できるだけ、新しい情報を入手しましょう。新しく書かれたものは、最新の情報である可能性が高いです。
 ただし、例外もあることを、忘れてはいけません。「書かれたのが新しくても、内容が古い」ことが、よくあります。
 もう一つは、「複数の源【みなもと】から、情報を得ること」です。一つの源からの情報を、鵜呑【うの】みにするのは危険です。発信者が勘違いしていたり、悪意を持っていたりしたら、誤った情報を、信じてしまうことになります。
 二つ以上の源から、情報を得れば、内容を比較できますよね。みな同じ内容なら、「ほぼ正しい」と判断できます。食い違いが激しければ、「正しくない可能性が高い」となります。
 ネットの書き手として、私も、正しい情報を得るよう、努力します。


 過去の記事でも、ネットの上手な活用法を紹介しています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 ネットで、知りたいことを上手に知るには? その1(2007/07/18)
 ネットで、知りたいことを上手に知るには? その2(2007/07/21)
 ネットで、知りたいことを上手に知るには? その3(2007/07/24)
 ネットで、知りたいことを上手に知るには? その4(2007/07/26)
 ネットで、知りたいことを上手に知るには? その5(2007/07/28)
 ネットで、知りたいことを上手に知るには? その6(2007/07/31)
 


図鑑↓↓↓↓↓には、動物・植物約1,800種が掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年4月13日

ハクセキレイ

ico_weather_kumori.gif / ico_weather_ame.gif



  ハクセキレイ 画像
和名:ハクセキレイ
学名:Motacilla alba
hakusekirei_4M5D1011.jpg
hakusekirei_4M5D1018.jpg
hekusekirei_4M5D1013.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.04.04】



図鑑↓↓↓↓↓には、ハクセキレイが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年4月12日

花筵【はなむしろ】

ico_weather_hare.gif



  サクラ 画像
hanamushiro_MG_0051.jpg
hanamushiro_MG_0130.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.04.04】



図鑑↓↓↓↓↓には、ソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラなど、が掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年4月11日

トンビやオケラは、存在しない? 生き物の名前の話

ico_weather_hare.gif


 生き物について調べる時、皆さんは、どうやって調べますか?
 最近は、ネットで調べる人が多いでしょうね。けれども、ネットの情報は、不正確なことも多いです。昔ながらに、本の図鑑や事典で調べる人も、多いでしょう。
 ところが、図鑑などで調べると、困ることがあります。「調べたい生き物が、見つからない」ことです。「図鑑などに、載っているのに、見つからない」ことが、よくあります。
 例えば、トンビという鳥がいますね。日本では、とても平凡な鳥です。なのに、普通の鳥類の図鑑で、「トンビ」を探しても、見つかりません。
 また、オケラと呼ばれる昆虫がいます。昔から、日本人に親しまれた虫です。が、昆虫図鑑で「オケラ」を探しても、見つからないことが多いです。
 こうなる原因は、「生き物の名前」にあります。「トンビ」も、「オケラ」も、正式な名前ではありません。通称です。そのために、普通の図鑑には、載っていないのです。
 生き物を調べるには、その生き物の「正式な名前」を知るのが、重要です。
 でも、普通の人は、そんなことに詳しくありませんよね。詳しくないからこそ、調べたいはずです。どうしたら、調べられるでしょう?
 最近では、名前以外で調べられる図鑑などが、登場しています。棲む場所、体の色、現われる季節などで、調べられます。そのようなものを利用すれば、便利ですね。
 通称と、正式な名前が違うのは、不便に感じるでしょう。これには、それなりの理由があります。通称は、広い地域に通じないからです。ある地方の通称が、他の地方で、通じるとは限りません。これでは、違う地方の人同士が、話をするのにも困りますね。
 日本の生き物には、標準和名【ひょうじゅんわめい】という名前が、付けられています。日本で、生き物の「正式な名前」といえば、標準和名のことです。前記の例でいえば、トンビの標準和名は「トビ」、オケラの標準和名は「ケラ」となっています。
 名前で生き物を調べるには、注意が必要ですね。知っている名が、標準和名とは限りません。名前だけで調べないで、他のやり方でも、調べてみましょう。


 過去の記事でも、生き物の名前について、取り上げています。また、「トンビ」や「オケラ」も取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 新しい名前で出ています――魚類の改名(2007/02/02)
 差別語を含む生き物の名は、改名すべき?(2007/01/09)
 トンビは猛禽【もうきん】か?(2006/11/17)
 ヨシとアシは同じもの?(2006/09/08)
 一文無しどころか万能昆虫のオケラ(2006/03/24)
 学名ってなんですか?(2005/09/30)
などです。



図鑑↓↓↓↓↓には、名前以外の方法でも、生き物を検索することができます。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年4月10日

ボルネオ島に肺【はい】のないカエルが発見される?!




 ボルネオ島に成体のカエルにもかかわらず、肺がない個体が発見された。呼吸は、どのようにして行われているのでしょうか?
 発見した博士によると「皮膚呼吸で補っているのではないか」とのことでした。詳しくは、以下のページをご参照ください
 ボルネオのジャングルで肺のない成体のカエルが発見(Technobahn 2008/04/10)
 ボルネオで肺を持たないカエル発見、皮膚から酸素吸収か(ロイター 2008/04/10)


 過去の記事でも、カエルの危機や、カエルの仲間を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 2008カエル年【amphibian ark 2008/YEAR OF THE FROG】(2008/02/29)
 指の数が違うカエルがいる?(2008/02/22)
 カエル・ツボカビ症のその後(2007/12/03)
などです。



図鑑↓↓↓↓↓には、シュレーゲルアオガエル、ニホンアマガエルなど、十種以上のカエルが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。


八重紅枝垂【ヤエベニシダレ】

ico_weather_ame.gif



  ヤエベニシダレ 画像
和名:ヤエベニシダレ
学名:Cerasus spachiana 'Plena-rosea'
yaeshidare_MG_0133.jpg
yaeshidare_MG_0138.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.04.04】



図鑑↓↓↓↓↓には、ソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラなど、が掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年4月 9日

アオキ

ico_weather_hare.gif


  アオキ 雄花(上)/雌花(下) 画像
和名:アオキ
学名: Aucuba japonica Thunb.
aoki%E9%9B%84%E8%8A%B1_4M5D0972.jpg
aoki_4M5D0987.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.04.04】



図鑑↓↓↓↓↓には、アオキが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年4月 8日

翡翠【カワセミ】

ico_weather_ame.gif



  カワセミ 画像
和名:カワセミ
学名:Alcedo atthis
kawasemi_4M5D0999.jpg
kawasemi_4M5D1001.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.04.04】



図鑑↓↓↓↓↓には、カワセミが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年4月 7日

サクラソウとプリムラは、同じ? 違う?

ico_weather_kumori.gif


 そろそろ、桜の季節ですね。日本には、樹木の桜だけでなく、サクラソウ(桜草)という草もあります。サクラソウも、春に花が咲きます。
 サクラソウの名は、「花が、樹木の桜に似ているから付いた」といわれます。けれども、じつは、語源ははっきりしません。「桜と同じ頃に咲くから」とも、いわれます。
 樹木のサクラと、サクラソウとは、縁が遠いです。サクラは、バラ科サクラ属に属します。サクラソウは、サクラソウ科サクラソウ属に属します。
 ややこしいことに、サクラソウと呼ばれる植物は、何種もあります。最も有名なのは、正式な日本語名を、「サクラソウ」という種でしょう。これは、日本に自生する種です。埼玉県の県花と、大阪府の府花に指定されています。
 この「サクラソウ」は、多くの地方で、保護されています。園芸店で見ることは、少ないです。店で、サクラソウと呼んで売られるのは、ほとんどが、違う種です。一般に、セイヨウサクラソウ(西洋桜草)とか、プリムラなどと呼ばれる仲間です。
 プリムラPrimulaとは、ラテン語で、サクラソウ属を指す言葉です。サクラソウ科サクラソウ属の植物には、みな「プリムラなんとか」というラテン語の学名が付いています。正式な日本語名「サクラソウ」も、学名は、Primula sieboldiiです。
 学問的には、「サクラソウ属」と、「プリムラ」とは、同じものなのですね。
 しかし、園芸店でいう「プリムラ」は、たいてい、違うものを指します。「ヨーロッパで品種改良されたサクラソウ属」のことです。このため、西洋サクラソウと呼ばれます。
 園芸の世界の「プリムラ」には、プリムラ・アウリクラPrimula auricula、プリムラ・マラコイデスPrimula malacoides、プリムラ・オブコニカPrimula obconica、プリムラ・ポリアンタPrimula ×polyanthaなどの種が、含まれます。それぞれの種に、独特の愛称や、略称があります。そのために、種の区別は、難しいです。
 園芸(ガーデニング)は、良い趣味ですね。植物に親しめるからです。でも、園芸の用語が、学問的に正確とは限りません。植物を調べる時には、注意が必要ですね。


 過去の記事でも、園芸に使われる植物を、多く取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 クリスマスローズはクリスマスに咲かない?(2007/12/03)
 アジサイの果実はどこにある?(2007/06/22)
 スイレンとハスはどう違う?(2006/07/13)
などです。



図鑑↓↓↓↓↓には、日本に自生するサクラソウが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。


2008年4月 6日

畑の番人

ico_weather_hare.gif


 ちっちゃな三毛猫(ミケネコ)さん、畑を懸命に守っていましたよ。ノネコ 画像
和名:ノネコ
学名:Felis catus
chibaneko_MG_0082.jpg
chibaneko_MG_0086.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

千葉 舘山  【2008.03.22】


2008年4月 5日

トビ

ico_weather_hare.gif


 トビ 画像
和名:トビ
学名:Milvus migrans
tobi_MG_0112.jpg
tobi_MG_0180.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

千葉 舘山  【2008.03.22】



図鑑↓↓↓↓↓には、ウミネコとウ(ウミウ、カワウ)が掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年4月 4日

今日のサクラ【その7】




 今日のサクラ、開花状況です。 サクラ 画像
和名:ソメイヨシノ
学名:Cerasus X yedoensis (Matsum.) A.Vassil
sakura_MG_0010.jpg
sakura_MG_0014.jpg
sakura_MG_0017.jpg
sakura_MG_0098.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿  【2008.04.04】



図鑑↓↓↓↓↓には、ソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラなど、が掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

モンシロチョウ(紋白蝶)は、日本にいなかった?

ico_weather_hare.gif


 モンシロチョウは、日本人に、馴染みがあるチョウでしょう。日本のどの地域でも、平凡な種です。「菜の花畑のモンシロチョウ」は、日本人の原風景とも思えますね。
 ところが、モンシロチョウは、日本土着の種ではありません。外来種です。外来種の中では、歴史が長いほうです。奈良時代ごろ、日本に来たと推定されています。
 モンシロチョウは、どうやって、日本に来たのでしょう? 「大陸からの野菜に付いてきた」と考えられています。ダイコン(大根)などの、アブラナ科の野菜です。
 モンシロチョウの幼虫は、アブラナ科の植物を食べます。ですから、親のチョウは、アブラナ科の植物に産卵します。きっと、そうやって産まれた卵が、野菜と一緒に持ち込まれたのでしょう。日本の野菜の多くは、大陸に由来します。
 モンシロチョウには、似た別種がいます。スジグロシロチョウという種です。同じく、白いチョウです。大きさも、同じくらいです。幼虫が、アブラナ科の植物を食べるのも、同じです。分類上も、近縁です。二種とも、シロチョウ科モンシロチョウ属に属します。
 よく見れば、スジグロシロチョウの翅【はね】には、黒い筋があります。だから「筋黒」シロチョウです。この点で、モンシロチョウと区別できます。
 スジグロシロチョウも、「古い時代の外来種では?」といわれます。日本に来た時期は、はっきりしません。外来種とされる理由は、食べ物にあります。幼虫は、アブラナ科の中でも、帰化植物といわれる種を、好んで食べるからです。
 モンシロチョウと、スジグロシロチョウは、「ヒトのおかげで、分布を広げた」と考えられています。アブラナ科の植物を食べるのが、幸運でした。
 アブラナ科には、ダイコンをはじめ、たくさんの野菜が属します。キャベツ、カリフラワー、ブロッコリー、アブラナ(菜の花)などです。それらの野菜を、人間が、世界の各地に持ち込みました。その時、チョウたちも、付いていったわけです。
 今では、どちらのチョウも、日本の自然に溶け込んでいます。自然とは、静的なものでなく、常に動いてゆくものなのでしょう。


 過去の記事で、モンシロチョウが食べるアブラナ科の植物を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 謎の円盤UFO? いえ、カメノコハムシです(2008/10/22)
 七草ナズナは、ぺんぺん草(2008/01/07)
 謎の「カブラ・ライン」とは?(2007/10/29)
 日本のダイコン(大根)は世界一(2007/1/15)
などです。



図鑑↓↓↓↓↓には、モンシロチョウ、スジグロシロチョウが掲載されています。
アブラナ科の植物(キャベツ、ダイコン、イヌガラシなど)も載っています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。


2008年4月 3日

ゾウのようなネズミ?!タンザニアで新種のネズミを発見!!




 先日、またまた新種の哺乳類が、アフリカのタンザニアで発見されました。
 詳しくは、以下のニュース記事をご覧ください。
 タンザニアの奥地で新種の小型哺乳類を発見(AFPBBニュース 2008/02/02)

ダイコン【ハマダイコン】

ico_weather_hare.gif


ダイコンが野生化したものがハマダイコンです。ダイコン【ハマダイコン】 画像
和名:ダイコン【ハマダイコン】
学名:Raphanus sativus L.
hama_MG_0055.jpg
hama_MG_0056.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

千葉 舘山  【2008.03.22】



図鑑↓↓↓↓↓には、ダイコン【ハマダイコン】が掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。


2008年4月 2日

今日のサクラ【その6】




 今日のサクラ、開花状況です。 サクラ 画像
和名:ソメイヨシノ
学名:Cerasus X yedoensis (Matsum.) A.Vassil
0402sakura_4M5D0953.jpg
0402sakura_4M5D0958.jpg
0402sakura_4M5D0963.jpg
0402sakura_4M5D0968.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 目黒  【2008.04.02】



図鑑↓↓↓↓↓には、ソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラなど、が掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

新緑




 昨日のケヤキ並木、新緑状況です。 ケヤキ 画像
和名:ケヤキ
学名:Zelkova serrata (Thunb.) Makino
keyaki_IMG_0002-4.jpg
keyaki_IMG_0004-4.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 表参道  【2008.04.01】



図鑑↓↓↓↓↓には、ケヤキは、掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。


ウミネコ

ico_weather_hare.gif


 ウミネコたちの画像です。最後の1枚は、防波堤で集会しているウミネコとウです。ウミネコ 画像
和名:ウミネコ
学名:Larus crassirostris
kamome_MG_0097.jpg
kamome_MG_0104.jpg
kamome_MG_0121.jpg
kamome4M5D0861.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

千葉 舘山  【2008.03.22】



図鑑↓↓↓↓↓には、ウミネコとウ(ウミウ、カワウ)が掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年4月 1日

ネッシーは、保護動物に指定されている?

ico_weather_hare.gif


 伝説の生き物として、ネッシーを知らない人はいないでしょう。英国、スコットランドのネス湖にいる、といわれる未確認動物ですね。残念ながら、現在では、「実在の可能性は、ほとんどない」とされています。
 ところが、「ネッシーは、英国の保護動物に指定されている」という話があります。「実在しないかも知れないものを、保護動物にする」などということが、あるのでしょうか?
 私が調べた限りでは、「ネッシーが保護動物である」という確実な証拠は、ありませんでした。では、なぜ、こんな話が生まれたのでしょう?
 この話は、誤解から生まれたようです。話の基になったのは、以下のような事実です。
 まず、「ネッシーに関する論文が、学術的な雑誌に載った」ことがあります。これは、本当です。この論文は、ネス湖の調査報告でした。「ネス湖の調査で、謎の物体が、写真撮影された」ことが、報告されています。
 謎の物体の正体は、今でも、明らかになっていません。不明瞭なため、何が写っているのか、よくわからないのです。流木か、大きな魚のようにも見えます。
 論文の中では、「これは、ネッシーである可能性がある」とされています。あくまで「可能性がある」であって、絶対にそうだというわけではありません。
 この論文の中で、ネッシーの学名が提唱されています。学名とは、国際的に通用する、正式な生物の名前です。必ず、ラテン語で付けられます。ネッシーの学名は、Nessiteras rhombopteryx【ネッシテラス・ロンボプテリクス】です。
 英国の規則では、「保護動物を指定するには、その生物に、学名が付いていなければならない」そうです。つまり、規則のうえでは、学名さえ付いていれば、未確認動物でも、保護動物にできます。これが、誤解されたのですね。「ネッシーは、規則のうえでは、保護動物にできる」が、「ネッシーは、保護動物にされた」に変わってしまったようです。
 ロマンのない話で、申し訳ありません。でも、科学的な事実と、ロマンとは、分けなければいけませんね。ネッシーがいなくても、世界のロマンは、尽きることはないでしょう。


 過去の記事でも、エイプリルフールや、未確認動物にちなんだ話を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 殻があっても貝じゃない、エボシガイ(2007/10/22)
 人魚のミイラが実在する?(2007/04/01)
 世界最大の亀(カメ)はどこにいる?(2006/04/03)
 偽造の元祖? ピルトダウン人(2006/04/01)
などです。