図鑑.netブログ- zukan.net -

http://blog.zukan.net/blog/

2010年3月31日

今日のサクラ【その3】

ico_weather_kumori.gif


朝、撮影してきました。ほぼ、満開です。ソメイヨシノ 画像
和名:ソメイヨシノ
学名:Cerasus X yedoensis (Matsum.) A.Vassil
0331_IMG_0002.jpg
0331_IMG_0005.jpg
0331_IMG_0007.jpg
0331_IMG_0009.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京都 目黒区【2010.03.31】

図鑑↓↓↓↓↓には、ソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラなどが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2010年3月30日

今日のサクラ【その2】

ソメイヨシノ  画像
和名:ソメイヨシノ
学名:Cerasus X yedoensis (Matsum.) A.Vassil
0327_CIMG0872.jpg
0327_CIMG0881.jpg
0327_CIMG0900.jpg
0327_CIMG0921.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京都 目黒区【2010.03.27】

図鑑↓↓↓↓↓には、ソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラなどが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

ツグミ

ico_weather_hare.gif


ツグミ 画像
和名:ツグミ 
学名:Turdus naumanni
tugumi_CIMG0021.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京都 文京区【2010.02.25】

図鑑↓↓↓↓↓には、ツグミが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2010年3月29日

「ねつこぐさ」の正体は、オキナグサ?

ico_weather_ame.gif


 寒くても、もう春ですね。あちこちで、春の便りが聞かれます。
 春の便りの一つが、オキナグサです。多くの地域でオキナグサは、今の季節に花を咲かせます。花の色は黒っぽいですが可憐な花です。
 オキナグサを漢字で書くと「翁草」です。お爺さんの草という意味ですね。
 なぜ、こんな名が付いたのでしょうか? この名は花ではなく果実に由来します。
 オキナグサの果実には、白く、長い毛がたくさん生えています。この様子を、お爺さんにたとえたわけです。なぜ、お爺さんなのでしょう? お婆さんでもいいはずですね。
 と思ったら、方言名の中にオキナグサを、お婆さんに譬えたものがありました。「うばがしら」、「しらがばんば」、「やまんば」などの方言名です。
 方言名の中には、男女に限らず、高齢者にたとえたものもあります。「しらがくさ」「としよりぐさ」などです。中には、男女両方を挙げた方言名もあります。「じーとんばーとん」「じじとばば」などです。ユーモラスで楽しい名が多いですね。
 私が調べた範囲でオキナグサには、二百以上もの方言名があります。それだけ、日本で親しまれてきた草なのでしょう。万葉集にも、オキナグサを詠んだ歌があるといわれます。万葉集の「ねつこぐさ」は、オキナグサだというのです。
 「ねつこぐさ」の正体は、いろいろ議論されてきました。「オキナグサではない」とする説もあります。万葉集の中で、正体未定の植物の一つです。
 現在では、「ねつこぐさ=オキナグサ」説が有力です。理由の一つが、方言名です。方言名の中に、「ねつこぐさ」に似たものがあるのです。
 オキナグサには、「ねこ」「おねこ」「ねこぐさ」「ねこばな」などの方言名があります。方言名には、古い時代の名が残ることが多いです(むろん、そうでないことも多いです)。前記の名は、古代の「ねつこぐさ」が変化して残ったものと考えられます。
 万葉集の「ねつこぐさ」の歌は恋歌です。オキナグサの愛らしさは、恋歌にふさわしいですね。私も「ねつこぐさ=オキナグサ」説に一票を投じたいです。


図鑑↓↓↓↓↓には、オキナグサが載っています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

過去の記事でも、万葉集に登場する生き物を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
卯月【うづき】に咲くから、ウノハナ?(2009/05/15)
可憐な少女が鬼母に? ジガバチ(2008/05/09)
可憐なだけでは生きていけない、カタクリ(2008/03/24)
などです。

2010年3月28日

ノネコ

ico_weather_kumori.gif


ノネコ 画像
和名:ノネコ 
学名:Felis catus
noneko_CIMG0122.jpg
noneko_4M5D0094.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京都 文京区【2010.02.25】

2010年3月27日

サクラとメジロ

ico_weather_kumori.gif


 ソメイヨシノ メジロ 画像
和名:ソメイヨシノ
学名:Cerasus X yedoensis (Matsum.) A.Vassil
和名:メジロ
学名:Zosterops japonicus
mejiro_CIMG0852.jpg
mejiro_CIMG0853.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京都 港区【2010.03.26】

図鑑↓↓↓↓↓には、鳥類のメジロやソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラなどが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2010年3月26日

関東、開花宣言【2010年3月22日】 今日のサクラ【その1】



 2010年3月22日、東京に桜が開花したと発表されましたね。その後、雨が数日続いたので撮影出来ませんでした。
 今日は、雨が上がりましたので早速近場へ出かけてみました。まだ、1分~3分咲きといったところです。見どころまでは、まだまだこれからです。
ソメイヨシノ 画像
和名:ソメイヨシノ
学名:Cerasus X yedoensis (Matsum.) A.Vassil
sakura_IMG_0002.jpg
sakura_IMG_0007.jpg
sakura_IMG_0008.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京都 港区【2010.03.26】

図鑑↓↓↓↓↓には、ソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラなどが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

水族館にいないイルカとは?

ico_weather_kumori.gif


 日本には、水族館がたくさんありますね。島国だからでしょう。どこの水族館でも人気なのがイルカです。皆さんも、きっと見たことがおありでしょう。
 イルカの種数は、三十から四十種ほどといわれます。それらのうち、水族館で見られるのはごく一部です。ほとんどが、ハンドウイルカ(バンドウイルカ)という種です。
 他に、カマイルカ、シロイルカなども飼われます。普通に飼われるイルカは、せいぜい五種くらいです。人気があるのに、なぜ、飼われる種が少ないのでしょうか?
 理由は、いくつかあります。最も大きな理由は、飼育が難しいことでしょう。
 生態がわからない生き物は、飼うのが難しいです。つまり、イルカの仲間は、生態がわからない種が多いのです。ハンドウイルカは、例外的な存在です。
 水族館にいないイルカが、必ずしも絶滅に瀕しているわけではありません。例えば、マイルカ、スジイルカなどは、数が多いイルカです。でも、水族館では見ませんね。
 数が多いなら、観察の機会が多いはずです。なぜ、生態がわからないのでしょうか?
 一つには、生息海域の問題です。外洋性のイルカは、観察される機会が少ないです。スジイルカは、これに当たります。マイルカも、外洋にいることが多いようです。沿岸に棲むイルカの種は、そう多くありません。
 スジイルカとマイルカは、外洋で一緒にいることがあります。どちらの種も、百頭を越える大きな群れを作ります。群れの仕組みは、まだ、わかっていません。
 スジイルカやマイルカは、飼育されたこともあります。けれども、長生きはできませんでした。水族館での生活は、自然の生活とは違いすぎるからでしょう。
 彼らにとっては、広い外洋で何百頭もの仲間と一緒にいるのが「自然」です。水族館で、そんな環境を再現するのは不可能ですね。
 普通は見られない生き物を間近で見てみたい。そういう気持ちは私にもあります。水族館や動物園は、そのような夢を叶えてくれます。だからといって、必要以上に生き物を苦しめることはしたくありませんね。


図鑑↓↓↓↓↓には、スジイルカなどが載っています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

 過去の記事でも、イルカについて取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
新種のエイ、新種のイルカを発見(2008/8/26)
揚子江【ようすこう】に、イルカはいるか?(2008/06/24)
イルカがクジラを救助した!?(2008/03/15)
イルカは淡水で暮らせない?(2007/09/05)
などです。

2010年3月25日

大哺乳類展【だいほにゅうるいてん】 ―陸のなかまたち



 東京・上野の国立科学博物館へ、行ってまいりました。「大哺乳類展 ―陸のなかまたち」という展覧会を観てきました。
 この展覧会は、哺乳類の歴史をたどることから始まります。とても貴重な初期の哺乳類の化石が観られます。
 また、現生の哺乳類のうち、原始的なものの骨格と、進化が進んだものの骨格と、爬虫類【はちゅうるい】の骨格とが並んで展示されています。比べることで、爬虫類からどのように哺乳類が進化してきたのか、わかりやすくなっています。
 他にも、哺乳類の骨格標本がたっぷりです。「普段、見ている哺乳類の骨格が、こんなふうなのか」と、驚きがあります。骨格を見ると「コウモリの翼とは手なんだ」とか「アリクイの口には歯がない」といったことが納得できます。
 骨ばかりでは面白くないですか? そういう方も安心です。まるで生きているような、剥製【はくせい】標本もたっぷり観られます。
 剥製には、悪い印象を持つ方も多いですね。つやのない毛並みや「死んだ眼」などが、不気味だからでしょう。この展覧会の剥製は、そういった物とは、明らかに違います。ぱっと見ただけでは、生きているものと区別が付かないほどです。
 この展覧会は、視るだけではありません。触ったり、匂いをかいだりして楽しむこともできます。例えば、何種もの哺乳類の毛皮に触れるコーナーがあります。「寒いところの哺乳類が毛が厚い」ことを実感できます。トナカイの角やサイの角にも触ることができます。こんな機会でもなければ、一生、触れませんよね。
 匂いは? なんと、さまざまな哺乳類の糞の匂いを、かぎ比べることができます!
 ちなみに、会場は、臭【くさ】くありません。糞の標本には、蓋【ふた】がされているからです。私も、実際にかいでみました。思ったよりどの糞も、臭くありません。
 ただ、一種だけ臭いと思った糞がありました。どの種でしょうか? これは、ぜひ、会場で確かめて下さい(笑)

図鑑↓↓↓↓↓には、日本の哺乳類が、八十種以上掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

ダイリ【ウメの栽培品種】

ico_weather_ame.gif


ウメの栽培品種"内裏【ダイリ】" ウメ画像
和名:ウメ 
学名:Armeniaca mume Siebold
dairi_4M5D0088.jpg
dairi_4M5D0090.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京都 文京区【2010.02.25】

図鑑↓↓↓↓↓には、ウメが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2010年3月24日

シュンショッコウ【ヤブツバキの栽培品種】

ico_weather_ame.gif


ヤブツバキの栽培品種"春曙光【シュンショッコウ】" ツバキ画像
和名:ヤブツバキ 
学名:Camellia japonica L.
shun_4M5D0055.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京都 文京区【2010.02.25】

図鑑↓↓↓↓↓には、マンサクが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2010年3月23日

シナマンサク

ico_weather_kumori.gif


シナマンサク 画像
和名:シナマンサク 
学名:Hamamelis mollis
shina_CIMG0150.jpg
shina_CIMG0154.jpg
sina_CIMG0157.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京都 文京区【2010.02.25】

図鑑↓↓↓↓↓には、マンサクは掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2010年3月22日

絶滅種に、再発見の可能性はあるか?

ico_weather_hare.gif


 ある種の生き物が、絶滅したか、そうでないかは、どのようにして判断されるのでしょうか? 一般的には、「五十年間、観察されなければ絶滅」とみなされます。
 けれども、五十年以上観察されなくても、再発見された「絶滅種」もあります。近年では、オオハシヨシキリの例が有名です。鳥の一種です。
 オオハシヨシキリは、ウグイス科に属します。最初に発見されたのは、一八六七年です。十九世紀ですね。それ以来、二十一世紀になるまで観察されませんでした。
 このため、当然のように「絶滅した」と考えられました。そもそも、この種の存在を疑う意見すらありました。「別種の鳥と間違えたのでは?」というわけです。
 ところが、二〇〇六年になって、再発見されました。約百四十年ぶりです。
 オオハシヨシキリの分布域はわかっていません。おそらく、南アジア地域です。日本には分布しません。狭い日本では、このような例は望めないのでしょうか?
 そんなことはありません。例えば、二〇〇九年に日本で「五十九年ぶりの再発見」というニュースがありました。鳥ではなく、貝類の一種です。
 再発見されたのは、サタミサキゴマガイという種です。陸に棲む巻貝です。カタツムリの一種といえます。ゴマガイ科に属します。
 サタミサキゴマガイは、成体になっても殻の長さが2.2mmほどしかありません。小さくても、種の重要さに変わりはありません。
 日本のように、開発が進んだ国では、大型の生き物が再発見される余地は少ないでしょう。でも、小さい生き物ならば、可能性は大いにあります。
 多少、大きくても鳥類ならば、再発見の余地がありそうです。彼らは、空を飛べるからです。飛べる動物は、行動範囲が広いですね。人目に付かないところへ、避難している可能性があります。日本本土にいなくても、付近の大陸や島にいるかも知れません。
 日本には「近年に絶滅した」といわれる鳥が何種かいます。オガサワラガビチョウ、カンムリツクシガモなどです。彼らの再発見といった奇跡はないものでしょうか。

オオハシヨシキリ再発見のニュースは、以下にあります。
幻の鳥、140年ぶりタイで確認 DNA検査で特定(asahi.com 2007/3/9)

日本で五十九年ぶりに再発見された貝のニュースは、以下にあります。
絶滅種「サタミサキゴマガイ」59年ぶりに発見/南大隅町(南日本新聞 2009/9/11)


図鑑↓↓↓↓↓には、日本に分布する珍しい生き物トウキョウサンショウウオ、オガサワラヤモリ、イリオモテヤマネコなど何種も載っています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

 過去の記事でも、再発見された「絶滅種」について取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
ヒヨケザルの新発見、メガネザルの再発見(2008/11/20)
絶滅種?のシカとカエルが、再発見される(2008/10/14)
新種・珍種がざっくざく、南硫黄島【みなみいおうとう】(2008/06/10)
ダイトウウグイス復活!(2008/05/29)
などです。

2010年3月21日

シジュウカラ

ico_weather_hare.gif


シジュウカラ 画像
和名:シジュウカラ 
学名:Parus major
sijyu_4M5D0008.jpg
sijyu_4M5D0012.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京都 文京区【2010.02.25】

図鑑↓↓↓↓↓には、シジュウカラが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2010年3月20日

サンシュユ

ico_weather_hare.gif


サンシュユ 画像
和名:サンシュユ 
学名:Cornus officinalis Siebold & Zucc.
sango_CIMG0054.jpg
sango_CIMG0055.jpg
sango_CIMG0059.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京都 文京区【2010.02.25】

図鑑↓↓↓↓↓には、サンシュユが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2010年3月19日

影が薄い? ジョウカイモドキ

ico_weather_hare.gif


 昆虫の種名には、「モドキ」が付くものが多いですね。イナゴモドキ、ナナフシモドキなどという種名があります。「もどき」とは、「何かに似て非なるもの」を指します。
 一種だけでなく、いく種も含めた分類グループ全体に「モドキ」が付くこともあります。例えば、ジョウカイモドキが、そのようなグループです。
 ほとんどの人にとって、ジョウカイモドキとは、聞き慣れない名前でしょう。ジョウカイ「モドキ」というからには、本家の「ジョウカイ」という昆虫がいるはずですね。
 ジョウカイモドキの本家は、ジョウカイボンという昆虫です。甲虫目【こうちゅうもく】ジョウカイボン科に属する昆虫たちです。ジョウカイボンについては、以前、このコラムで取り上げています(ジョウカイボンとは、どんな昆虫?(2009/05/18))。
 ジョウカイモドキのほうは、甲虫目ジョウカイモドキ科に属する昆虫たちを指します。名に反して、ジョウカイボンとは遠縁です。ジョウカイボン科は、ホタル上科に属しますが、ジョウカイモドキ科は、カッコウムシ上科に属します(分類には、異説があります)。
 近縁でないのなら、ジョウカイモドキは、何をもってジョウカイボンの「もどき」とされたのでしょうか? おそらく、生態が似ることです。
 ジョウカイボンもジョウカイモドキも、植物の葉や花にいることが多いです。これは、獲物を待ち伏せしているのです。花などにやってきた昆虫を、捕らえて食べます。ジョウカイボン、ジョウカイモドキともども、幼虫も肉食性です。
 ところが、ジョウカイモドキの成虫は、完全な肉食性とは限りません。植物を食べることがあります。例えば、ツマキアオジョウカイモドキという種は、他の昆虫以外に、花粉を食べます。
 生態が似るのに、食性が少し違うため、ジョウカイ「モドキ」にされたのでしょう。
 ジョウカイモドキ科の昆虫は、生態がわかっていないものが多いです。すべての種が、ジョウカイボン科に似るわけではないでしょう。そもそも、ジョウカイボン科にも、いろいろな種がいます。全部を「もどき」呼ばわりするのは気の毒ですね。


図鑑↓↓↓↓↓には、ツマキアオジョウカイモドキが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

 過去の記事でも「~モドキ」と付く生き物を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
ウメモドキ? いえ、ツルウメモドキです(2009/12/25)
テリムクドリモドキ(2007/03/18)
サソリ? いえサソリモドキです(2006/09/29)
などです。

2010年3月18日

ダイサギ

ico_weather_kumori.gif


ダイサギ 画像
和名:ダイサギ 
学名:Tachybaptus ruficollis
dai_4M5D0191.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京都 文京区【2010.02.25】

図鑑↓↓↓↓↓には、ダイサギが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2010年3月17日

コキンラン【ウメの栽培品種】

ico_weather_hare.gif


ウメの栽培品種"古金欄【コキンラン】" ウメ画像
和名:ウメ 
学名:Armeniaca mume Siebold
kokin_CIMG0134.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京都 文京区【2010.02.25】

図鑑↓↓↓↓↓には、ウメが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2010年3月16日

ミシシッピーアカミミガメ

ico_weather_hare.gif


ミシシッピーアカミミガメ  画像
和名:ミシシッピーアカミミガメ
学名:rachemys scripta elegans
kame_4M5D0066.jpg
kame_4M5D0067.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京都 文京区【2010.02.25】

2010年3月15日

海の毛虫も蝶(チョウ)になる? ウミケムシ

ico_weather_kumori.gif


 海の生き物には、「ウミ○○」という種名のものが多いですね。陸上生物の中で、姿が似るものにたとえてこのような名が付けられます。
 似ていても、近縁とは限りません。むしろ、遠縁であるほうが普通です。
 ウミケムシ(海毛虫)も、そういう生き物の一種です。海釣りをやる方なら、ウミケムシに会ったことがあるかも知れませんね。キス釣りなどの外道としてかかります。
 ウミケムシは、ゴカイの仲間です。専門的にいえば、環形動物門【かんけいどうぶつもん】多毛綱【たもうこう】ウミケムシ目【もく】ウミケムシ科の一種です(分類には、異説があります)。ウミケムシ科に属する種をまとめて、ウミケムシと呼ぶこともあります。
 いっぽう、陸の毛虫はどうでしょう? こちらは、もちろん昆虫ですね。専門的には、節足動物門【せっそくどうぶつもん】昆虫綱【こんちゅうこう】に属します。ウミケムシとは、門【もん】のレベルで分類が違います。
 それにしても、実物を見た方なら「ウミケムシ」という種名に納得するでしょう。本当に、毛虫にそっくりです。毛に毒があり、刺すところまで似ています。
 毒があるのは、身を守るためです。毒のおかげで、ウミケムシは海底を、堂々と歩くことができます。彼らを襲うものは少ないです。
 ゴカイの仲間は、一般的に魚の好物です。釣り餌にされるくらいです。ですから、海底の砂や岩の中に、隠れて棲んでいます。ウミケムシは、隠れる必要がありません。
 ウミケムシの類を除けば、ほとんどのゴカイには、毒はありません。ヒトには無害です。なのに「外見が気持ち悪い」と、嫌われることが多いです。
 ところが、ゴカイの仲間の学名を知ると驚きです。ラテン語の学名では、美女ぞろいなのです。主に、ギリシャ神話に登場する美女たちです。
 例えば、オトヒメゴカイの学名は、トロイアの王女ヘーシオネーHesioneに由来します。オニイソメの学名エウニーケーEuniceは、ギリシャ神話の海の妖精から取られています。ゴカイの仲間も、よく見ると独特の美しさがあるからでしょう。


図鑑↓↓↓↓↓には、ウミケムシが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

 過去の記事でも、環形動物【かんけいどうぶつ】の仲間を取り上げています。また、美女の名から取った学名についても取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
チョウ(蝶)の学名は、美女だらけ?(2010/01/11)
海中のクリスマスツリー? イバラカンザシゴカイ(2005/12/09)
などです。

2010年3月14日

ネジバナ

ico_weather_hare.gif


ネジバナ 画像
和名:ネジバナ 
学名:Spiranthes sinensis (Pers.) Ames
mejibana_CIMG0798.jpg
nejibana_CIMG0797.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄県 浦添 【2010.03.05】

図鑑↓↓↓↓↓には、ネジバナが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

ハクモクレン

ico_weather_hare.gif


ハクモクレン 画像
和名:ハクモクレン 
学名:Magnolia denudata
hakumoku_CIMG0812.jpg
hakumoku_CIMG0814.jpg
hakumoku_CIMG0815.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京都 品川区【2010.03.10】

図鑑↓↓↓↓↓には、シモクレンが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2010年3月12日

ヨーロッパ独りぼっち? レンギョウ

ico_weather_hare.gif


 早春の花が見られる季節ですね。レンギョウは、日本の早春の花として有名なものの一つです。公園や庭によく植えられています。
 レンギョウ属の種は、東アジアに広く分布します。日本にも在来種があります。ヤマトレンギョウとショウドシマレンギョウです。どちらも日本固有種です。
 日本の公園などにあるのは、これらの日本固有種でしょうか? 違います。
 植えられるレンギョウは、多くが人工的に作られた栽培品種です。複数の野生種を、交配したものです。元になったのは、中国や朝鮮半島原産のものです。
 ややこしいことに、レンギョウ属の中にレンギョウという種名の種があります。種名レンギョウは、中国原産です。同じく中国原産の種としてシナレンギョウがあります。朝鮮半島を原産地とするのはチョウセンレンギョウです。
 種名レンギョウとシナレンギョウ、チョウセンレンギョウが、栽培品種の源になりました。日本で普通に見られるのは、この三種のどれか、もしくは、これらの交配種です。
 では、ヤマトレンギョウやショウドシマレンギョウは、どこにあるのでしょう?
 ショウドシマレンギョウは、名のとおり、瀬戸内海の小豆島に自生します。ヤマトレンギョウは、私の知る範囲では、岡山県の一部にしか自生しません。どちらの種も、ごく限られた地域にあるだけです。このため、絶滅が心配されています。
 レンギョウ属の分布には、謎があります。ほとんどの種が東アジアにあるのに、一種だけ、ヨーロッパに分布するのです。セイヨウレンギョウという種です。
 セイヨウレンギョウは、東ヨーロッパの一部(バルカン半島)にだけ分布します。近隣には、近縁種はありません。広大なユーラシア大陸の東端と西端に、飛び離れて分布するわけです。なぜ、こんな分布なのかはわかっていません。
 レンギョウ属の分布は、彼らが進化してきた道筋と関わりがあるでしょう。彼らが地球に生まれた頃には、大陸が、現在とは違う形だったといわれます。レンギョウ属を調べれば、何千万年も昔の地球の様子がわかるかも知れません。


図鑑↓↓↓↓↓には、シナレンギョウが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

 過去の記事でも、分布に謎がある生き物を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
生き別れの親類が再会? ヤマボウシとハナミズキ(2008/05/19)
大山椒魚(オオサンショウウオ)は冬眠しない?(2007/02/05)
氷河期の生き残りキタサンショウウオ(2005/11/07)
などです。

2010年3月11日

カワセミ

ico_weather_hare.gif


カワセミ 画像
和名:カワセミ 
学名:Alcedo atthis
kawasemi_4M5D0116.jpg

kawasemi_4M5D0167.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京都 文京区【2010.02.25】

図鑑↓↓↓↓↓には、カワセミが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2010年3月10日

カリン

ico_weather_ame.gif / ico_weather_hare.gif


カリン 画像
和名:カリン 
学名:Chaenomeles sinensis
karin_CIMG0069.jpg
karin_CIMG0072.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京都 文京区【2010.02.25】

2010年3月 9日

ニホンヒキガエル

ico_weather_kumori.gif / ico_weather_ame.gif


ニホンヒキガエル【亜種アズマヒキガエル】 高音でクククククと鳴いていました。きれいな鳴き声です。 ニホンヒキガエル画像
和名:ニホンヒキガエル 
学名:Bufo japonicus
kaeru_4M5D0176.jpg
kaeru_4M5D0187.jpg
kaeru_CIMG0146.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京都 文京区【2010.02.25】

図鑑↓↓↓↓↓には、ニホンヒキガエルが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2010年3月 8日

害魚が益魚に? うろこの秘密

ico_weather_hare.gif


 二〇〇八年のことですが、興味深いニュースがありました。ある種の魚の鱗【うろこ】が、防弾チョッキの開発に役立つかも知れないというのです。
 防弾チョッキというと軍事技術ですね。「そんな恐ろしいものの話は、聞きたくない」方もいるでしょう。でも、待って下さい。このような技術は、平和利用できます。
 今回のニュースになったのは、ポリプテルス・セネガルスという魚です。アフリカに分布します。日本にはいません。けれども、熱帯魚としてペット屋で売られています。
 ポリプテルスの仲間は、特殊な鱗を持ちます。「ガノイン鱗」と呼ばれるものです。この鱗は、とても丈夫です。これのために、ポリプテルスの仲間は、怪我や病気をしにくいと考えられています。
実際、ポリプテルスの仲間は、長生きすることが知られます。
 この鱗を調べたところ、厚みがないのに『防御能力が非常に際だっている』ことがわかりました。この構造を真似れば、軽くて丈夫な「衝撃防止服」を作れそうです。
 「衝撃防止服」は、防弾チョッキとは限らないでしょう。例えば、建築現場など、危険な場所で作業する人の服にぴったりです。スポーツ選手のユニフォームにも、良さそうです。万が一、事故があっても、服のおかげで、命が助かるかも知れません。
 ガノイン鱗を持つ魚は、ポリプテルスだけではありません。ガーパイクの仲間も、ガノイン鱗を持ちます。ガーパイクの仲間は、北米から中米に分布します。
 同じガノイン鱗でも、ポリプテルスのものとガーパイクのものとでは構造が違います。しかし、丈夫なことは同じです。ガーパイクの鱗も、研究する価値はあるでしょう。
 ガーパイクの仲間は、多くが、「熱帯魚」ではありません。温帯に棲みます。この点が、ポリプテルスと違います。つまり、日本の普通の気候に適応しやすいわけです。
 これは、飼いやすさにつながります。飼いやすい生き物は、研究しやすいですね。
 今の日本で、ガーパイクの仲間は、外来魚として問題になっています。もしも駆除するならば、ただ殺すのではなくて、研究材料にしたらどうでしょうか? 手近な自然に学べることは、たくさんあると思います。


図鑑↓↓↓↓↓には、残念ながら、ポリプテルスや、ガーパイクは載っていません。そのかわり、日本の魚が五十種以上が掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

「ポリプテルスと防弾チョッキ」のニュースは、以下に載っています。
西アフリカ原産の魚のウロコ、未来の防弾チョッキのモデルに 米研究(AFPBBニュース 2008/07/28)
 過去の記事でも、ガーパイクなど、日本の外来魚を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
琵琶湖で発見された「エンツイ」とは、どんな魚?(2007/11/08)
ワニに見えてもワニじゃない、ガーパイク(2006/09/16)
などです。

2010年3月 7日

カヨイコマチ【ウメの栽培品種】

ico_weather_ame.gif


ウメの栽培品種"通小町【カヨイコマチ】" ウメ画像
和名:ウメ 
学名:Armeniaca mume Siebold
ume_3CIMG0078.jpg
ume_3CIMG0079.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京都 文京区【2010.02.25】

図鑑↓↓↓↓↓には、ウメが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2010年3月 6日

オウバイ【ウメの栽培品種】

ico_weather_ame.gif


ウメの栽培品種"黄梅【オウバイ】" ウメ画像
和名:ウメ 
学名:Armeniaca mume Siebold
ume_2_CIMG0088.jpg
ume_2_CIMG0091.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京都 文京区【2010.02.25】

図鑑↓↓↓↓↓には、ウメが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2010年3月 5日

ボケの果実は、なぜ少ない?

ico_weather_hare.gif


 生き物の中には、変わった名前のものがいますね。植物のボケ(木瓜)は、珍名さんのうちに入るでしょう。ボケというのが正式な日本語名(標準和名)です。
 ボケは、古くから園芸植物として栽培されてきました。原産地は中国です。日本には、平安時代に入ったと考えられています。その頃から、美しい花を愛でられました。
 ボケとそっくりな別種として、クサボケ(草木瓜)があります。こちらは、日本原産です。ボケと同じく、バラ科ボケ属に属します。やはり、園芸植物として栽培されます。
 ボケもクサボケも、低木です。草ではありません。どちらの種も草と見まごうほど、小さな木ですね。クサボケのほうが全体的に小さいです。
 ボケや、クサボケは、枝が見えなくなるほど、びっしりと花を付けます。なのに、果実は、それほど多くありません。どう考えても、無駄花が多いですね。なぜでしょう?
 これには、二つの原因があると考えられます。一つは、ボケとクサボケの花には、雄花と両性花が混じることです。雄花は、果実になりません。花粉を出すだけの花です。
 もう一つは、花粉の運び手の問題のようです。ボケやクサボケの花は、都合の良い花粉の運び手を、見つけられていないらしいのです。
 ボケやクサボケが咲くのは、昆虫が少ない早春です。チョウやミツバチは、ほとんどいません。昆虫に花粉を運んでもらうなら、寒さに強いハナアブの類でしょう。
 ところが、昆虫を花粉の運び手とすると都合が悪いことがあります。ボケやクサボケの花には、蜜が多いのです。昆虫は、すぐに満腹してしまいます。体が小さいですからね。これでは、多くの花から花へ、花粉を運んでもらいにくいです。
 では、ボケやクサボケの花粉を運ぶのは、昆虫以外の動物でしょうか? 日本で、考えられる花粉の運び手としては鳥がいます。メジロやヒヨドリは、よく花を訪れますね。
 しかし、ボケやクサボケは低木です。これでは、鳥は訪れにくいでしょう。地上には、鳥の敵が多いからです。敵に襲われやすいところには、来たくないはずです。
 自然の中でボケやクサボケは、どうやって殖えていたのでしょうか? 謎です。


図鑑↓↓↓↓↓には、植物のボケ(木瓜)が掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

 過去の記事でも、植物の花粉の運び手について、取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
ネムノキは、本当に眠る?(2009/07/24)
咲いた、咲いた、チューリップ(2009/04/13)
ロウバイ(蝋梅)の花に来るのは、誰?(2009/02/02)
などです。

2010年3月 4日

ウグイスカクシ【ウメの栽培品種】

ico_weather_kumori.gif


ウメの栽培品種"ウグイスカクシ" ウメ画像
和名:ウメ 
学名:Armeniaca mume Siebold
ume_CIMG0136.jpg
ume_CIMG0137.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京都 文京区【2010.02.25】

図鑑↓↓↓↓↓には、ウメが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2010年3月 3日

アマノガワ【ヤブツバキの栽培品種】

ico_weather_hare.gif


ヤブツバキの栽培品種"天の川【アマノガワ】" ツバキ画像
和名:ヤブツバキ 
学名:Camellia japonica L.
tubaki_4M5D0050.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京都 文京区【2010.02.25】

図鑑↓↓↓↓↓には、ヤブツバキが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2010年3月 2日

アテツマンサク

ico_weather_kumori.gif


アテツマンサク  画像
和名:アテツマンサク 
学名:Hamamelis japonica Sieb. et Zucc.
atetu_CIMG0115.jpg
atetu_CIMG0119.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京都 文京区【2010.02.25】

図鑑↓↓↓↓↓には、マンサクが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2010年3月 1日

夏鳥か、冬鳥か? シメ

ico_weather_kumori.gif / ico_weather_hare.gif


 日本は、南北に細長い列島ですね。北と南とでは、生息する生き物がずいぶん違います。中には同じ日本国内で、季節によって棲み替えるものもいます。
 鳥類には、そのような種が多いです。移動能力が高いからです。やはり、空を飛べるのは大きいです。夏鳥(ある地域に、春から夏にかけてだけいる鳥)、冬鳥(ある地域に、秋から冬にかけてだけいる鳥)などという言葉があるくらいです。
 例えば、シメという鳥がいます。この鳥は、渡りをします。季節により、棲む地域を替えるのですね。シメは、日本の北部では夏鳥です。主に、北海道で繁殖します。日本の本州中部以南では、冬鳥です。暖かい地方で、冬を過ごします。
 シメは、市街地でも見られる鳥です。初心者でも、見分けやすいです。わかりやすい特徴があるからです。見分け方を覚えて自慢しましょう(笑)
 まず、大きさは、スズメより少し大きいです。全体的に、ふっくらしています。体色は、灰色に見えます。翼が黒っぽいです。何よりの特徴は、嘴【くちばし】が太いことです。嘴の色も灰色で角度によっては光沢が見えます。
 日本国内には、シメに似た鳥はあまりいません。しいて言えば、イカルとコイカルに似ます。けれども、シメとイカルやコイカルとは、簡単に区別できます。嘴の色が違うからです。イカルとコイカルは、黄色い嘴です。
 「市街地で太い嘴が目立つ小鳥」を見たら、シメ、イカル、コイカルのどれかだと思って、間違いはありません。灰色っぽい嘴なら、シメに決定です。
 シメの嘴が太いのは「植物の種子を割って食べるため」と考えられています。太くて丈夫な嘴でなければ、そんなことはできませんね。イカルやコイカルも同じように嘴を使うと考えられています。硬い種子を食べられるのは、他の鳥より有利ですね。
 シメは、春先、渡りの直前や直後に見る機会が多くなります。この時期に、シメは群れを作るからです。群れは目立ちますが、集団のほうが安全だからでしょう。そんな彼らを見ると道中の無事を祈りたくなります。


図鑑↓↓↓↓↓には、シメとイカルが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

 過去の記事でも、春先に見られやすい鳥を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
気まぐれな渡り鳥? キレンジャクとヒレンジャク(2008/03/14)
紋付袴【もんつきはかま】で御挨拶? ジョウビタキ(2007/01/01)
カモメは冬にしかいない?(2006/10/23)
などです。