図鑑.netブログ- zukan.net -

http://blog.zukan.net/blog/

2008年8月31日

シロハラクイナ

ico_weather_hare.gif / ico_weather_ame.gif


 早朝の散歩。シロハラクイナ 画像
和名:シロハラクイナ
学名:Himantopus himantopus
shiroharakuina_MG_0860.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 金武  【2008.08.26】


図鑑↓↓↓↓↓には、シロハラクイナは、残念ながら載っていませんが、同じ仲間のクイナ科の鳥が3種が掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。


2008年8月30日

キノボリトカゲ

ico_weather_hare.gif / ico_weather_ame.gif


 キノボリトカゲ。沖縄などにいるオキナワキノボリトカゲと体色や大きさが異なる。台湾固有亜種。キノボリトカゲ 画像
和名:キノボリトカゲ
学名:Japalura polygonata
080812%E6%B7%A1%E6%B0%B41136_tokage.jpg
080812%E6%B7%A1%E6%B0%B41175_tokage.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

台湾 猫空  【2008.08.12】


図鑑↓↓↓↓↓には、オキナワキノボリトカゲが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年8月29日

孵化【ふか】と羽化【うか】とは、どう違う?

ico_weather_kumori.gif / ico_weather_hare.gif


 夏休みも、終わりですね。宿題に励む方々が、多いでしょう。そこで今回は、生き物の、間違えやすい用語について、解説しますね。
 孵化【ふか】という言葉がありますね。似た言葉で、羽化【うか】というのも、あります。この二つは、よく混同されます。新聞などでも、時おり、間違えています。
 孵化とは、「卵から、子どもが生まれること」です。この言葉は、ほぼ、どんな生き物に対しても、使われます。例えば、以下のようなものです。
 「チョウ(蝶)の卵から、ケムシ(毛虫)が生まれる」、「メダカの卵から、稚魚【ちぎょ】が生まれる」、「カエルの卵から、オタマジャクシが生まれる」、「ニワトリの卵から、雛【ひな】が生まれる」、これらすべてが「孵化」です。羽化ではありません。
 羽化のほうは、主に、昆虫に使われる言葉です。「昆虫が、最後の脱皮をして、成虫になること」を、「羽化」といいます。成虫になると、昆虫は、脱皮しません。
 ところが、ややこしいことが、あります。昆虫は、種によって、成長の仕方に、違いがあるのです。例えば、トンボとチョウとでは、以下のとおり、異なります。
 トンボは、「卵→幼虫(ヤゴ)→成虫」という具合に、成長します。チョウは、「卵→幼虫(イモムシなど)→蛹【さなぎ】→成虫」という具合です。違いますよね?
 トンボには、蛹という段階が、ありません。トンボ以外では、カゲロウや、セミなどが、同じように成長します。蛹の段階がなく、幼虫から、直接、成虫になります。
 蛹から成虫になる場合でも、幼虫から成虫になる場合でも、「羽化」です。つまり、「チョウの蛹から、チョウの成虫が出てくる」ことも、「トンボの幼虫が、脱皮して、成虫になる」ことも、「羽化」と呼びます。孵化ではありません。
 昆虫には、もっと別の成長の仕方をするものも、います。孵化や羽化という段階を、持たない場合も、あります。例えば、「成虫が、卵を産まずに、幼虫を産む」種がいます。これなどは、「孵化」の段階がないわけです。
 生物の用語は、辞書を引いてから使ったほうが、確実ですね。
 


図鑑↓↓↓↓↓には、400種の昆虫が掲載されています。それぞれの種に、成長段階の解説が、付いています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。


 過去の記事でも、孵化【ふか】や、羽化【うか】に関することを、取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
●孵化【ふか】に関連する記事
 【魚類】睨みを利かせるお父さん? オヤニラミ(2008/06/13)
 【無脊椎動物】田んぼの生きている化石、カブトエビ(2007/06/08)
 【鳥類】郭公(カッコウ)はずるい鳥か?(2007/05/25)
 【爬虫類】雌(メス)しかいないトカゲがいる?(2007/03/06)
 【両生類】樹上に卵を産むモリアオガエル(2006/07/10)
 【昆虫】子どもの揺籠【ゆりかご】を作る虫、オトシブミ(2006/06/12)
●羽化【うか】に関連する記事【すべて昆虫】
 アブラゼミの羽化直後の観察(2007/07/18)
 とんぼの眼鏡は水色めがね? シオカラトンボ(2007/05/04)
 はかないようでしぶとい? カゲロウ(2006/09/04)
などです。


2008年8月28日

セイタカシギ

ico_weather_kumori.gif


 朝日を浴びて。セイタカシギ 画像
和名:セイタカシギ
学名:Himantopus himantopus
seitaka_MG_0874.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 金武  【2008.08.22】


図鑑↓↓↓↓↓には、セイタカシギが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年8月27日

ハリガネムシ(針金虫)は、ヒトに寄生する?

ico_weather_hare.gif


 寄生虫(寄生生物)というと、何となく、無気味に感じられますね。そのためか、都市伝説のように語られることも、珍しくありません。例えば、こんなふうです。
 「ハリガネムシという、針金そっくりの虫がいる。道にいるのを、針金だと思って拾うと、爪【つめ】の間から、指に入り込む。そうして寄生される」などというものです。
 もちろん、これは「伝説」です。本当ではありません。
 ハリガネムシという生き物がいるのは、本当です。外見が、針金に似るのも、本当です。けれども、ヒトに寄生することは、まずありません。
 厳密に言えば、ごく少数、ヒトに寄生した例があります。しかし、それは、交通事故に遭【あ】うより、ずっと少ない確率です。「交通事故に遭うかも知れないから、家から出るのをやめる」なんてことは、ありませんよね? 心配する必要は、ありません。
 ハリガネムシは、寄生生物です。寄生する相手――宿主【しゅくしゅ】といいます――は、昆虫です。カマキリに、よく寄生します。バッタなど、他の昆虫にも、寄生します。寄生するのは、ハリガネムシの幼虫だけです。成虫は、どんな生き物にも、寄生しません。
 普通に目にするハリガネムシは、成虫です。幼虫は、宿主の体内にいるため、見られないのですね。成虫は、淡水の中で生活します。成虫になると、物を食べません。
 何かの間違いで、ハリガネムシの成虫が、水へ入れないことがあります。そうすると、体が乾燥して、硬くなります。その状態が、「針金そっくり」なのですね。水に入れば、柔らかくなります。陸上でも水中でも、元気な時は、のたうつように動きます。
 近年まで、ハリガネムシは、類線形動物門【るいせんけいどうぶつもん】に属する、という説が、主流でした。最近では、線形動物門【せんけいどうぶつもん】類線形動物亜門【るいせんけいどうぶつあもん】ハリガネムシ目【もく】という説が、有力です。
 本やウェブサイトによっては、線形動物門ではなく、袋形動物門【たいけいどうぶつもん】となっていることもあります。これは、明らかに、古い分類です。
 生き物の分類は、たびたび変わります。調べものをするには、注意が必要ですね。



図鑑↓↓↓↓↓には、残念ながら、ハリガネムシは載っていません。けれども、ハリガネムシが寄生するカマキリや、バッタの仲間が、合わせて四十種以上が掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。


 過去の記事で、ハリガネムシが寄生するカマキリやバッタを取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 精霊【しょうりょう】バッタとは、どんなバッタ?(2007/08/15)
 トノサマバッタの飛蝗【ひこう】発生?(2007/06/18)
 キリギリスは草食か肉食か?(2006/06/30)
 カマキリは雪を予知する?(2005/11/18)
 などです。


2008年8月26日

新種のエイ、新種のイルカを発見

ico_weather_ame.gif / ico_weather_kumori.gif


 二つの新種のニュースが、届きました。一つは魚類で、もう一つは哺乳類です。

 魚類のほうは、エイの新種です。通称「マンタ」と呼ばれるエイを、御存知ですか? 正式な日本語名では、オニイトマキエイという種です。この種が、二種に分かれるらしいことが、判明しました。新しい種名は、まだ、付いていません。
 これまで、「オニイトマキエイ」とされていたものには、大きさや、生態が違うグループが、二つあるようです。小さいほうのグループは、沿岸の海に棲みます。一年中、同じ海域にいます。ダイバーが出会うのは、ほとんどが、こちらのグループです。
 大きいほうのグループは、主に、外洋に棲むようです。広い海域を、回遊していると見られます。こちらのグループは、これまで、存在が知られませんでした。
 この研究成果により、「オニイトマキエイ」という種名は、なくなるかも知れません。少なくとも、新しい種名が、一つは、できるでしょう。

 哺乳類の新種は、カワイルカの一種です。南米のボリビアで、発見されました。
 以前から、ボリビアには、カワイルカ(淡水のイルカ)がいることが、知られました。それは、「アマゾンカワイルカ」だと思われていました。アマゾンカワイルカは、ブラジル、ペルー、コロンビア、ベネズエラなどに分布します。
 ところが、ボリビアのカワイルカは、「アマゾンカワイルカとは、別種らしい」と、判明しました。体色や、歯の数などが、他の水域のアマゾンカワイルカとは、違うそうです。
 ボリビアのカワイルカには、新たな種名が付けられました。ラテン語の学名を、Inia boliviensisといいます。日本語名は、「ボリビアカワイルカ」のようです。

 前記のように、今まで一つの種だと思われたものが、二つ以上の種に、分かれることがあります。新種の発見には、このような場合も、多いです。自然は、まだまだ多くの神秘を、人間から隠しているのでしょう。

 新種のエイのニュースと、新種のカワイルカのニュースは、以下にあります。
 マンタの新種が発見される(ナショナル・ジオグラフィック・ニュース 2008/07/31)
 ボリビアのカワイルカは新種と判明(ナショナル・ジオグラフィック・ニュース 2008/08/20) 



図鑑↓↓↓↓↓には、五十種以上の魚類と、八十種以上の哺乳類が掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。


2008年8月25日

ウミユリ(海百合)は、海底に咲く花?

ico_weather_ame.gif / ico_weather_kumori.gif


 深海には、珍しい生き物が、多いですね。ウミユリが、その一つです。
 ウミユリは、棘皮動物門【きょくひどうぶつもん】ウミユリ綱【こう】に属する「動物」です。広い意味でいえば、ウニやナマコやヒトデの仲間(棘皮動物【きょくひどうぶつ】)です。けれども、ウミユリは、ウニともナマコともヒトデとも、似ていません。
 名のとおり、ウミユリは、植物のように見えます。長い柄【え】で、海底に付いています。ゆっくりならば、移動もできます。柄の先に、花に似た部分があります。
 花びらに見えるのは、腕【うで】です。ヒトデの腕と同じもの、と思って下さい。ヒトデの腕と違うのは、細かい触手のようなもの――羽枝【うし】といいます――が、たくさん付いていることです。羽枝は、餌を取るのに、使われます。
 ウミユリの餌は、海水中の、小さな有機物です。生物の死骸の破片や、プランクトンなどですね。羽枝のある腕で、海水中の食べ物を、かき集めます。
 現生のウミユリは、すべて深海産です。最も浅いところでも、100mを越える海にいます。深いところでは、6000mほどの海にもいます。
 ウミユリは、生きている化石です。大昔、一億年ほど前までは、浅い海にもいたことが、わかっています。なぜ、現在のウミユリは、深海にしか、いないのでしょう? 
 じつは、現在の浅海には、ウミユリから進化した生き物がいます。ウミシダです。
 ウミシダ(海羊歯)も、棘皮動物門ウミユリ綱に属します。ウミユリ直系の子孫です。偶然ですが、やはり、植物のシダに似ます。ウミユリと違い、長い柄が、ありません。
 ウミシダと比べて、ウミユリには、何か、不利な点があるのですね。そのために、「暮らしにくい深海へと、追い出された」と考えられています。
 ウミユリよりも、ウミシダのほうが、活動的です。ウミシダは、かなりの速さで、歩いて移動できます。泳げる種も、多いです。長い柄がない分、有利なようです。
 ウミユリは、時代遅れの生き物かも知れません。しかし、深海で、たくましく生きています。大絶滅の時代を、何回もくぐり抜けました。生き物の大先輩ですね。



図鑑↓↓↓↓↓には、ウミユリは載っていません。そのかわり、ウミユリの直系の子孫、ウミシダの一種(ニッポンウミシダ)が掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。


 過去の記事で、ウミユリの仲間のウミシダを取り上げています。また、他の深海の生き物も、取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 本当にあった不思議なカレイの話(2008/01/25)
 植物? いえ動物です。ウミシダ(海羊歯)(2007/11/26)
 新種のクシクラゲ? 発見(2007/06/13)
 希少なサメ(鮫)、メガマウスの撮影に成功(2007/06/12)
 深海にすむ『サメハダホウズキイカ』定置網にかかる(2007/4/17)
などです。


2008年8月24日

sunset

ico_weather_kumori.gif / ico_weather_ame.gif


 sunset 画像
080812_taipei14_sunset.jpg


※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

台湾 淡水  【2008.08.12】

2008年8月23日

キリンソウ

ico_weather_kumori.gif / ico_weather_ame.gif


 キリンソウ 画像
和名:キリンソウ
学名:Sedum aizoon L.
kirinnsouIMG_0152%20%284%29.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

長野 蓼科  【2008.08.03】


図鑑↓↓↓↓↓には、キリンソウが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年8月22日

ウミヘビ(海蛇)は、危険な毒蛇か?

ico_weather_hare.gif


 サンゴ礁の海は、生き物の宝庫ですね。思いがけない生き物も、そのメンバーに入っています。例えば、ウミヘビです。名のとおり、海に棲むヘビですね。
 ウミヘビには、たくさんの種がいます。多くが、熱帯の海に棲みます。日本の沿岸では、南西諸島や小笠原諸島で、見られます。本土のほうでも、見られることがあります。
 「ウミヘビは、毒ヘビだ」と、聞いたことがありませんか? これは、本当です。けれども、安心して下さい。大部分のウミヘビは、おとなしいです。危険はありません。
 ウミヘビの生態は、よくわかっていません。水中に棲むため、観察が難しいのですね。何を食べるのか、不明な種もいます。多くの種は、魚類を食べるようです。
 中には、陸に上がるウミヘビもいます。エラブウミヘビなどが、そうです。エラブウミヘビは、比較的、生態が知られるウミヘビです。若いうちは、縞模様が目立ちます。
 すべてのウミヘビが、上陸するわけではありません。多くの種は、一生、陸に上がりません。繁殖さえ、水中で行ないます。水中に、卵ではなく、子どもを産みます。
 エラブウミヘビは、違います。彼らは、毎日、上陸します。休息する時には、陸に上がるのですね。夜行性のため、昼間、陸で休息します。
 彼らは、産卵の時にも、上陸します。彼らの卵は、水中では、育たないからです。
 ヒロオウミヘビや、アオマダラウミヘビも、エラブウミヘビと似た生活をします。これら三種は、外見も似ています。見た目どおり、互いに、近縁です。どの種も、コブラ科エラブウミヘビ属に属します。(コブラ科ではなく、ウミヘビ科という説もあります)
 エラブウミヘビ属の種は、他のウミヘビとは、違うグループのようです。生活の一部を、陸に依存するからです。「他のウミヘビより、後から海へ入った」と考えられています。ウミヘビの進化を知るために、貴重なグループですね。
 エラブウミヘビ属に限らず、ウミヘビには、黒い縞模様のある種が、多いです。これは、警戒色だとされています。「ぼくらは毒があるぞ。危険だから、近寄らないで」と、周囲に示すわけです。彼らの毒は、身を守るためのものなのですね。



図鑑↓↓↓↓↓には、エラブウミヘビが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。


 過去の記事でも、ウミヘビの仲間を取り上げています。また、エラブウミヘビと同じく、南西諸島に分布するヘビも取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 人に化ける蛇(ヘビ)? アカマタ(2007/8/20)

 「三すくみ」は嘘だった? 蛇はナメクジも平気(2007/2/15)
 ウミヘビ(海蛇)は龍神の使い?(2006/10/30)
などです。


2008年8月21日

ホタルブクロ(ヤマホタルブクロ)

ico_weather_hare.gif / ico_weather_ame.gif


 ホタルブクロ(ヤマホタルブクロ) 画像
和名:ホタルブクロ
学名:Campanula punctata Lam.
yamahotarubukuro_IMG_00261%20%281%29.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

長野 蓼科  【2008.08.03】


図鑑↓↓↓↓↓には、ホタルブクロが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年8月20日

キンイロアブ




 吸血性アブ。キンイロアブ 画像
和名:キンイロアブ
学名:Hirosia sapporoensis
kinniroabuIMG_0176%20%283%29.jpg
kinniroabuIMG_0176%20%2810%29.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

長野 蓼科  【2008.08.03】

常夏【とこなつ】の花とは、どんな花?

ico_weather_hare.gif


 常夏といえば、現在では、「一年中が夏のような気候」を指しますね。けれども、平安時代の日本では、違いました。常夏とは、植物を指す言葉でした。
 それは、ナデシコ(撫子)のことです。秋の七草の一種として、知られますね。正確には、カワラナデシコという種の草です。秋の七草なのに、なぜ、「常夏」なのでしょう?
 カワラナデシコは、秋にしか、咲かないわけではありません。夏から秋にかけてが、花期です。秋に、夏の名残のように咲く姿から、「常夏」と付けられたようです。
 カワラナデシコは、日本土着の植物です。ナデシコ科ナデシコ属に属します。
 ナデシコ属の植物は、外国にも、多いです。いくつかの種は、日本に移入されました。観て楽しむためです。中国産のナデシコなどは、早くも、平安時代の日本にありました。カラナデシコ(唐撫子)、セキチク(石竹)などと呼ばれるものです。
 土着のカワラナデシコも、早くから、栽培されました。観賞するためです。中国産のナデシコと交配されたりして、多くの品種が作られました。中には、とてつもない品種があります。「花びらが長すぎて、垂れている」というものです。
 それは、「伊勢撫子【いせなでしこ】」と呼ばれる品種の一群です。花びらの長さが、20cm以上になるものもあります。花びらは、それぞれ、先が細かく分かれて、よじれています。まるで、「髪を縦ロールに巻いたお嬢さま」みたいです。
 伊勢ナデシコは、人間が手伝わないと、花が開きません。花びらが変形しすぎたため、開く途中で、引っかかってしまうのですね。特殊な櫛【くし】を使って、人がすいてあげるそうです。まさに「お嬢さま」ですね。
 私は、伊勢ナデシコの実物を、見たことがあります。確かに、見事な花でした。ですが、野にあるカワラナデシコのほうが、好きですね。素朴な風情があります。
 源氏物語に「常夏の女」という人物が、登場します。これは、「夕顔」の別名です。光源氏に愛されながら、若くして亡くなる女性ですね。彼女のイメージには、伊勢ナデシコでは、人工的すぎるでしょう。野のカワラナデシコが、ふさわしいと思います。



図鑑↓↓↓↓↓には、カワラナデシコが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。


 過去の記事でも、秋の七草を取り上げています。また、源氏物語に関係する生き物も、取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 古代の「朝顔」は、キキョウ(桔梗)?(2008/08/08)
 「朝顔」は、謎の植物?(2008/07/21)
 ムクゲ(木槿)は昔、朝顔だった?(2008/07/04)
などです。



2008年8月19日

ノシメトンボ

ico_weather_kumori.gif / ico_weather_ame.gif


 ノシメトンボ 画像
和名:ノシメトンボ
学名:Sympetrum infuscatum
%E3%83%8E%E3%82%B7%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%9C_MG_0182.jpg
%E3%83%8E%E3%82%B7%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%9C_MG_0192.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

長野 蓼科  【2008.08.03】


図鑑↓↓↓↓↓には、ノシメトンボが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

アフリカ中部で、新種の鳥を発見

ico_weather_hare.gif


 アフリカ中部にあるガボンから、新種のニュースが届きました。ガボンは、アフリカ西岸の、ギニア湾に面した国です。ここで、かわいい小鳥の新種が、発見されました。
 それは、日本のコマドリ(駒鳥)に、近縁な種です。同じヒタキ科、または、ツグミ科に属します。コマドリは、「ヒタキ科に属する」説と、「ツグミ科に属する」説とが、あります。今回の新種の外見は、コマドリより、ムギマキという種に似ています。
 今回の新種に最も近縁なのは、シロボシヒメコマドリという種です。シロボシヒメコマドリは、ギニア湾沿いの西岸から、インド洋に面した東岸まで、アフリカ中部に、広く分布します。ガボンにも、分布します。
 今回の新種は、ラテン語の学名を、Stiphrornis pyrrholaemusと付けられました。日本語名は、現在のところ、付いていません。
 これまで、ヒタキ科(または、ツグミ科)のStiphrornis属に属する種は、シロボシヒメコマドリだけ、とされていました。今回の新種が発見されたことで、Stiphrornis属に、もう一種、加わりました。ちなみに、日本のコマドリは、ヒタキ科(または、ツグミ科)のコマドリ属(ラテン語の学名では、Erithacus属)に属します。
 写真で見る限り、シロボシヒメコマドリと、今回の新種は、よく似ています。普通の人が野外で会ったら、区別が付かないでしょう。今回、ニュースで配信されている新種の画像は、雄(オス)のものだそうです。
 じつは、今回の新種が発見されたのは、二〇〇一年のことでした。新種だとわかるには、時間がかかるのですね。今回の場合、七年かかりました。
 まず、得られた標本を、他の標本と、比較しなければなりません。これだけで、膨大な作業です。近年では、それに加えて、DNA(遺伝子)解析がされることが、多いですね。今回も、DNA解析が、行なわれたそうです。
 今回の新種については、まだ、ほとんどのことが、わかっていません。食べ物も、分布域も、繁殖の仕方も、不明です。すべて、これからの調査にかかっています。


 コマドリに近縁な新種のニュースは、以下にあります。
 ガボンで新種の鳥発見??コマドリ似、胸はオレンジ(47ニュース 2008/08/16)
 ガボンでオリーブ色の背を持つ新種の鳥見つかる(AFPBBニュース 2008/08/17)

 今回の新種と最も近縁な「シロボシヒメコマドリ」の画像が、以下にあります。
 東アフリカの動物たち(Vladimir Dinets Homepage)※解説は英語です。ページの中央あたりにある「Forest robin」が、シロボシヒメコマドリのことです。
 シロボシヒメコマドリ画像(Birding Hotspots Around The World)



図鑑↓↓↓↓↓には、今回の新種と近縁なコマドリ、アカヒゲなどが、掲載されています。今回の新種と外見が似ているムギマキも掲載されています。ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。


 過去の記事でも、新種や珍種の鳥を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 新種・珍種がざっくざく、南硫黄島【みなみいおうとう】(2008/06/10)
 ダイトウウグイス復活!(2008/05/29)
 ガーナの宝冠:西アフリカの希少な生き物たち(2008/05/16)
 ブラジルで、14もの新種を発見(2008/05/03)
 楽園の鳥の楽園? インドネシアのパプア州とパプア・ニューギニア(2006/02/09)
などです。

2008年8月18日

スベスベマンジュウガニの名の由来は?

ico_weather_hare.gif


 日本のカニ(蟹)のうち、最も有名なのは、何でしょうか? スベスベマンジュウガニかも知れません。名前が面白いですよね。
 スベスベマンジュウガニは、日本で、普通に見られるカニです。房総半島以南に分布します。深い海へ行かなくても、磯でも見られます。海水浴で、会えるかも知れません。
 なぜ、こんな種名が付いたのでしょうか? スベスベマンジュウガニは、オウギガニ科マンジュウガニ属の一種です。同じマンジュウガニ属の仲間に、アカマンジュウガニ、ホシマンジュウガニなどがいます。饅頭【まんじゅう】のように、丸っこいカニたちです。マンジュウガニの仲間で、「体がすべすべ」だから、スベスベマンジュウガニです。
 カニの中には、他にも、「スベスベ何とか」という種名のものがいます。例えば、スベスベオウギガニです。スベスベオウギガニは、イソオウギガニ科スベスベオウギガニ属に属します。体がすべすべなのは同じでも、スベスベマンジュウガニとは、遠縁です。
 ヤドカリの中にも、スベスベサンゴヤドカリという種がいます。ヤドカリ科サンゴヤドカリ属の一種です。この種も、きっと、体のどこかが「すべすべ」なのでしょう。
 中で、極めつけに、矛盾した種名のカニがいます。「スベスベケブカガニ」です。漢字で書けば、「すべすべ毛深蟹」です。なぜ、こんなに、変すぎる種名なのでしょうか?
 スベスベケブカガニは、ケブカガニ科スベスベケブカガニ属に属します。ケブカガニ科の一種なのに、毛深くないのですね。そこで、スベスベケブカガニと名づけたようです。「面白さを狙って、やったんじゃないか?」と、疑ってしまいますね(笑)
 さて、スベスベマンジュウガニというのは、日本語の名前です。国際的には、ラテン語の学名で、呼ばれます。スベスベマンジュウガニの学名は、Atergatis floridusです。Atergatis【アテルガティス】というのが、「マンジュウガニ属」を示します。
 このAtergatisとは、何と、女神の名前なのですね。古代シリアの魚の女神、アテルガティスから取っています。この女神は、アタルガティスAtargatisとも呼ばれます。
 マンジュウガニの何を見て、女神の名を付けたのでしょうか? これも面白いですね。



図鑑↓↓↓↓↓には、スベスベマンジュウガニが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。


 目高蟹【めだかがに】とは、ツノメガニ?(2008/07/07)
 毛蟹【けがに】は、なぜ毛だらけ?(2007/11/30)
 カニでないカニがいる?(2006/12/24)
 タコノマクラの花びら模様は、いったい何?(2008/01/25)
 突然の人気者? スカシカシパン(2008/01/10)
などです。


2008年8月17日

ヤマハギ

ico_weather_kumori.gif /ico_weather_ame.gif


 ヤマハギ 画像
和名:ヤマハギ
学名:Lespedeza bicolor
%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%8F%E3%82%AE_MG_0197.jpg
%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%8F%E3%82%AE_MG_0198.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

長野 蓼科  【2008.08.03】

2008年8月16日

ヤナギラン

ico_weather_hare.gif


 ヤナギラン 画像
和名:ヤナギラン
学名:Epilobium angustifolium
%E3%83%A4%E3%83%8A%E3%82%AE%E3%83%A9%E3%83%B3_MG_0433%20%281%29.jpg
%E3%83%A4%E3%83%8A%E3%82%AE%E3%83%A9%E3%83%B3_MG_0433%20%287%29.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

長野 蓼科  【2008.08.02】


2008年8月15日

豪華絢爛【ごうかけんらん】、日本のカミキリムシ

ico_weather_hare.gif


 夏休みの自由研究に、昆虫採集を選んだ人は、いませんか?
 昆虫採集で、私のお勧めは、カミキリムシの仲間ですね。毒などの危険性が、ないからです。安心して、採集できます。そのうえ、美しい種も、多いです。以下に、カミキリムシの中の「美虫」を紹介しましょう。
 例えば、オオアオカミキリです。全身、金緑色をしています。山地の広葉樹林に棲みます。よく似た美種として、アカアシオオアオカミキリ、アオカミキリがいます。
 カラカネハナカミキリも、金属光沢があります。オオアオカミキリより、暗い色合いです。見る角度により、赤紫や、藍色【あいいろ】に光ります。大人っぽい豪華さ、と言えますね。やはり、山地の広葉樹林に棲みます。
 キボシカミキリや、ゴマダラカミキリは、住宅街でも見られるカミキリムシです。この二種は、モノトーンのおしゃれさんです。どちらの種も、長い触角が、白と黒の、二色に塗り分けられています。(地域により、体色には変異があります)
 ルリボシカミキリは、「日本一の美カミキリムシ」との声があります。瑠璃色【るりいろ】の体に、黒い斑点が付いています。ひとめ見たら、忘れられません。山地の広葉樹林に棲みます。昆虫好きなら、一度は、実物に会いたい種ですね。
 こんなに美しいカミキリムシたちは、何を食べるのでしょうか? 種により、違います。例えば、カラカネハナカミキリの成虫は、花の蜜や花粉を食べます。「ハナ」カミキリの名のとおりですね。ゴマダラカミキリの成虫は、生木の樹皮をかじります。
 幼虫は、何を食べるのでしょう? 幼虫の食べ物は、どの種でも、似ています。草の茎や、木の幹を食べます。ただし、細かいところは、違います。どんな種の植物を食べるのか、また、生木を食べるのか、朽ち木を食べるのか、などは、種によって違います。
 おかげで、「どんな種のカミキリムシが、どれだけいるか」がわかると、その地域の植物の状態が、わかります。カミキリムシを見ることで、森林の「健康診断」ができるのですね。昆虫採集も、ちょっと工夫すれば、こんな研究ができます。



図鑑↓↓↓↓↓には、オオアオカミキリ、カラカネハナカミキリ、キボシカミキリ、ゴマダラカミキリ、ルリボシカミキリなど、四十種以上のカミキリムシが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。


 過去の記事でも、カミキリムシの仲間を取り上げています。また、夏休みの自由研究に使えそうな昆虫も、取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 キノコの傘で雨宿り? キノコムシたち(2008/06/16)
 謎の円盤UFO? いえ、カメノコハムシです(2008/03/10)
 トラフカミキリは、スズメバチのそっくりさん(2007/09/21)
などです。



2008年8月14日

ミツモトソウ

ico_weather_hare.gif


 ミツモトソウ 画像
和名:ミツモトソウ
学名:Potentilla cryptotaeniae
%E3%83%9F%E3%83%84%E3%83%A2%E3%83%88%E3%82%BD%E3%82%A6_MG_0235.jpg
%E3%83%9F%E3%83%84%E3%83%A2%E3%83%88%E3%82%BD%E3%82%A6_MG_0237.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

長野 蓼科  【2008.08.03】


2008年8月13日

夏の海のカモメ? いえ、アジサシです

ico_weather_kumori.gif


 夏休み、海へ出かける方が多いでしょう。海辺で白っぽい鳥を見たら、すべて、カモメ(鴎)だと思っていませんか?
 じつは、「日本近海で、夏に見られる白っぽい鳥」は、カモメでないことが多いです。「カモメでなければ、何なの?」と思うでしょうね。アジサシ(鯵刺)です。
 アジサシも、カモメと同じように、海鳥です。色も、カモメと同様、白っぽいことが多いです。けれども、よく見れば、カモメと違うところがあります。
 まず、見られる季節が違います。カモメの仲間は、多くが冬鳥です。日本では、秋から春先までしか、見られません。(ウミネコなど、一部に、例外の種がいます) 対して、アジサシの仲間は、夏鳥か、旅鳥です。日本では、春から秋口にしか、見られません。
 カモメの仲間は、北方系です。アジサシの仲間は、南方系です。ですから、アジサシの仲間は、暖かい季節にしか、日本にいません。熱帯へ行けば、一年中、見られます。
 次に、カモメとアジサシでは、大きさが違います。普通、アジサシのほうが小型です。
 姿かたちも、違います。全体的に、アジサシのほうが、スマートです。翼は、カモメより、アジサシのほうが、細長い感じです。嘴【くちばし】も、アジサシのほうが、細く、鋭いです。尾の形も、アジサシのほうが、細く、尖った感じです。ツバメのように、両脇が突出した尾の種もいます。
 アジサシの仲間のうち、日本に多いのは、コアジサシと、アジサシです。ややこしいことに、「アジサシ」という種名の鳥がいるのですね。「アジサシ」という言葉は、アジサシという種を指す場合と、アジサシ類全体を指す場合とがあります。
 広い意味では、アジサシの仲間と、カモメの仲間とは、近縁です。同じチドリ目カモメ科に属するからです。カモメ科の中の、アジサシ属、クロアジサシ属などに属する種が、アジサシと呼ばれます。(分類に関しては、異説もあります)
 コアジサシや、種名アジサシの一部にとっては、日本が故郷です。夏、日本で繁殖するからです。彼らが、安心して子育てできる国にしたいですね。 


図鑑↓↓↓↓↓には、コアジサシと、種名アジサシが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。


 過去の記事で、アジサシの仲間の写真や、アジサシと紛らわしいカモメを取り上げています。また、これからの季節、海辺で見られる旅鳥も取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 シギ(鴫)の嘴【くちばし】は、なぜいろいろある?(2007/08/27)
 コアジサシ【画像】(2007/05/11)
 カモメは冬にしかいない?(2006/10/23)
などです。
 

2008年8月12日

タテヤマウツボグサ

ico_weather_kumori.gif / ico_weather_ame.gif


 タテヤマウツボグサ 画像
和名:タテヤマウツボグサ
学名:Prunella prunelliformis
%E3%82%BF%E3%83%86%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%84%E3%83%9C%E3%82%B0%E3%82%B5_MG_0174.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

長野 蓼科  【2008.08.03】


図鑑↓↓↓↓↓には、タテヤマウツボグサは残念ながら載っていませんが、ウツボグサが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。


2008年8月11日

ネムリブカは、眠るサメ?

ico_weather_hare.gif


 サメ(鮫)といえば、恐ろしい魚の代名詞ですね。けれども、ヒトを襲うサメは、そう多くありません。ホホジロザメなど、ごく一部の種だけです。
 大部分のサメは、ヒトを、食べ物にしません。近年、ようやく、それが知られてきました。逆に、一部では、サメに人気が出ています。観賞用として、です。
 例えば、ネムリブカなどは、ダイビングをする人に、人気があります。
 ネムリブカは、サンゴ礁の海に、普通にいるサメです。体がスマートで、いかにも「サメらしい」姿です。大きさも、1mをゆうに越えます。迫力がありますね。
 それでいて、性質は、おとなしいです。そのうえ、平凡なサメなので、出会いやすいです。「実際に、近くで見られるサメ」として、ダイバーに喜ばれます。
 ネムリブカがおとなしいのは、夜行性だからです。普通、ダイバーが潜るのは、昼間ですね。ネムリブカが、休む時間帯です。肉食の生き物でも、休息中は、おとなしいものです。昼のネムリブカは、じっとしているか、のんびりと動くだけです。
 しかし、夜のネムリブカは、違います。夜は、活発です。他の魚などを、襲って食べます。夜にダイビングをする時には、近づかないようにしましょう。
 昼のネムリブカも、いたずらしてはいけません。ヒトだって、眠りを邪魔されれば、怒りますよね。サメも同じです。そっと、観察しましょう。
 「眠り」と書きましたが、ネムリブカの「眠り」=休息については、わからないことが多いです。ヒトと違い、完全に意識を失って眠ることは、ないようです。
 「サメは、ずっと泳ぎ続けていないと、死ぬ」という話を、聞いたことがありませんか? 「サメは、泳ぎ続けないと、呼吸ができない。だから、眠らない(休息しない)」というものです。この話は、誇張されたものです。そのようなサメは、ほとんどいません。
 多くのサメは、泳ぎ続けなくても、ちゃんと呼吸ができます。ネムリブカも、そうです。鰓蓋【えらぶた】を動かして、水を、鰓【えら】に通す仕組みがあります。
 サメには、いろいろ「伝説」が付きものです。でも、本当の姿は、まだ、謎です。 


図鑑↓↓↓↓↓には、ネムリブカや、同じメジロザメ目の、オグロメジロザメが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

 過去の記事でも、サメの仲間を取り上げています。よろしければ、以下の記事も、御覧下さい。
 「希少なサメ(鮫)、メガマウスの撮影に成功(2007/06/12)
 人食いザメより、サメ食い人のほうが多い?(2007/05/31)
 定置網に「ウバザメ」!! 茨城県日立沖(2007/04/25)
 ラブカはなぜ「生きている化石」か?(2007/01/27)
 ホオジロザメ(ホホジロザメ)は、本当にヒトを食うか?(2005/11/25)
などです。
 


2008年8月10日

トラマルハナバチ

ico_weather_hare.gif


 トラマルハナバチ 画像
和名:トラマルハナバチ
学名:Bombus diversus
%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%8A%E3%83%90%E3%83%81_MG_0215.jpg
%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%8A%E3%83%90%E3%83%81_MG_0218.jpg
%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%8A%E3%83%90%E3%83%81_MG_0219.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

長野 蓼科  【2008.08.03】


図鑑↓↓↓↓↓には、トラマルハナバチが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。


2008年8月 9日

クガイソウ

ico_weather_hare.gif


  クガイソウ 画像
和名:クガイソウ
学名:Veronicastrum sibiricum
%E3%82%AF%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%82%A6_MG_0030.jpg
%E3%82%AF%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%82%A6_MG_0030%20%284%29.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

長野 蓼科  【2008.08.02】
 

2008年8月 8日

古代の「朝顔」は、キキョウ(桔梗)?

ico_weather_hare.gif


 キキョウは、秋の七草の一つといわれますね。けれども、キキョウの花は、まだ暑い盛りから、咲き始めます。青い花が、涼しさを誘いますね。
 秋の七草は、万葉集で挙げられました。万葉集の「朝貌【あさがお】の花」は、現在のキキョウを指すとされます。少なくとも、現在のアサガオでないことは、ほぼ確実です。アサガオは、奈良時代末期以降に、日本に来たからです。
 しかし、古代の「朝顔」が、すべてキキョウとは、限りません。昔の日本では、いろいろな種の植物が、「朝顔」と呼ばれました。
 例えば、源氏物語にも、「朝顔」が登場します。源氏物語の「朝顔」は、ムクゲか、現在のアサガオのようです。キキョウとは思えない表現をされています。
 ただし、最も古くから「朝顔」と呼ばれたのは、おそらく、キキョウでしょう。キキョウは、日本土着の植物だからです。他種の「朝顔」は、外来種が多いです。
 野生のキキョウは、日本では、山地の草原に生えます。日当たりが良く、乾いていて、涼しい草原です。朝鮮半島や、中国大陸にも、日本と同種のキキョウがあります。やはり、同じような草原に生えます。大陸のほうには、そのような草原が、多いです。
 じつは、キキョウは、地質時代の「生き証人」です。はるか昔、日本列島は、大陸とつながっていました。氷河時代のことです。その頃から、キキョウは、大陸と、そこにつながった日本とに、分布していました。地続きですから、当然ですね。その頃の日本には、今よりも、乾燥した涼しい草原が、広がっていました。
 やがて、氷河時代が、終わります。日本列島は、大陸から離れました。そのため、日本のキキョウは、朝鮮半島や中国大陸の仲間と、分断されます。でも、キキョウが好む草原は、日本の山地に残りました。おかげで、キキョウは、日本で生きてきました。
 ところが、近年、野生のキキョウが減っています。キキョウが好む草原が、なくなっているからです。草原は、人間によって、開発されやすいのですね。このままでは、せっかくの「生き証人」が、いなくなります。キキョウの場所も、残したいですね。 


図鑑↓↓↓↓↓には、キキョウが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。 

 過去の記事でも、秋の七草を取り上げています。また、キキョウと同じく「朝顔」の名を持つ植物も、取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 「朝顔」は、謎の植物?(2008/07/21)
 ムクゲ(木槿)は昔、朝顔だった?(2007/07/04)
 フジバカマは桜餅【さくらもち】の香り?(2007/09/1
 人間とは持ちつ持たれつのススキ(2006/10/01)
 ハギという植物はない?(2005/09/27)
などです。


2008年8月 7日

ヤマオダマキ

ico_weather_hare.gif


 黄色い花は、キバナヤマオダマキという。 ヤマオダマキ 画像
和名:ヤマオダマキ
学名:Aquilegia buergeriana Siebold & Zucc.
%E3%82%AD%E3%83%90%E3%83%8A%E3%82%AA%E3%83%80%E3%83%9E%E3%82%AD_MG_0159.jpg
%E3%82%AD%E3%83%90%E3%83%8A%E3%82%AA%E3%83%80%E3%83%9E%E3%82%AD_MG_0163.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

長野 蓼科  【2008.08.03】
 


図鑑↓↓↓↓↓には、ヤマオダマキが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年8月 6日

ノネコ




 首輪はしているけど、飼い猫というわけではない。でも、とっても人が好き。テトラポットの隙間が寝床。 ノネコ 画像
和名:ノネコ
学名:Felis catus
cat_MG_0048.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 金武  【2008.07.12】
  

世界最小のヘビ?を発見




 カリブ海に浮かぶ島国、バルバドスから、興味深いニュースが届きました。「おそらく、世界最小と思われるヘビ(蛇)が、見つかった」というのです。
 そのヘビは、長さが10cmほどしかありません。太さは、細めのスパゲティくらいです。ヘビというより、黒っぽいミミズに見えます。無毒のヘビです。
 このヘビは、これまでに知られない新種です。ラテン語の学名を、Leptotyphlops carlaeと付けられました。日本語名は、付けられていません。ホソメクラヘビ科に属します。
 この新種は、石の下や、土の中に棲むようです。「シロアリの成虫や、幼虫を食べる」と推定されています。ホソメクラヘビ科の種は、みな、そのような生活だからです。
 日本には、ホソメクラヘビ科のヘビは、分布しません。よく似たメクラヘビ科の種が、分布します。ブラーミニメクラヘビという種です。ただし、この種は、近年になってから、日本に来ました。外来種ですね。いつ、どこから来たのかは、わかっていません。
 今回の新種ヘビは、二〇〇六年に、発見されていました。けれども、新種かどうか、確認するのに、時間がかかりました。やっと、二〇〇八年になって、発表できました。
 じつは、この新種の標本らしきものが、以前から、博物館にあったようです。英国のロンドン自然史博物館に一つ、マルティニーク島の博物館に二つです。マルティニーク島は、バルバドスと同じく、カリブ海に浮かぶ島です。フランスの領土です。
 前記のとおり、生物の研究には、時間がかかります。採集されたものの、研究が進んでいない標本が、少なくありません。特に、小さな生物は、そうなりやすいです。研究が、困難だからです。小さいものは、解剖するのも、大変ですよね。
 カリブ海の島々には、同じような小型のヘビが、分布しています。例えば、マルティニーク島には、今回の新種より5mmほど長いだけの種が、分布します。また、セントルシアという島国でも、今回の新種と似た別種が、発見されました。
 これらのヘビは、どの種も、絶滅の危機にあります。人間により、生息地の森林が、切り開かれているからです。貴重なヘビたちを、保護して欲しいですね。


 「世界最小のヘビ」のニュースは、以下にあります。
 世界最小のヘビを発見(ナショナル・ジオグラフィック・ニュース 2008/08/03) 
 長さ10センチ、太さはめんほど??世界最小、新種のヘビ(47ニュース 2008/08/04)
 世界最小のヘビが発見される(BBC News 2008/08/03)  ※英語の解説です。
 スパゲティほど細い、世界最小のヘビ(ロイターUK 2008/08/03)※英語の解説です。



図鑑↓↓↓↓↓には、日本のヘビが、十五種ほど掲載されています。ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net



 過去の記事でも、いろいろなヘビを取り上げています。今回の新種の食べ物と考えられる、シロアリの記事もあります。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 ベトナムで、新種の発見ラッシュ(2007/09/27) 
 春と秋しか行動しない? ジムグリ(2007/09/17)
 迷子のヘビが無事に故郷へ、サキシマバイカダ(2007/06/12) 
 シロアリとアリとは、どう違う?(2007/06/11)
 「三すくみ」は嘘だった? 蛇はナメクジも平気(2007/02/15)
などです。



実盛虫【さねもりむし】の正体は、ウンカ?

ico_weather_hare.gif


 夏は、昆虫が元気ですね。害虫による被害も、大きくなります。
 日本の各地に、害虫を、怨霊【おんりょう】や、妖怪とみなす伝承があります。昔は、それだけ、被害が深刻だったのでしょう。農薬など、ありませんでしたからね。
 中に、実盛虫という伝承があります。平家物語に登場する武将、斎藤実盛【さいとうさねもり】が、虫に化したというものです。虫になった理由には、諸説があります。
 この虫は、烏帽子【えぼし】をかぶった武士の姿に似るそうです。これは、ウンカの類だといわれます。横から見ると、ウンカは、烏帽子の形に見えなくもありません。
 ウンカとは、カメムシ目ヨコバイ亜目に属する昆虫の仲間です。とてもたくさんの種がいます。どの種も、植物の汁を吸います。吸われた植物は、弱ったり、枯れたりします。
 伝承によれば、実盛虫は、イネ(稲)に怨みを持つといいます。そのために、イネを食い荒らすのだそうです。昔の人は、どんなウンカを、この妖怪と見たのでしょうか?
 これは、トビイロウンカの可能性が高いです。このウンカは、イネの汁を吸います。
 トビイロウンカは、もともと、日本には、いませんでした。原産地は、アジアの熱帯地域のようです。寒さに弱いため、日本では、冬を越せません。
 では、どうやって、日本に棲むのでしょう? 彼らは、夏ごとに、海外から来ます。気流に乗って、飛んできます。5mmほどしかない昆虫なのに、驚きですね。
 毎年、トビイロウンカが、日本に来るとは、限りません。日本で、ほとんど見られない年もあります。どういう条件の時、彼らが来るのかは、まだ、わかっていません。
 昔の人にとって、トビイロウンカは、悪夢のようなものだったでしょう。見慣れない虫が、突然、田に大発生するのです。妖怪だと思われるのは、無理もありません。
 トビイロウンカが、斎藤実盛と結びつけられた理由は、謎です。どうやら、「さねもり」と似た言葉で、イネに関係するものがあったようです。一説では、「さのぼり」(=田の神さまを送る行事)だといいます。それがなまって、「さねもり」になり、「実盛虫」と、こじつけられたようです。斎藤実盛にとっては、迷惑なことでしょうね。 


図鑑↓↓↓↓↓には、トビイロウンカが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。 


 過去の記事でも、妖怪と思われた昆虫などを取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 イネクロカメムシは福田【ふくだ】の虫?(2007/10/08)
 精霊【しょうりょう】バッタとは、どんなバッタ?(2007/08/15)
 お菊虫の正体は、ジャコウアゲハ?(2007/08/13)
 ジョロウグモの理【ことわり】(2006/10/19)
 精霊【しょうりょう】トンボとはどんなトンボ?(2006/08/12)
などです。


2008年8月 5日

テイキンザクラ

ico_weather_kumori.gif


 テイキンザクラ 画像
和名:テイキンザクラ
学名:Jatropha integerrima
teikinEEDV0840.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 浦添市  【2008.07.12】
  

2008年8月 4日

生物学で大活躍、オワンクラゲ

ico_weather_hare.gif


 夏、海へ行くと、クラゲに会うことがありますね。クラゲは、嫌われることが多いです。「刺す」といわれるからですね。けれども、中には、人間の役に立つクラゲもいます。
 オワンクラゲが、その一つです。お椀【わん】(お碗【わん】)型の体をしているために、この名があります。日本近海で、普通に見られる種です。
 私の知る限り、ヒトが、オワンクラゲに刺された例は、ありません。危険でないクラゲです。海で会っても、安心して下さい。
 オワンクラゲは、「光るクラゲ」として、知られます。ただし、その光り方は、あまり目立ちません。傘のふちが、ほのかに青白くなる程度のようです。
 この光る性質こそが、人間の役に立ちます。オワンクラゲの持つ「光る物質」が、生物学の実験に使われます。その物質は、二種類あります。イクオリンaequorinという物質と、「緑色蛍光たんぱく質」(略称で、GFP)という物質です。
 イクオリンのほうは、カルシウムの実験に使われます。イクオリンは、カルシウムを感知して、発光するからです。イクオリンを使えば、生き物の体の中の、どこにカルシウムがたくさんあるか、すぐにわかります。「光る」性質のおかげですね。
 GFPのほうは、さまざまな遺伝子が、生き物の体のどこで働いているか、調べる場合に、使われます。その方法は、以下のとおりです。
 まず、調べたい遺伝子と、GFPを作る遺伝子とを、つないで一つにします。これを、生き物の体に入れます。その生き物に、ある特定の光を当てると、生き物の体の一部が、光ります。そこに、GFPが現われているのですね。ということは、GFPの遺伝子とつながれた遺伝子(本命の、調べたい遺伝子)も、そこで働いている、とわかります。
 最近、「光るマウス(ネズミ)」や、「光るブタ(豚)」や、「光るダイズ(大豆)」のニュースを、見たことがありませんか? これらは、前記の手順で作られています。
 光る生き物は、決して、遊びで作られるのではありません。生物の仕組みを知るための実験です。海を漂うクラゲが、こんな実験に役立つなんて、驚きですね。

 オワンクラゲの「光る物質」を使った実験のニュースは、以下に載っています。
 光るマウスなどの写真(大阪大学微生物研究所 附属遺伝情報実験センター)
 光るブタ、光る魚などの動画(YouTube)
 光るダイズ(大豆)の写真(閑甚日記inはまぞう 2008/02/08) 


図鑑↓↓↓↓↓には、オワンクラゲをはじめ、十種以上のクラゲが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。 

 過去の記事でも、クラゲの仲間を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 ビゼンクラゲと同じ? 違う? スナイロクラゲ(2007/10/12)
 クラゲは刺胞【しほう】動物? 腔腸【こうちょう】動物?(2007/08/24)
 淡水にもクラゲがいる?(2007/08/06)

などです。


2008年8月 3日

ミンミンゼミ

ico_weather_hare.gif


 「ミーン、ミンミンミンミン…」最初のミーンが長いのが特徴です(オス)。 ミンミンゼミ 画像
和名:ミンミンゼミ
学名:Oncotympana maculaticollis
IMG_0003_minmin.jpg
IMG_0002_minmin.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 港区  【2008.07.28】
  


図鑑↓↓↓↓↓には、ミンミンゼミが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2008年8月 2日

マダガスカルソケイ

ico_weather_hare.gif


 マダカスガルソケイ 画像
和名:マダガスカルソケイ
学名:Cryptostegia madagascariensis
sokeiEEDV0830%20%283%29.jpg
sokeiEEDV0830%20%284%29.jpg
sokeiEEDV0830.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 浦添市  【2008.07.12】
  

2008年8月 1日

哺乳類で、最も長生きなのは、クジラ?

ico_weather_hare.gif


 哺乳類の中で、一番長生きをするのは、何という種でしょうか?
 ヒトでしょうか? ヒトは、時に、百歳を越えますよね。これ以上、長寿の哺乳類なんて、いるのでしょうか? じつは、いるのですね。
 それは、クジラ(鯨)の一種です。ヒゲクジラの仲間の、ホッキョククジラです。
 ホッキョククジラは、名のとおり、北極付近にしかいません。北極周辺の海に、定住します。これは、大型のクジラでは、珍しいことです。たいがいの大型クジラは、高緯度【こういど】の海域(北極や南極の付近)と、低緯度【ていいど】の海域(亜熱帯や熱帯の海)を、往復します。日本近海のザトウクジラなどが、そうですね。
 米国のスクリップス海洋研究所で、ホッキョククジラの眼の標本が、調べられました。眼の中の、アスパラギン酸という、アミノ酸の一種を調べます。これを調べれば、クジラの年齢がわかるのだそうです。その結果、標本の中に、百三十五歳、百五十九歳、百七十二歳、二百十一歳の個体がいました。
 この測定には、「約16%の誤差がある」といいます。それを考慮しても、二百十一歳とされたクジラは、「少なくとも百七十七歳」になります。
 こんな数字は、にわかには、信じられませんね。科学者の間でも、「この測定は、怪しい」とされていました。けれども、この測定の確かさを、裏付ける事実がありました。
 二〇〇七年の六月に、あるホッキョククジラの体内から、十九世紀の銛【もり】が、見つかりました。その銛は、まだ捕鯨が盛んだった頃、十九世紀の終わりにしか、作られなかったものです。そのクジラは、銛を撃たれたものの、逃げのびたのでしょう。どう考えても、年齢は、百二十歳以上です。
 一部では、このクジラが、セミクジラと報道されました。正しくは、ホッキョククジラです。ホッキョククジラとセミクジラとは、近縁な種同士ですが、別種です。
 なぜ、ホッキョククジラは、こんなに長寿なのでしょうか? 理由は、まだ、わかっていません。百年以上も生きたクジラは、海の賢者のような存在でしょうね。

 百年以上生きたホッキョククジラのニュースは、以下に載っています。
 推定120歳のクジラ、体内から19世紀の銛(やじり)の破片を発見(AFPBBニュース、2007/06/14)
 ホッキョククジラは、世界一長生きの哺乳類(アラスカ大学フェアバンクス校 2001/02/15) ※英語の解説です。 


図鑑↓↓↓↓↓には、残念ながら、ホッキョククジラは載っていません。が、ザトウクジラ、マッコウクジラなど、九種のクジラ・イルカが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。


 過去の記事でも、クジラの仲間を取り上げています。また、並外れて長寿の生き物も、取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 昔は主食だった? サトイモ(2008/06/27)
 世界で最長寿の樹木を発見!(2008/04/23)
 イルカがクジラを救助した!?(2008/03/15)
 四百年、生きた貝がいる?(2007/11/01)
 マッコウクジラは人間を襲うか?(2007/03/19)
 ザトウクジラはホエールウォッチングの人気者(2006/03/13)
 亀(カメ)は本当に長生きか?(2006/01/02)