図鑑.netブログ- zukan.net -

http://blog.zukan.net/blog/

2010年6月25日

虫好き集まれ! 大昆虫博【だいこんちゅうはく】

ico_weather_hare.gif


 江戸東京博物館へ行ってまいりました。大昆虫博という展覧会を観るためです。
 大昆虫博は、名のとおり、昆虫がいっぱい展示されています。日本ではなかなか見られない、貴重な昆虫の標本が目白押しです。
 特に、熱帯の昆虫の標本には驚かされます。並はずれて美しい種や変わった形の種がいるからです。「人間が作ったのではないか?」と、疑いたくなるほどです。
 例として、クワガタムシの仲間を挙げてみましょう。
 ディディエールシカクワガタは、枝分かれした「クワガタ」(大あご)を持ちます。まるで、シカ(鹿)の角のようです。だから、ディディエール「シカ」クワガタです。
 ギラファノコギリクワガタは、とても長い「クワガタ」の持ち主です。体のほうも大きくて、世界最大のクワガタといわれます。(大きさには、個体差があります)
 ニジイロクワガタは、虹色に輝くクワガタムシです。生きている宝石、という表現が、ぴったりです。こんなに派手でも、熱帯雨林では、保護色になるのだそうです。
 逆に、真黒に輝くクワガタムシもいます。タランドスオオツヤクワガタです。まるで、漆【うるし】を塗られたようです。渋くて格好いいです。
 他の昆虫たちも、負けていません。例えば、チョウ(蝶)の仲間では、有名なモルフォチョウの仲間や、トリバネアゲハの仲間が展示されています。コバルトブルーに輝くモルフォチョウは、何度見ても、不思議です。見る角度により、色が変わります。
 チョウなのに、透き通った翅【はね】の種もいます。スカシマダラやスカシジャノメの仲間です。ガラス細工のように繊細な美しさです。
 まだまだ、他にもいます。木の枝にそっくりなナナフシの仲間、バイオリンに似た形のバイオリンムシなどです。ここには、とても全部は書ききれません。
 子供たちに、喜んでもらえそうな展覧会ですね。でも、こんな見事な自然の造形を、大人も楽しまなくては損です。観に行けば、きっと、知的な話題も増えますよ。


図鑑↓↓↓↓↓には、日本の昆虫が400種ほど掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

過去の記事でも、現在、開催中の展覧会を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
草原の五畜【ごちく】とは? 横浜ユーラシア文化館へ(2010/05/28)※会期は09/05(日)までです。

http://blog.zukan.net/blog/2010/06/25-625_3.php
トラックバックhttp://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/5810

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/5810

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)