図鑑.netブログ- zukan.net -

http://blog.zukan.net/blog/

2009年9月 7日

泳ぎが苦手な水生昆虫? ガムシ

ico_weather_hare.gif


 日本には、たくさんの水生昆虫が分布します。有名なのは、ゲンゴロウですね。中には、ゲンゴロウに似て、異なる水生昆虫もいます。ガムシ(牙虫)が、その一種です。
 ガムシは、ゲンゴロウと同じく、甲虫です。体が硬い昆虫ですね。外見は、たしかにゲンゴロウに似ています。けれども、区別は、すぐにできます。泳ぎ方が違うためです。
 ゲンゴロウの泳ぎは、とても速いです。しゅしゅしゅーっという感じで、容易につかまりそうにありません。それに比べると、ガムシの泳ぎは、いかにも不器用です。のたのたと、水中を歩いているようです。
 水生昆虫なのに、なぜ、こんなに泳ぎが下手なのでしょうか? その理由は、ガムシの食べ物にあります。ガムシは、主に水生植物を食べます。植物は、逃げませんね。速く泳いで、追いかける必要がありません。ゆっくり泳げばいいわけです。
 ゲンゴロウは、肉食性です。逃げる獲物を、追いかけなければなりません。そのために、速く泳げるようになりました。
 昔、「ガムシは、ゲンゴロウより後に、水生昆虫として進化した」という説がありました。ガムシの泳ぎが、あまりに下手だからです(笑)ゲンゴロウほど、水中にうまく適応していないのだろうと考えられたわけです。
 現在では、この説は、あまり聞きません。はっきりした証拠が、挙がっていないからでしょう。泳ぎが下手でも、「ガムシが、水中生活に適応していない」とはいえません。体の細かい部分を見ると、よくできています。
 例えば、呼吸の仕組みです。ガムシの成虫は、空気を呼吸します。水中で、どうやって呼吸するのでしょう? 翅【はね】と腹部の間に、空気をためるのです。その空気を呼吸します。アクアラング方式ですね。この方法は、ゲンゴロウと同じです。
 ガムシは、ゲンゴロウと比べると、省エネ型の昆虫といえます。草食性になることで、速く泳ぐ必要をなくしました。速く泳がなければ、たくさんのエネルギーを使わずに済みます。これも、自然の知恵ですね。現代風の「エコ」な昆虫といえるかも知れません。


図鑑↓↓↓↓↓には、残念ながら、ガムシは載っていません。が、ゲンゴロウが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

 過去の記事でも、ゲンゴロウなど、水生昆虫を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
昆虫一のアクアラング王者? ゲンゴロウ(2009/03/27)
アメンボは、水上のスケーター?(2008/01/18)
はかないようでしぶとい? カゲロウ(2006/09/04)
などです。

http://blog.zukan.net/blog/2009/09/07-94.php
トラックバックhttp://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/5464

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/5464

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)