図鑑.netブログ- zukan.net -

http://blog.zukan.net/blog/

2008年6月20日

ヒトの祖先は、ナメクジウオ?




 先日、「脊椎動物【せきついどうぶつ】の祖先が、ナメクジウオだと判明した」ニュースがありました。ナメクジウオが、どんな生き物なのか、知る人は、少ないでしょう。
 ナメクジウオは、魚ではありません。「魚類の、一歩手前の動物」といえます。水中に棲むのは、魚と同じです。泳ぐより、海底の砂に潜っていることが、多いです。
 分類学的には、脊索動物門【せきさくどうぶつもん】頭索動物亜門【とうさくどうぶつあもん】頭索綱【とうさくこう】に属します。頭索綱は、ナメクジウオ綱【こう】とも呼ばれます。小型で、細長く、柔らかい体を持つグループです。
 脊椎動物【せきついどうぶつ】と、脊索動物【せきさくどうぶつ】とは、紛らわしいですね。この二つは、近いけれども、違うものです。脊索動物門【せきさくどうぶつもん】の中に、脊椎動物亜門【せきついどうぶつあもん】が含まれます。魚類も、両生類も、爬虫類、鳥類、哺乳類も、みな、脊索動物門の中の、脊椎動物亜門に属します。
 脊椎動物【せきついどうぶつ】が、何から進化したのかは、以前から、議論の的でした。ナメクジウオは、有力な候補でした。でも、他にも、候補がいたのです。
 脊索動物門の中で、脊椎動物亜門以外のグループとして、頭索動物亜門(ナメクジウオの仲間)以外に、尾索動物亜門【びさくどうぶつあもん】があります。尾索動物亜門には、サルパや、ホヤが属します。サルパやホヤと、ナメクジウオとでは、どちらが脊椎動物に近いのか、わかっていませんでした。それが、はっきりしたわけです。
 今回のニュースの意味は、「サルパやホヤより、ナメクジウオのほうが、脊椎動物に近い」ということです。ナメクジウオは、脊椎動物が生まれた頃の遺伝子を、よく残しています。彼らの遺伝子を調べれば、五億年以上も昔の、生き物の情報が、わかるそうです。
 この研究に使われたのは、フロリダナメクジウオという種です。北米のフロリダに分布します。日本にも、「ナメクジウオ」という種名のものが、分布します。
 ナメクジウオは、きれいな海水にしか、棲めません。そのため、世界各地で、環境汚染に追いつめられています。「進化の生き証人」を、絶滅させてはいけませんね。


 「ナメクジウオの全遺伝情報(ゲノム)を解読した」ニュースは、以下にあります。
 脊椎動物:祖先はナメクジウオ ヒトと遺伝子6割共通(毎日新聞 2008/06/19)
 国際チームがナメクジウオゲノムの解読に成功(日経プレスリリース 2008/06/19)

 今回の研究に使われた「フロリダナメクジウオ」を採集する様子が、以下のブログに載っています。
 ウォルナット・クリーク通信(2006/08/04)


図鑑↓↓↓↓↓には、日本産のナメクジウオが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。


 過去の記事でも、ナメクジウオと同じ脊索動物【せきさくどうぶつ】を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 海中のイルミネーション? ヒカリボヤ(2007/12/10)
 ホヤは脊索【せきさく】動物? 原索【げんさく】動物?(2007/08/28)
 サルパとは、どんな生き物?(2007/05/31)
などです。


http://blog.zukan.net/blog/2008/06/20-post_1109.php
トラックバックhttp://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/1517

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/1517

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)