図鑑.netブログ- zukan.net -

http://blog.zukan.net/blog/

2012年4月13日

これでもサクラです、ウワミズザクラ

ico_weather_hare.gif

 日本人に最も愛される花といえば、サクラでしょう。一口にサクラといっても、多くの種があります。よく植えられているソメイヨシノばかりが、サクラではありません。
 サクラとは、バラ科サクラ属に属する種の総称です。サクラ属には、ヤマザクラ、オオシマザクラ、エドヒガンなどの種が含まれます。花の形、色、花期などは、種によって、少しずつ違います。サクラ属の花が、必ず桜色をしているとは限りません。
 一見、サクラの仲間とは気づかれない種に、ウワミズザクラがあります。花の咲き方が、ソメイヨシノやヤマザクラとは、まるで違うからです。
 ウワミズザクラの花は、細かい花がまとまって、ブラシ状になって咲きます。色も、桜色ではなく、白です。花期も、ヤマザクラなどより、少し遅れます。
 じつは、ウワミズザクラの分類については、確定していません。バラ科サクラ属という説と、バラ科ウワミズザクラ属という、独自の属に分ける説とがあります。どちらにしても、科は同じなので、ヤマザクラやソメイヨシノとは、近縁です。
 古来、和歌に詠まれるなどして、日本人に愛されてきたのは、ヤマザクラだといわれます。けれども、ウワミズザクラも、古代の日本人に尊重されていました。古事記に、波波迦【ははか】という名で登場するのが、ウワミズザクラだとされます。
 古事記によれば、波波迦の材が、占いに使われました。古代の占いは、現代の恋占いのような、気軽なものではありません。国の命運を左右するものでした。そういうことに使われたのですから、神聖な木だったのですね。
 ウワミズザクラは、なぜ、神聖な木とされたのでしょうか? はっきりしたことは、わかっていません。ヒントになりそうなことが、アイヌの神話にあります。
 北海道には、ウワミズザクラと非常に近縁な、エゾノウワミズザクラという種が自生します。アイヌの神話では、この木が、「疫病の神を滅ぼす力がある」と語られます。
 エゾノウワミズザクラと、ウワミズザクラとには、共通する匂い成分があります。この匂いが、病魔を退散させると考えられたようです。
図鑑↓↓↓↓↓には、ウワミズザクラが載っています。また、ヤマザクラ、オオシマザクラ、エドヒガンなどのサクラも掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-
http://www.zukan.netぜひご利用下さい。

過去の記事でも、サクラの仲間を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
ジュウガツザクラ(2011/12/21)
ヒマラヤザクラ(2011/12/18)
駿河台匂【スルガダイニオイ】(2011/05/21)
八重桜―関山【カンザン】(2011/05/21)
八重桜―鬱金【ウコン】(2011/04/26)
などです。

http://blog.zukan.net/blog/2012/04/13-413_4.php
トラックバックhttp://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/6457

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/6457

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)