図鑑.netブログ- zukan.net -

http://blog.zukan.net/blog/

2009年7月17日

アリ(蟻)は、どうやって行列を作る?

ico_weather_kumori.gif


 アリは、都会でも、よく見られる昆虫ですね。うっかりすると、家の中まで入ってきます。食べ物へと列をなす様子などは、お馴染みですね。
 アリは、とても力持ちです。自分の体重より重いものも、平気で運びます。自分だけでは運べないものに行き当たると、同じ巣の仲間を呼びます。
 こうして、アリの行列ができます。この時、アリは、迷子にならないのでしょうか? 巣から離れた場所まで行って、どうやって、巣へ帰るのでしょう?
 じつは、アリは、目印をつけながら歩いています。その目印は、目には見えません。足跡フェロモンと呼ばれる物質です。道標フェロモンとも呼ばれます。この物質は、匂いで探知されます。匂いをたどることで、アリは巣へ帰れます。
 足跡フェロモンだけに、頼るわけではありません。アリは、目や歩いた歩数にも頼ります。なんと、太陽の光を目印にして、方向を判断できるそうです。すごいですね。巣のある方向は、これで判断します。巣までの距離は、歩数で測るといわれます。
 アリの体内には、歩数計があるようです。小さな体に、精密な機能が詰まっているのですね。それらの機能を駆使して、アリは生きています。
 アリにとって重要なのは、匂いの情報です。前記の足跡フェロモンは、匂い情報の一種です。他にも、アリは、さまざまな匂い物質を出します。それによって、仲間のアリに、いろいろな行動を促します。
 例えば、警報フェロモンという物質があります。これの匂いを嗅ぎつけると、巣の中の兵隊アリ(戦いを専門にするアリ)が集まってきます。外敵に対応するためです。
 ところが、同じ警報フェロモンでも、「巨大な敵が来た時の匂い」は、違うようです。どのような仕組みで、違う匂いになるのかは、よくわかっていません。
 「巨大な敵が来たぞ」フェロモンは、普通の警報フェロモンとは、違う行動を起こさせます。これを探知すると、アリたちは、巣から離れます。巨大な敵とは、戦っても勝てないからでしょう。「逃げるが一番」です。うまくできていますね。



図鑑↓↓↓↓↓には、クロオオアリ、クロヤマアリ、トゲアリの三種のアリが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

 過去の記事でも、アリを取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
可憐【かれん】なだけでは生きていけない、カタクリ(2008/03/24)
シロアリとアリとは、どう違う?(2007/06/11)
などです。

http://blog.zukan.net/blog/2009/07/17-717_1.php
トラックバックhttp://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/5379

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/5379

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)