図鑑.netブログ- zukan.net -

http://blog.zukan.net/blog/

2011年2月28日

アマミノクロウサギは、生きている化石か?

ico_weather_ame.gif


 二〇一一年は、卯年【うどし】ですね。それにちなんで、ウサギの話をしましょう。
 日本には、いく種かの、野生のウサギが分布します。なかで、最も絶滅が心配されているのが、アマミノクロウサギです。非常に狭い範囲にしか、分布しないからです。
 アマミノクロウサギは、世界中で、日本の奄美大島と徳之島にしかいません。日本のものが絶滅したら、世界から、アマミノクロウサギが消えることになります。
 なぜ、アマミノクロウサギは、奄美大島と徳之島にしか、いないのでしょうか? これは、奄美大島と徳之島が「島である」ことに、鍵【かぎ】があります。
 奄美大島と徳之島には、もともと、肉食獣がいませんでした(今は、人間が持ち込んだ肉食獣がいます)。また、日本本土にいるノウサギもいません。つまり、アマミノクロウサギにとっては、強力な敵も、ライバルもいない環境だったわけです。
 ノウサギのような、長くて敏感な耳を、アマミノクロウサギは、持ちません。足も、ノウサギほど速くありません。肉食獣からすばやく逃れることも、ノウサギに先んじて餌を食べることも、彼らには、困難だと思います。
 島という場所には、しばしば、アマミノクロウサギのように、あまり強くない生き物がいます。周囲から隔絶されているために、強力な肉食獣や、より進化した草食獣が、入ってきにくいからです。島には、原始的な生き物が、残る傾向があります。
 アマミノクロウサギの外見は、ウサギらしくありませんね。耳は長くありませんし、後ろ脚も、あまり長くありません。これは、ウサギとしては、原始的な特徴です。
 このために、アマミノクロウサギは、「生きている化石」と呼ばれることがあります。この呼び名は、間違いとは言えません。ですが、誤解を招きやすいです。
 以前、アマミノクロウサギは、ウサギ目【もく】ウサギ科ムカシウサギ亜科に属するとされていました。遠い昔に滅びた、化石種のウサギに近縁だと思われたのですね。
 現在では、ノウサギと同じく、ウサギ亜科に入れられています。ウサギ亜科の中の原始的な種、ということで落ち着いたようです。

図鑑↓↓↓↓↓には、アマミノクロウサギが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

過去の記事でも、ウサギの仲間を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
「ゴンボネズミ」の正体は?(2010/11/19)
シカ(鹿)やカモシカ(氈鹿)の子を見つけたら?(2008/05/23)
うさぎの耳について教えて下さい。(2006/05/16)
ウサギのウンコはゴハンのように(2006/04/11)
野ウサギの目は赤くない(2006/02/27)
などです。

2011年2月27日

コサギ

ico_weather_hare.gif


コサギ  画像
和名:コサギ
学名:Egretta garzetta
>110227_4M5D9540.jpg
>110227_4M5D9551.jpg
>110227_4M5D9552.jpg
>110227_4M5D9564.jpg
>110227_4M5D9565.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 金武 【2011.02.19】

図鑑↓↓↓↓↓には、コサギが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2011年2月26日

イソシギ

ico_weather_hare.gif


イソシギ  画像
和名:イソシギ
学名:Actitis hypoleucos
>110226_4M5D9570.jpg
>110226_4M5D9573.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 金武 【2011.02.19】

図鑑↓↓↓↓↓には、イソシギが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2011年2月25日

キャベツとブロッコリーとは、同じ種か?

ico_weather_hare.gif


 キャベツを知らない人はいないでしょう。日本で、とても平凡な野菜ですね。
 キャベツの原産地は、地中海沿岸だと考えられています。ヨーロッパ人が品種改良したものが、世界に広まりました。人間が栽培する前、野生の頃から、キャベツは、あんなふうに丸かったのでしょうか? そうではありません。
 野生のキャベツは、葉が巻いていません。普通の草です。いわゆる「菜の花」に似ています。それもそのはずで、キャベツは、「菜の花」と呼ばれるアブラナと近縁です。同じアブラナ科アブラナ属に属します。
 「野生のキャベツ」と呼ばれる植物は、一種ではありません。現在のキャベツができるまでには、「何種かの野生種が交配された」と考えられています。すべて、アブラナ科アブラナ属の種のようです。近縁な種同士を、かけ合わせたのですね。
 現在のような巻いたキャベツが、最初にどこでできたのかは、わかっていません。たぶん、ヨーロッパのどこかです。丸くなったのは、寒さに対する適応だといわれます。
 野生のキャベツの一種に、ヤセイカンランという種があります。植物学のうえでは、キャベツは、ヤセイカンランの変種の一つ、ということになっています。
 ケールという野菜を御存知でしょうか? 青汁の原料として、知られますね。ヤセイカンランの姿は、ケールに似ています。ケールも、ヤセイカンランの変種の一つです。
 ヤセイカンランの変種には、多くの野菜が含まれます。メキャベツも、ブロッコリーも、カリフラワーもそうです。つまり、植物学上は、キャベツ、メキャベツ、ケール、ブロッコリー、カリフラワーは、同じ種(の中の、変種同士)です。
 キャベツとメキャベツとは、明らかに似ていますね。キャベツの小さいうちに取ったのが、メキャベツだと思っている方も、いらっしゃるようです。それは違います。キャベツとメキャベツとは、同じ種の中の、違う変種です。
 同じ種から、これほど違う姿の変種ができるとは、驚きですね。人類が、何千年もかけて、品種改良をした結果です。人類の営為を感じますね。

図鑑↓↓↓↓↓には、キャベツが掲載されています。キャベツと同種のブロッコリーやハボタンの画像もあります。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

過去の記事でも、さまざまな野菜を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
平城京の野菜? ニラ(韮)(2010/04/30)
ニンジン(人参)がいっぱい?(2009/09/04)
昔は主食だった? サトイモ(里芋)(2008/06/27)
謎の「カブラ・ライン」とは?(2007/10/29)
菜の花(ナノハナ)は何の花?(2006/04/07)
などです。

2011年2月24日

タカブシギ

ico_weather_kumori.gif


タカブシギ 画像
和名:タカブシギ
学名:Tringa glareola
>110224_4M5D9470.jpg
>110224_4M5D9472.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 金武 【2011.02.19】

図鑑↓↓↓↓↓には、タカブシギが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2011年2月23日

ソシンロウバイ

ico_weather_hare.gif


ソシンロウバイ 画像
和名:ソシンロウバイ
学名:Chimonanthus praecox (L.) Link
>110223_IMG_9337.jpg
>110223_IMG_9339.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿区 【2011.02.16】

図鑑↓↓↓↓↓には、ロウバイが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2011年2月22日

御苑の福猫たち

ico_weather_hare.gif


猫の日、御苑の福猫たちです。ノネコ 画像
和名:ノネコ
学名:Felis catus
>110222_4M5D0153.jpg
>110222_4M5D0154.jpg
>110222_4M5D0167.jpg
>110222_4M5D0169.jpg
>110222_4M5D0175.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿区 【2011.02.16】

2011年2月21日

フクロウナギは、ウナギの仲間か?

ico_weather_kumori.gif


 深海には、浅い海では考えられない姿の生き物がいますね。フクロウナギ(袋鰻)や、フウセンウナギ(風船鰻)は、その代表でしょう。
 フクロウナギの姿を、御存知ですか? 一度、画像検索してみて下さい。細長い体に、巨大な口が付いています。子どもが、いたずらで描いた絵みたいです。
 フウセンウナギのほうも、かなり異常な姿です。フクロウナギほどではありませんが、やはり口が大きいです。体は細長いです。その体に、巨大な胃袋が付いています。
 「こんなに変わった魚は、日本近海にはいない」とお思いですか? フクロウナギのほうは、日本近海にいます。フウセンウナギのほうは、確認されていません。
 彼らは、なぜ、こんな姿になったのでしょう? 正確なところは、わかっていません。彼らが、深海で、実際に餌を取っているところが、観察されていないからです。
 深海が、食べ物の少ない環境なのは、確かです。そのような環境で、少しでも多くの食べ物を得るために、こんな姿になった、と推測されています。
 フクロウナギと、フウセンウナギとは、近縁だとされています。明らかに、姿が似ていますからね。フクロウナギとは、フウセンウナギ目【もく】フクロウナギ科に属する一種です。フウセンウナギとは、フウセンウナギ目フウセンウナギ科に属する種の総称です。
 フクロウナギも、フウセンウナギも、外見だけでなく、体の内部構造も変わっています。鰓蓋【えらぶた】を支える骨や、肋骨【ろっこつ】や、鰾【うきぶくろ】や、鱗【うろこ】などを持ちません。魚類として、常識外れです。
 このために、彼らの分類には、昔から議論がありました。近年、彼らのミトコンドリアDNA解析が行なわれました。それによると、フクロウナギも、フウセンウナギも、普通のウナギ―ウナギ目【もく】ウナギ科に属します―に近縁だ、という結果が出ました。
 どうやら、フウセンウナギ目【もく】全体が、ウナギ目に入れられることになりそうです。これまでは、その異常さのために、彼らが普通のウナギに近縁だとは、思われなかったようです。普通のウナギの起源の秘密も、深海にあるのかも知れません。

図鑑↓↓↓↓↓には、普通の食用にされるウナギが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

過去の記事でも、深海の生物を取り上げています。また、普通のウナギも取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
ウナギとオオウナギとは、違う? 同じ?(2010/05/21)
複数の科が、一つの科に? 魚の分類が変わる(2009/01/29)
超深海でも活発なのは、シンカイクサウオ?(2008/11/11)
本当にあった不思議なカレイの話(2008/01/25)
ウナギの繁殖の謎は解けたか?(2006/07/21)
などです。

2011年2月20日

ツグミ

ico_weather_kumori.gif


ツグミ 画像
和名:ツグミ
学名:Turdus naumanni
>110220_4M5D0144.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿区 【2011.02.16】

図鑑↓↓↓↓↓には、ツグミが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2011年2月19日

梅【ウメ】

ico_weather_kumori.gif


紅梅、白梅 寒かったからか?まだ咲き始めのままです。ウメ 画像
和名:ウメ
学名:Armeniaca mume Siebold
>110219_4M5D0132.jpg
>110219_IMG_9353.jpg
>110219_IMG_9366.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿区 【2011.02.16】

図鑑↓↓↓↓↓には、ウメが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2011年2月18日

ウメじゃない梅がある?

ico_weather_ame.gif / ico_weather_hare.gif


 そろそろ、早咲きのウメが咲く頃ですね。ウメは、元来、日本にあった植物ではありません。中国から伝わったものです。今では、すっかり、日本に馴染んでいますね。
 日本には、ウメとは遠縁なのに、種名に「梅」が付く植物が多いです。少しでも、ウメに似たところがある植物には、「梅」の名が付いたようです。それだけ、日本人に、ウメが好まれている証拠でしょう。
 ウメの仲間ではないのに、「梅」の名が付く植物の例を、挙げてみますね。オウバイ(黄梅)、シャリンバイ(車輪梅)、ダンコウバイ(檀香梅)、ロウバイ(蝋梅)などです。
 前記のうちで、シャリンバイだけは、ウメに近縁といえます。ウメと同じ、バラ科に属するからです。ただし、属は、ウメとは違うシャリンバイ属に属します。ウメは、ウメ属―サクラ属という呼び方もありますが、同じ属を指します―に属します。
 オウバイ、ダンコウバイ、ロウバイの三種は、ウメの仲間と間違われやすい種です。種名に「梅」が付くうえに、ウメと同じように、早春に花が咲くからです。
 オウバイは、モクセイ科ソケイ属に属します。同じ属に、園芸植物のジャスミンが属します。ウメよりも、ジャスミンに近い種ですね。名のとおり、黄色い花が咲きます。
 ややこしいことに、ウメの品種の一つに、オウバイ(黄梅)という名のものがあります。
 ダンコウバイは、クスノキ科クロモジ属に属します。ウメよりも、クスノキに近縁です。クスノキ科の特徴として、木材に独特の香りがあります。そのために、檀香梅と名づけられたようです。やはり、黄色い花が咲きます。
 ロウバイは、オウバイと紛らわしい種名ですね。けれども、オウバイとも、ウメとも、遠縁です。ロウバイ科ロウバイ属に属します。ロウバイについては、以前、このブログで取り上げました(ロウバイ(蝋梅)の花に来るのは、誰?(2009/02/02))。
 オウバイとロウバイとは、どちらも、中国から移入されました。これも、ウメと同じですね。シャリンバイとダンコウバイとは、日本に自生します。
 どの「梅」も、観賞用に栽培されるのは、同じです。美は、分類とは関係ありませんね。

図鑑↓↓↓↓↓には、バラ科のウメ、モクセイ科のウンナンオウバイ、バラ科のシャリンバイ、クスノキ科のダンコウバイ、ロウバイ科のロウバイが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

過去の記事でも、「梅」の名が付く植物を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
木花開耶姫【このはなさくやひめ】は、ウメの女神だった?(2010/02/19)
オウバイ【ウメの栽培品種】(2010/03/06)※モクセイ科のオウバイとは違うものです。
ウメモドキ? いえ、ツルウメモドキです(2009/12/25)
この木なんの木、ナンジャモンジャの木?(2009/05/29)※ダンコウバイの方言名の一つに、ナンジャモンジャというのがあります。

2011年2月17日

カワウ

ico_weather_kumori.gif


カワウ 画像
和名:カワウ
学名:Phalacrocorax capillatus
>110217_4M5D0177.jpg
>110217_4M5D0178.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿区 【2011.02.16】

図鑑↓↓↓↓↓には、カワウが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2011年2月16日

カンザクラ【2011年 その2】

ico_weather_hare.gif


カンザクラ、満開です。カンザクラ  画像
和名:カンザクラ
学名:Cerasus X kanzakura Makino 'kanzakura'
>110216_4M5D0113.jpg
>110216_4M5D0115.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿区 【2011.02.16】

図鑑↓↓↓↓↓には、ソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラなどが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2011年2月15日

御苑の福猫

ico_weather_hare.gif


いつもの、御苑の福猫  ノネコ画像
和名:ノネコ
学名:Felis catus
>110215_4M5D0220.jpg
>110215_4M5D0221.jpg
>110215_4M5D0223.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿区 【2010.12.21】

2011年2月14日

泳ぐゴカイがいる?

ico_weather_kumori.gif


 深海には、思いもかけない生き物が、たくさんいます。浅い海に棲むものの仲間でも、姿や生態が違うものが、多いですね。例として、ゴカイの仲間を挙げてみましょう
 ゴカイを御存知でしょうか? 海釣りをする方なら、よく御存知でしょう。釣り餌として、一般的に使われますね。細長い体をして、脚がたくさんあります。
 ゴカイとは、多くの場合、環形動物門【かんけいどうぶつもん】多毛綱【たもうこう】に属する生き物の総称です。この仲間は、たいへん種の数が多いです。現在わかっているだけでも、八千種以上いるといわれます。
 釣り餌にされるのは、浅い海に棲むゴカイです。それらのゴカイは、通常、海底の砂や泥の中に棲みます。岩の間や、ヤドカリの殻の中(!)などにいる場合もあります。いずれにしろ、どこかに隠れて棲むのが普通です。
 ところが、深海に棲むゴカイには、海中をゆうゆうと泳ぐものが、珍しくありません。
 二〇一〇年に、新種として、話題になったゴカイがいました。インドネシアとフィリピンの間の深海に分布します。このゴカイは、とても長い脚を持ちます。その脚を、櫂【かい】のように使って、泳ぎます。頭には、長い触手があります。
 このゴカイには、Teuthidodrilus samae【テウティドドリルス・サマエ】というラテン語の学名が付けられました。日本語名は、付いていません。
 この種以外にも、深海では、泳ぐゴカイが見つかっています。それらの中には、まだ、種名が付いていないものも多いです。日本の深海探査艇「しんかい6500」が撮影した中にも、泳ぐゴカイが写っています。
 なぜ、深海には、泳ぐゴカイが多いのでしょうか? 私の考えですが、おそらく、深海には魚が少ないことと関係があります。泳いでいても、魚に見つかる可能性が低いのですね。襲って食べられることがなければ、泳いでも平気、ということでしょう。
 浅い海のゴカイは、特別な防御策を持つ種でない限り、大っぴらに泳いだり、歩いたりできません。そんなことをすれば、たちまち、魚に食べられてしまうでしょう。

図鑑↓↓↓↓↓には、ゴカイの仲間のウミケムシ、イバラカンザシゴカイが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

二〇一〇年に発見された、新種のゴカイTeuthidodrilus samae【テウティドドリルス・サマエ】のニュースは、以下にあります。
イカのような虫のような?セレベス海で新種環形動物を発見(AFPBBニュース、2010/11/25)
'Squid worm' sucked up by sub is new to science(guardian.co.uk,2010/11/24)
過去の記事でも、ゴカイの仲間を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
海の毛虫も蝶(チョウ)になる? ウミケムシ(2010/03/15)
オーストラリアのサンゴ礁で、数百の新種を発見(2008/09/25)
海中のクリスマスツリー? イバラカンザシゴカイ(2005/12/09)

2011年2月13日

フクジュソウ

ico_weather_hare.gif


フクジュソウ  画像
和名:フクジュソウ
学名:Adonis ramosa Franch.
>110213_4M5D0092.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿区 【2010.12.21】

図鑑↓↓↓↓↓には、フクジュソウが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2011年2月12日

ハシブトガラス

ico_weather_ame.gif


ハシブトガラス  画像
和名:ハシブトガラス
学名:Corvus macrorhynchos
>110212_4M5D0228.jpg
>110212_4M5D0229.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿区 【2010.12.21】

図鑑↓↓↓↓↓には、ハシブトガラスが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

2011年2月11日

ヤマグルマは、生きている化石?

ico_weather_yuki.gif


 日本にも、生きている化石と呼ばれる生き物はたくさんいます。今回は、植物の中から、生きている化石といえそうなものを紹介しましょう。ヤマグルマです。
 ヤマグルマ(山車)とは、面白い名前ですね。葉が、車輪のようにぐるりと輪状に付くことから、この名が付いたといわれます。日本に自生する樹木です。
 ヤマグルマの分類は、被子植物門【ひししょくぶつもん】双子葉植物綱【そうしようしょくぶつこう】ヤマグルマ目【もく】ヤマグルマ科ヤマグルマ属、となります。目【もく】は、モクレン目【もく】とされることもあります。
 ヤマグルマ属に属する種は、「ヤマグルマ」ただ一種です。
 ヤマグルマ科のレベルで見ると、この科には、「ヤマグルマ属だけが属する」説と、「スイセイジュ属も属する」説とがあります。「ヤマグルマ属だけが属する」説によれば、ヤマグルマは、一科一属一種の珍しい植物、ということになります。
 スイセイジュ属とは、ヤマグルマ属と近縁なグループです。ヤマグルマ属と同じ科でないとしても、目【もく】のレベルでは、同グループとされます。スイセイジュ属に属する種も、「スイセイジュ」ただ一種です。
 どのみち、ヤマグルマは、近縁な種が少ないのですね。スイセイジュは、日本に自生しません。日本のヤマグルマは、分類上、孤立した種といえます。
 ヤマグルマは、双子葉植物綱の中では、原始的だとされます。その理由は、いくつかあります。主な理由の一つは、導管【どうかん】がないからです。
 導管とは、根が吸い上げた水を、植物全体に運ぶ管です。これがなければ、植物は、水を吸えません。では、ヤマグルマはどうしているのかといえば、仮導管【かどうかん】という器官が、導管の代わりをしています。
 導管の代わりに、仮導管を使うのは、普通はシダ植物や裸子【らし】植物です。ヤマグルマが属するより、ずっと原始的なグループです。ヤマグルマは、古い性質を残しているのですね。植物の進化の過程を、教えてくれる植物かも知れません。

図鑑↓↓↓↓↓には、ヤマグルマが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

過去の記事でも、生きている化石といわれる植物を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
ヒカゲノカズラは、日陰に生える?(2009/12/7)
ヤシ? いいえシダの木です。マルハチ(2007/11/2)
センリョウとマンリョウはどう違う?(2007/1/8)※センリョウは、ヤマグルマと同じく仮導管【かどうかん】を持ちます。
街路樹は生きている化石、イチョウ(2005/11/21)

2011年2月10日

ハクモクレン

ico_weather_hare.gif


ハクモクレンの花芽です。ハクモクレン 画像
和名:ハクモクレン
学名:Magnolia denudata
>110210_4M5D0078.jpg
>110210_4M5D0096.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿区 【2011.01.20】

図鑑↓↓↓↓↓には、シモクレンが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-

http://www.zukan.net

2011年2月 9日

白梅

ico_weather_hare.gif


白梅、咲き始めていましたが、全体的にはまだまだでした【1月20日の時点で】。今頃はきれいに咲いているのではないでしょうか。 ウメ 画像
和名:ウメ
学名:Armeniaca mume Siebold
>110209_4M5D0080.jpg
>110209_4M5D0084.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿区 【2011.01.20】

図鑑↓↓↓↓↓には、ウメが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-

http://www.zukan.net

2011年2月 8日

御苑の福猫

ico_weather_kumori.gif


御苑の福猫、初めて会う猫ちゃんです。ノネコ 画像
和名:ノネコ
学名:Felis catus
>110208_4M5D0108.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿区 【2011.01.20】

2011年2月 7日

冬越しは木の中で、カミキリムシたち

ico_weather_hare.gif


 冬には、カミキリムシを見ませんね。彼らは、どこで、どうしているのでしょうか?
 彼らの多くは、樹木の中で、冬を過ごします。道理で見えないわけですね。
 カミキリムシの幼虫は、大部分の種が、木材を食べて育ちます。そのために、樹木の中に食い入ります。ちょうどいいことに、樹木の中は、暑さや寒さの影響を受けにくいです。ですから、多くのカミキリムシは、幼虫の状態で、冬を越します。
 幼虫が、どんな種の樹木を食べるのかは、種によって違います。
 例えば、ウスバカミキリの幼虫は、確認されている限りでは、七つの科にまたがる植物を食べます。ヤナギ科、バラ科、ブナ科、クワ科、カバノキ科、キリ科、マツ科です。
 逆に、特定の植物しか食べないものもいます。スギカミキリなどです。スギカミキリの幼虫は、スギとその近縁種を食べます。他の樹木では、確認されていないようです。
 カミキリムシ科は、とても種の数が多いです。日本だけでも、八百種くらいいるといわれます。狭い国土に、こんなにたくさんの種がいられるのはなぜでしょう?
 それは、カミキリムシ科の種が、うまく棲み分けているからです。同じ植物食でも、種ごとに食べ物を変えて、奪い合いにならないようにしています。
 食べる植物の種を、変えているだけではありません。生きた木を食べるのか、枯れた木を食べるのかも、カミキリムシの種ごとに違います。こうすれば、同種の植物を食べる種同士でも、棲み分けることができますね。
 例えば、ネジロカミキリの幼虫などは、木の枯れた部分を食べます。まだ生きている木でも、部分的に枯れていれば、そこに食い入ることもあります。
 クワカミキリの幼虫などは、生きた木を食べます。こういったカミキリムシは、「木を弱らせる害虫」とされることが多いです。実際、クワカミキリは、クワやイチジクの農家などからは、害虫として嫌われています。
 害虫とは、人間の勝手な見方です。自然の中では、生きた木を食べるカミキリも、枯れた木を食べるカミキリも、それなりの役割を果たしています。

図鑑↓↓↓↓↓には、ウスバカミキリ、スギカミキリ、ネジロカミキリ、クワカミキリなど、四十種以上のカミキリムシが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

過去の記事でも、カミキリムシの仲間を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
ノリウツギは、カミキリムシと仲良し?(2009/07/03)
豪華絢爛【ごうかけんらん】、日本のカミキリムシ(2008/08/15)
トラフカミキリは、スズメバチのそっくりさん(2007/09/21)

2011年2月 6日

ハクセキレイ

ico_weather_hare.gif


ハクセキレイ 画像
和名:ハクセキレイ
学名:Motacilla alba
>110206_4M5D0121.jpg
>110206_4M5D0129.jpg
>110206_4M5D0137.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿区 【2011.01.20】

図鑑↓↓↓↓↓には、ハクセキレイが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-

http://www.zukan.net

2011年2月 5日

ソシンロウバイ

ico_weather_hare.gif


ソシンロウバイ 画像
和名:ソシンロウバイ
学名:Chimonanthus praecox (L.) Link
>110203_4M5D0016.jpg
>110203_4M5D0017.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿区 【2011.01.20】

図鑑↓↓↓↓↓には、ロウバイが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-

http://www.zukan.net

2011年2月 4日

雪割草【ゆきわりそう】と、ユキノシタは、違う? 同じ?

ico_weather_hare.gif


 まだまだ、寒いですね。でも、雪の下では、春の準備が進んでいます。
 春、雪が消えるか消えないかのうちに、花を咲かせる植物があります。「春植物」と呼ばれる植物ですね。フクジュソウ、イチリンソウ、オキナグサ、カタクリなどです。
 これらの植物は、雪の下で、花を咲かせる準備をしています。時には、雪の中から、花が覗くことさえあります。この様子から、これらの植物は、雪割草【ゆきわりそう】と呼ばれることがあります。
 雪割草とは、複数の種の植物を指す呼び名です。地方や人により、どの種を雪割草と呼ぶのか違います。園芸店の「雪割草」は、たいがい、ミスミソウかその変種のスハマソウです。ミスミソウは、キンポウゲ科ミスミソウ属に属する種です。
 紛らわしいことに、正式な日本語の種名を、ユキワリソウという種もあります。正式な種名ユキワリソウは、まず、園芸店にはありません。高山に生える植物で、栽培が難しいからです。正式な種名ユキワリソウは、サクラソウ科サクラソウ属に属します。
 さらに、紛らわしいことがあります。ユキワリイチゲという植物があるからです。ユキワリイチゲが、正式な種名です。ユキワリイチゲは、キンポウゲ科イチリンソウ属の一種です。名が似ていても、正式な種名ユキワリソウとは、遠縁です。
 ユキノシタという植物もありますね。こちらは、平凡な野草です。よく栽培もされます。ユキノシタというのが、正式な種名です。ユキノシタ科ユキノシタ属に属します。正式な種名ユキワリソウとも、ユキワリイチゲとも、遠縁です。
 ユキノシタという名からすれば、早春に咲くものと思いがちですね。ところが、この種の花は、初夏に咲きます。では、なぜ、「雪の下」などと名づけられたのでしょうか?
 これには、いくつかの説があります。「雪の下でも、葉が枯れないでいるから」という説が一つです。「葉に白い斑紋があり、その様子が、葉に雪が載ったようだから」という説もあります。どの説が正しいのか、決着はついていません。
 名前はどうあれ、雪の下の「春植物」たちが待ち遠しいですね。

図鑑↓↓↓↓↓には、ユキノシタが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.net
ぜひご利用下さい。

過去の記事でも、早春に咲く「春植物」を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
「ねつこぐさ」の正体は、オキナグサ?(2010/03/29)
可憐【かれん】なだけでは生きていけない、カタクリ(2008/03/24)
イチリンソウは日本のアネモネ(2007/03/23)
黄金の花には意味がある、福寿草(フクジュソウ)(2006/02/20)

2011年2月 3日

スイセン

ico_weather_hare.gif


スイセン 画像
和名:スイセン
学名:Narcissus tazetta L.
>110202_4M5D0234.jpg
>110202_4M5D0235.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿区 【2011.01.20】

図鑑↓↓↓↓↓には、スイセンが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-

http://www.zukan.net

2011年2月 2日

カンヒザクラ

ico_weather_hare.gif


カンヒザクラ 画像
和名:カンヒザクラ
学名:Cerasus campanulata (Maximowicz)A.Vassiliev
>110202_IMG_0106.jpg
>110202_IMG_0107.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

沖縄 名護 【2011.01.29】

図鑑↓↓↓↓↓には、ソメイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラなどが掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-

http://www.zukan.net

2011年2月 1日

ジャノメエリカ

ico_weather_hare.gif


ジャノメエリカ 画像
和名:ジャノメエリカ
学名:Erica canaliculata
>110201_IMG_0016.jpg
>110201_IMG_0019.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が見られます。

東京 新宿区 【2011.01.20】