図鑑.netブログ- zukan.net -

http://blog.zukan.net/blog/

2008年4月23日

世界で最長寿の樹木を発見!

ico_weather_hare.gif


 スウェーデンから、びっくりニュースです。なんと、樹齢が九千年を越える樹木が、発見されました。発見したのは、スウェーデンのウーメオ大学の研究チームです。
 その樹木は、スウェーデンの西部、ノルウェイとの国境に近いほうにあります。マツ科トウヒ属の一種とされます。おそらく、ドイツトウヒでしょう。
 ドイツトウヒは、ヨーロッパトウヒ、オウシュウトウヒなどとも呼ばれます。クリスマスツリーにされる樹ですね。日本でも、防雪林として、北海道などに植えられています。
 トウヒ属の樹木は、多くが、寒い地域に生えます。なのに、常緑です。冬でも緑の姿を、昔の人は、生命力の象徴と見たのでしょう。最長寿の樹に、ふさわしいですね。
 今回、発見されたトウヒは、約9550歳といわれます。ほぼ一万歳です(!)
 これまで「最高齢の樹」とされたのは、北米大陸にある樹でした。二〇〇八年現在で、約4845歳という樹です。同じマツ科ですが、トウヒ属ではなく、マツ属の種です。日本語の種名は、確定していません。ラテン語の学名で、Pinus longaevaという種です。
 今回のニュースの樹は、なぜ、こんなに長生きできたのでしょう? その秘密は、「合体木」にあります。合体木とは、複数の樹がくっついて、一本の樹のようになったものです。巨木には、よく見られます。こうなると、丈夫になるのですね。
 今回のトウヒは、純粋に一本の樹ではなく、合体木だといいます。約9550年という樹齢は、合体しているうちの、一本の樹のもののようです。
 「ずるい、それじゃ『最長寿の樹木』じゃない」と思う方が、いるかも知れませんね。けれども、少なくとも、樹の一部は、九千年以上、生きてきました。
 この樹が最初に芽を出した頃には、まだ、マンモスがいました。ヒトは、石器時代でした。それから、ネット時代の今まで、生き延びたのです。これほどの年月に敬意を表して、「最長寿の樹木」という称号をあげても、いいでしょう。
 この樹の隣にも、樹齢五千年を越える樹が、生きているそうです。何千年も、身を寄せ合って、生き永らえたのでしょう。末永く、共に生きて欲しいですね。


 世界最高齢の樹木のニュースは、以下にあります。
 スウェーデンで世界最古の木発見、樹齢約1万年(AFPBBニュース 2008/04/18)
 樹齢8000年、世界最古の生きた樹木がスウェーデンで発見(technobahn 2008/04/12)


 過去の記事でも、ドイツトウヒを取り上げています。また、なみ外れて長寿の生き物も取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 クリスマスツリーはモミではない?(2005/11/28)
 四百年、生きた貝がいる?(2007/11/01)
 亀(カメ)は本当に長生きか?(2006/01/02)
などです。



図鑑↓↓↓↓↓には、残念ながら、ドイツトウヒは載っていません。そのかわり、同じトウヒ属のエゾマツと、ヤツガタケトウヒが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

http://blog.zukan.net/blog/2008/04/23-post_1081.php
トラックバックhttp://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/1436

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/1436

コメント

Posted by 中路正樹 at 2015年3月 3日 17:26

御訪問させていただきありがとうございます。

魅力のあるブログで大変勉強になりました、

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)