図鑑.netブログ- zukan.net -

http://blog.zukan.net/blog/

2010年5月28日

草原の五畜【ごちく】とは? 横浜ユーラシア文化館へ



 「草原の五畜」という言葉を御存知でしょうか? 大概の方は、御存知ないでしょう。これは、ユーラシア大陸の草原の遊牧民について使われる言葉です。遊牧民が、主に飼う五種類の家畜を指します。五種類とも、草を食べるもの(草食獣)です。
 その五種類とは、ウマ(馬)・ウシ(牛)・ラクダ(駱駝)・ヤギ(山羊)・ヒツジ(羊)です。どれも、遊牧民にとって大切な家畜です。
 とはいえ、どの遊牧民もこれら五種類を、すべて飼っているとは限りません。地域や民族により、飼う種類や飼い方が違います。
 ラクダを、例に挙げてみましょう。ラクダは、砂漠に適応した生き物です。逆に言えば、砂漠でないところには、適していません。ですから、砂漠といえるほど乾燥していない地域では、ラクダが飼われることは少ないです。
 現在、生きているラクダには二種います。ヒトコブラクダとフタコブラクダです。名のとおり、背中のこぶが一つなのが、ヒトコブラクダです。二つなのが、フタコブラクダです。どちらの種も砂漠の遊牧民に飼われます。
 ヒトコブラクダと、フタコブラクダとでは、飼われる地域が違います。それは、なぜでしょうか? この答えは、以下の博物館にあります。
 横浜ユーラシア文化館で、現在『遊牧世界の造形―人と暮らす動物たち―』という展覧会を開催中です。これは、前記の「草原の五畜」を紹介する展覧会です。遊牧民の家財道具や装飾品の中で、どのように「五畜」が表現されてきたかに、焦点が当てられています。
 家畜について、詳細な説明が欲しい方には、やや、もの足りないかも知れません。けれども、日常の道具に、ひんぱんに「五畜」が造形されてきたことはわかると思います。それは、遊牧民の生活が、「五畜」と密着していることを示します。
 日本には、遊牧の文化がありませんね。この展覧会は、日本で遊牧の文化に触れられる、珍しい機会です。解説板をしっかり読むと、「五畜」について、理解しやすくなります。

 展覧会『遊牧世界の造形―人と暮らす動物たち―』については、以下のページに載っています。
『遊牧世界の造形―人と暮らす動物たち―』(横浜ユーラシア文化館の公式サイト内)

 過去の記事でも、現在、開催中の、生き物に関する展覧会を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
英国ボタニカル・アート 美しき植物の記録(2010/05/13)※会期は5/30(日)までです。
大哺乳類展【だいほにゅうるいてん】 ―陸のなかまたち(2010/03/25) ※会期は6/13(日)までです。

http://blog.zukan.net/blog/2010/05/28-post_1203.php
トラックバックhttp://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/5791

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/5791

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)