図鑑.netブログ- zukan.net -

http://blog.zukan.net/blog/

2017年1月13日

食べられる深海魚? ハダカイワシ

ico_weather_hare.gif
 深海生物といえば、ヒトの手の届かない所で、ひっそり生きている印象が強いですね。
 ところが、実際には、日本人は、深海生物とわりと親しんでいます。なぜなら、食用にされている深海生物がいるからです。アンコウ、タチウオ、キンメダイなどは、食用魚として、知られますね。これらは、みな深海魚です。
 魚類以外でも、ホタルイカ、サクラエビ、ズワイガニなどの深海生物が、食用にされています。深海生物の研究にも、これほど恵まれた国は、少ないだろうと思います。
 深海生物を、もっと利用しようという動きも、出ています。例えば、現在、食べられていない深海魚の中に、食用になるものがあるのでは、といわれます。
 未利用の深海魚のうち、ハダカイワシの仲間は、食用として有望視されています。ハダカイワシの仲間は、とても数が多いと考えられるからです。
 イワシと名が付いても、ハダカイワシは、イワシとは遠縁です。まるで違うグループです。ハダカイワシ目【もく】ハダカイワシ科に属する種を、ハダカイワシと総称します。
 ややこしいことに、ハダカイワシ科の中に、ハダカイワシという種名の種がいます。この種名ハダカイワシを含め、ハダカイワシ科には、二百種以上が含まれます。
 ハダカイワシ科の種は、以前から、食用にされることがありました。ただし、その利用は、ごく限られた地域にとどまりました。安定して漁獲されないからです。
 最近、一般に売られ始めたハダカイワシ科の種もあります。センハダカという一種が、そうです。駿河湾に分布するハダカイワシです。ハダカイワシ科ハダカイワシ属に属します。駿河湾のサクラエビ漁で、以前から、混獲【こんかく】されていました。
 混獲されても、市場には、出されません。漁師さんたちが、自分たちで食べるだけでした。それはもったいないと、一般に売られるようになりました。
 ハダカイワシ科には、脂質が多過ぎて、食用に適さない種もあります。幸いなことに、センハダカには、そういうことがないとわかりました。駿河湾の新しい名産品として、定着すればいいなと思います。
図鑑↓↓↓↓↓には、
残念ながら、ハダカイワシの仲間は、載っていません。かわりに、日本近海や淡水にすむ魚が、五十種以上が掲載されています。



 過去の記事でも、深海生物を取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
ヌタウナギは、スーパー繊維の持ち主?(2016/4/8)
メヒカリ(目光)の正式名称は?(2016/3/4)
アカマンボウは、マンボウの仲間か?(2015/7/31)
三種が一種に? ダンゴウオ科の魚たち(2015/5/18)
巨大な深海魚とは?(2013/7/15)




http://blog.zukan.net/blog/2017/01/13-113_12.php
トラックバックhttp://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/8294

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/8294

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)