図鑑.netブログ- zukan.net -

http://blog.zukan.net/blog/

2016年10月31日

ワサビノキは、スーパー健康食品か?

ico_weather_hare.gif
 日本では、時々、特定の健康食品のブームが起きますね。健康を目指すのは良いことですが、ブームに飛びつくのは、考えものです。ブームが正しいとは、限らないからです。
 今回は、ひょっとしたら、今後、ブームになるかも知れない健康食品の植物を紹介しましょう。ワサビノキです。種名が似ていても、ワサビとは、別種です。
 ワサビノキは、ワサビノキ科ワサビノキ属に属する一種です。世界中の熱帯と亜熱帯地域とで、広く栽培されています。古くから栽培されているために、原産地がどこなのかは、わからなくなってしまいました。インド原産の可能性が高いといわれます。
 広く栽培されているのは、ワサビノキが、食用になるためです。葉、未成熟の種子の鞘【さや】、花、種子、根など、さまざまな部位が食用になります。どの部位も、豊富な栄養を含みます。ビタミンC、ビタミンB、マグネシウム、マンガン、食物繊維などです。
 その栄養豊富さが、熱帯や亜熱帯以外の地域でも、注目されるようになってきました。古くから食用にされていますから、食べられることは、間違いありません。今後、健康食品やサプリメントとして、日本でも、ワサビノキが、大いに利用されるかも知れません。
 ただし、現時点では、ワサビノキの効用には、ほぼ、まったく科学的根拠がありません。世界各地で、伝統的に言い伝えられている効用はあるものの、それらは、言い伝えに過ぎません。科学的に確かめられた効用は、一つもありません。
 以前にも、このブログで書きましたとおり、「これさえ食べていれば、健康になれる」という食品は、存在しません。ヒトは、多様な食品を、バランス良く食べることが、必要な生物です。特定のものばかり食べるのは、健康を害することにつながります。
 もう一つ、問題があるのは、健康食品やサプリメントの呼び名が、統一されていないことです。正式な日本語名(標準和名)ワサビノキを使っているとは、限りません。
 ワサビノキは、モリンガ、西洋わさびの木などとも呼ばれます。モリンガとは、ワサビノキのラテン語の学名Moringa oleiferaに由来します。本来は、ワサビノキ属全体を指す言葉です。同じ属の他種と紛らわしいので、本当は、使って欲しくない呼び名ですね。

 過去の記事でも、健康食品やサプリメントに使われる植物を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
アサイーの正体とは?(2016/2/8)
キクイモは、菊の花咲くイモ?(2015/2/13)
ローズヒップは、バラの果実?(2015/2/6)
クコ(枸杞)は、不老長寿の薬になる?(2013/2/15)
「ウコン」に御注意(2011/6/17)




http://blog.zukan.net/blog/2016/10/31-1031_10.php
トラックバックhttp://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/8219

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/8219

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)