図鑑.netブログ- zukan.net -

http://blog.zukan.net/blog/

2017年5月12日

愛鳥週間【5月10日~5月16日】ワニと恐竜、どちらが、鳥に近縁か?

ico_weather_hare.gif
 近年、鳥と恐竜との関係が、大きく取り上げられるようになりました。恐竜の化石の研究が、進んだためです。羽毛のある恐竜が、たくさん発見されています。羽毛以外にも、鳥と恐竜とは、共通点が多いです。まったく無関係とは、考えられません。
 多くの共通点があるために、「鳥は、恐竜から進化したのではないか」という説が、勢いを増してきました。けれども、二〇一七年現在でも、そうと決まったわけではありません。「恐竜よりも、ワニのほうが、鳥に近縁だ」という説もあります。
 ワニと鳥と恐竜との関係は、悩ましいです。この三者がどういう関係なのかは、長く議論が続いています。「鳥の祖先=恐竜」説が台頭してきても、「鳥の祖先=ワニ」説が衰えないのには、理由があります。その理由の一つは、指に関することです。
 ワニの前肢の指は、五本あります。これは、陸生の脊椎動物の基本形です。私たちヒトの手の指も、五本ですね。それに対して、鳥の前肢、つまり、翼の骨を調べると、指に当たる骨は、三本しかありません。二本は、退化しています。
 鳥の祖先になったといわれる恐竜も、前肢の指は、三本です。ところが、鳥と恐竜とでは、どの指が退化して、どの指が残ったのか、違うとされてきました。
 恐竜の前肢には、第一指(親指)、第二指(人差し指)、第三指(中指)が残りました。鳥の前肢(翼)に残るのは、第二指、第三指、第四指(薬指)だといわれます。
 これでは、「恐竜が、鳥の祖先だ」とは、決して、言えません。一度退化した指の骨は、元に戻らないからです。ワニのように、基本形の五本指がそろった生物から、別個に、恐竜と鳥とが進化したと考えられます。
 しかし、最近になって、新たな研究成果が出てきました。「鳥の前肢(翼)の指は、第一指、第二指、第三指が残ったものだ」というのです。これですと、恐竜と同じですね。恐竜から鳥が進化したと考えても、無理がありません。
 この研究成果が正しいとすれば、「ワニのような五本指生物から、恐竜が進化し、そこから、鳥が進化した」という道が見えてきます。この説の検証が待たれます。
図鑑↓↓↓↓↓には、日本に分布する鳥が、二百種以上が掲載されています。
ban_zukan.net.jpg
インターネット生物図鑑-zukan.net-


「GPS動く野鳥図鑑400」
愛鳥週間【5月10日~16日】特別セール!!。
2,500円→1,300円。この機会にどうぞお試しください。
※図鑑.ネットブログの左側「ブックマーク」よりリンクが貼っています。

「GPS動く野鳥図鑑mini」には、身近な野鳥が40種、スズメも掲載されています。
無料ですので、是非お試しください。
icon_sale_142.png


 過去の記事でも、鳥の進化について取り上げています。また、ワニについても、取り上げています。よろしければ、以下の記事も御覧下さい。
鳥の翼にも、指がある?(2017/5/)
ダチョウは、昔、空を飛べた?(2017/2/10)
海にも、ワニ(鰐)がいる?(2015/2/9)
鳥の祖先は、恐竜か?(2012/12/3)
鳥の足の形は、どんなふう?(2012/5/7)





http://blog.zukan.net/blog/2017/05/12-512510516.php
トラックバックhttp://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/8385

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.zukan.net/MovableType4/mt-tb.cgi/8385

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)