図鑑.netブログ- zukan.net -

http://blog.zukan.net/blog/

2009年2月10日

クマノミの危機、タナゴの復活

ico_weather_hare.gif

 
 魚類に関するニュースが二つありました。良いニュースと悪いニュースです。
 先に、悪いニュースを、やっつけてしまいましょう。熱帯の海の魚が、危機になるかも知れません。大気のCO2(二酸化炭素)が増加すると、魚の鼻が利かなくなるというのです。映画『ファインディング・ニモ』で有名な、クマノミの仲間で実験されました。
 この仕組みは、以下のとおりです。大気のCO2が増えると、海中のCO2も増えます。そうなった海中では、クマノミの嗅覚が障害を起こします。匂いがわからなくなるのですね。これは、野生の生き物には致命的なことです。危険を察知できないからです。
 CO2の増加による地球温暖化説には、異論もあります。けれども、CO2の増えすぎが良くないことは、確かですね。私たちには、ある程度、地球環境に対する責任があります。
 CO2でニモもピンチに?海水酸性化、嗅覚損なう(共同通信 2009/02/03)
 次は、良いニュースです。日本固有種の魚に復活の兆しがあります。
 日本の淡水魚には、固有種が多いです。代表として、タナゴの仲間があります。コイ科タナゴ亜科に属する種をタナゴと総称します。ややこしいことに、この中に、単に「タナゴ」という種名の魚もいます。日本には、元来、十七種ほどが分布していました。
 近年、タナゴの仲間は、激減しました。環境汚染と、外来種の移入のためです。
 特に、外来種の移入は、深刻です。外来魚は、タナゴ類のすみかを奪ったり、直接、彼らを食べたりするからです。ブラックバスと、ブルーギルが、有名な外来魚ですね。
 タナゴ類の敵は、日本にもともといました。そこへ、新しい敵が増えてしまったわけです。ブラックバスやブルーギルは、肉食魚です。どんどん、タナゴ類を食べてしまいました。新しい敵への対処は、そう簡単には、できません。
 琵琶湖など、固有種が多い水域では、外来魚の駆除が始まっています。その成果を確かめるため、二〇〇八年の十一月、滋賀県の野田沼で、魚類調査が行なわれました。
 この調査で、日本の固有種が増えていると、確認されました。イチモンジタナゴ、カネヒラ、ヤリタナゴなどです。外来魚の駆除は、固有種の保護に、とても効果があるとわかりました。このような成果は、全国に広がって欲しいですね。
 絶滅危機のイチモンジタナゴ復活 湖北の野田沼 外来魚駆除が効果(京都新聞 2009/02/03)


図鑑↓↓↓↓↓には、クマノミ、ハマクマノミ、正式種名タナゴ、ニッポンバラタナゴ、ミヤコタナゴなどが掲載されています。

 過去の記事でも、クマノミや、タナゴの仲間を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
 死滅回遊魚【しめつかいゆうぎょ】とは、どんな魚?(2007/11/05)
 貝に卵を産む? 不思議な魚たち(2007/03/30)
 クマノミの親子関係(2005/10/31)
 ニモのお父さんはお母さんだった?(2005/10/28)
などです。


http://blog.zukan.net/blog/2009/02/10-210.php
トラックバックhttp://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/5279

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/5279

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)