図鑑.netブログ- zukan.net -

http://blog.zukan.net/blog/

2009年6月15日

クローン女王の攻撃? ヤマトシロアリ

ico_weather_kumori.gif


 シロアリといえば、害虫として、有名ですね。梅雨時には、人家のシロアリ被害が、発覚しやすいです。でも、すべてのシロアリが、人家を食い荒らすわけではありません。
 人類が家を建てるようになる前から、シロアリは、地球上にいました。ヒトが現われる前、シロアリは、何を食べていたのでしょうか?
 大部分のシロアリは、朽ち木や落ち葉を食べていました。今でも、ほとんどのシロアリが、そうしています。人家を攻撃するシロアリは、ごく一部の種です。
 シロアリが植物を食べると、植物の中のセルロースが分解されます。セルロースは、分解されにくい物質です。それが、シロアリの働きで、分解できるのですね。結果として、シロアリは、植物が土に返るのを助けます。これは、自然界では、重要な役割です。
 シロアリが「害虫」にされたのは、人間の勝手な都合ですね。けれども、おかげで、シロアリの研究が進みました。退治するには、生態を知らなければいけませんからね。
 とはいえ、シロアリの研究は、まだまだ途上です。大まかな分類さえ、学者によって、意見が違います。図鑑などでシロアリを調べると、等翅目【とうしもく】と、シロアリ目【もく】と、ゴキブリ目【もく】と、三つの分類が出てきます。
 最近は、「シロアリは、ゴキブリ目シロアリ科」という意見が、有力なようです。
 日本で、人家を害するシロアリの代表は、ヤマトシロアリとイエシロアリです。この二種は、比較的、研究が進んでいます。それでも、二〇〇九年、ヤマトシロアリについて、驚くべき発見がありました。
 ヤマトシロアリの女王は、寿命が尽きる前に、次の女王を産みます。産まれる女王は、前の女王の「子」ではなく、「コピー」だというのです。「遺伝子がまったく同じ個体」ということです。クローンと呼ばれるものですね。
 クローン女王は、母親からの遺伝子のみを受け継ぎます。普通のシロアリは、父親からの遺伝子も受け継ぎます。ヤマトシロアリの一つの巣は、「遺伝子的に同じ女王」が、君臨し続けるわけです。なんだか、SFの世界みたいですね。



図鑑↓↓↓↓↓には、ヤマトシロアリが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

 ヤマトシロアリの「クローン女王」については、以下のニュースで報じられています。
女王シロアリ、子供は後継にせず...王の血を入れないワケは?(読売新聞、2009/3/8)
 過去の記事でも、シロアリを取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
チョウ(蝶)はチョウ目【もく】? 鱗翅目【りんしもく】?(2008/07/22)
シロアリとアリとは、どう違う?(2007/06/11)

http://blog.zukan.net/blog/2009/06/15-615_2.php
トラックバックhttp://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/5340

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/5340

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)